TwitterでIPアドレスから特定することはできるのか解説!

スポンサーリンク

TwitterでIPアドレスを特定したと言われた方、見かけてちょっとびっくりしている方に向けて、実際にTwitterでIPアドレスそのものを特定できるのか、そこから住所などはわかってしまうのかということについて書いてみたいと思います。まずは、そのあたりをざっくりと解説してみて、そもそもこのIPアドレスとは何を指しているのかということについて書いてみたいと思います。理解を深めることで、あなたは思った以上に怖くは無いということに気づけると思います。それでは、さっそく本題に入ります。

実際にプロ視点で語ろうと思います

実際にプロ視点で語ろうと思います

TwitterのIPアドレスから住所は特定できない

そもそもの話ですが、IPアドレスをTwitterで特定されたとしても、実は住所などはそこからわかるものではありません。その理由として、そもそもIPアドレスとは何なのか、何が書かれているのかというと、接続している端末の情報だったり、どこのプロバイダを使っているか、おおよその都道府県程度です。実際にこれは、あなたも調べたりすることができます。IPひろばと検索してみたり、確認くんというキーワードで調べていただけると、どんな情報が書かれているのかということが、わかると思いますが、そこから住所などの特定につながる情報は何一つありません。そんなことから、Twitter上で「お前のIP特定したからな!」なんて言われても、特別怖いものでも何でもありません。

ちなみに、IPアドレスが漏れると場合によってはまずいというのは、サーバーなりホームページを管理している人の話です。特に何かあなたが悪いことをしているのではない限りは問題ありません。以前、漫画が大量に転載された、村サイトがありました。ああいった、まずいことをしているのであれば、特定されると場合によっては運営者によっては都合の良くないことかもしれません。それでも、海外のものを利用していれば、そこから捜査は困難になったりすることがあり、これを書いている現在も国は手を焼いております。そろそろTwitterでの話に戻ります。

ちなみにTwitterからIPアドレスそのものは特定できる?

Twitterを利用していて、IPアドレスそのものを特定することができるのかというような疑問が浮かんできたかもしれません。基本的に、Twitter内部だけで行うのであれば、非常に困難です。それでも住所までも特定されるというのであれば、弁護士だったりプロバイダが動いてやっと開示されるかどうかといった話です。個人レベルでIPアドレスそのものを特定しようと思うのであれば、Twitterにありがちなちょっとした間違いを誘発させたり、ターゲットをうまくIPアドレスが記録されるような場所に誘導することが必要になります。そして、IPをそこで特定したからといって、住所だったりを特定することは先ほど書いたように、弁護士でも動かさない限りは困難です。動かすとしても、法的に正当な理由が必要だったりします。それでも手法が知りたい方であれば、過去に書いたことを参考にしてみてください。

■参考
TwitterからIPアドレスを解析する方法

特にTwitterでIPアドレスを特定したから覚えてろなんて脅迫じみたような発言をする方が、弁護士でも動かしているように思えるでしょうか。大半の場合はそうではないと思います。

IPアドレスがTwitterで特定されても怖くないというのはちょっと間違い

ここまで読んでみて、仮にあなたのIPアドレスが特定されたとしても、怖くないというようなイメージを持ったかもしれません。それはそれで間違いではないのですが、相手は何かしらあなたを脅かすためにやっていたり、実際にそう発言されたかもしれません。そんな考えを持っていて「へ~!それなら住所でも特定してみてよ、ほらほら!」なんて言うと、相手を本格的に怒らせたりしかねません。何より怖いのが、年単位Twitterではなく、ブログで粘着行為をしている方が居て、ついには仕事の終わりを狙って、後ろからザクっと行かれた痛ましい事件がありました。もし今、そういったIPアドレスを特定したというようなことをあなたに向かって発言している人が居たとすれば、そういった考えを持っていないとも限りません。そんなことから、ネット上だからといって、相手をさらに怒らせるのではなく、適度にびっくりしているフリだけはしておきましょう。それである程度解決して、めんどくさそうな相手もそれで気が済み、あなたの現実にも身の危険が及ばないというハッピーエンドです。

また、IPアドレスよりも、普段あなたが発言しているツイートや写真などから住所を特定されることがあります。このあたりは、相手にそれだけの根気なり、力なりがあればの話ですが、大半の場合は家族構成までバレてしまってということがあります。特にこのあたりの方法は犯罪をほう助してしまうことになるため、詳しくは書きませんが、場合によっては住所なりの特定も1週間もあればできてしまうこともあります。他、筆者のように特にセキュリティに興味がある方もTwitterには少人数ながら居ます。特にこれらのスキルを極めた方を相手にするのであれば、その知識を住所だったりの特定に使えないこともありません。言い換えてみると、ハッキング技術を持っていることがあります。もちろん、悪用する方は居ませんし、やろうと思えばあの手この手で出来るというだけです。

そんなことから、TwitterでIPアドレスを特定されたとしても、特段びっくりする必要も、怯える必要もありませんが、それをあなたが知ったところで、相手をさらに怒らせるというのだけはやめておきましょう。その相手はネット上で見えないだけに、精神的に普通の人物であるという保障はありません。もしくは、長時間かけて、この手のスキルを学習して、最終的にあなたのことを見つけ出すかもしれません。めんどくさい方に絡まれたのであれば、適当に謝っておいて、その後は放置推奨です。

■身を守るための情報
Twitterでストーカーにあわないための対策やチェックすること

Twitterの接続IPアドレスをわかりづらくして特定しづらくなるソフトもある

これで最後の話題になりますが、TwitterでIPアドレスまでも特定されたくないというようなことだったり、接続そのものを匿名化したいということも思うかもしれません。実際にそういったことは可能なのかと聞かれると、実はそのためのソフトがあります。具体的な名称は控えます。それを使ったところで、別のリスクがあるからです。しかしながら、そういったソフトだったりも世の中にあるということは紹介してみたいなと思って書いてみました。ちなみに、なんでこんなソフトが存在するのかというような疑問があると思いますが、国によっては検閲があったり、情報を得るに不自由をしている方が居たり、安全に情報配信をしたいという目的で使われたりもします。その中で、良からぬことに使う方も多いですが。そういったものをTwitterで利用するのも良いなと思いましたが、リスクだったり、毎度のことながら異なるIPで接続するならば、セキュリティ機能が働いて、アカウントがロックされる可能性もあるので、捨て垢以外にはおすすめできません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告