Twitterのパスワードの確認をiphoneやスマホでする方法

スポンサーリンク

Twitterのパスワードを忘れてしまったという方に向けて、今回はパスワードの確認をする方法をiphoneやスマホで紹介してみたいと思います。また、ちょっとした勘違い部分なども恐らくあると思いますので、Twitterのパスワードを確認する前に、ちょっとだけ仕組みを勉強してみましょう。今回書くことはTwitterに限ったことではなく、ほぼ全てのWebサービスのパスワードに共通することです。もちろん、iphoneまたはスマホなどのことについても深く掘り下げて書いております。

やってみよう

やってみよう

まずTwitterのパスワードの確認はiphoneやスマホはできない

さて、いきなり残念なお知らせにはなってしまいますが、Twitterなどの現状のWebサービスではiphoneやスマホでのパスワードの確認はできないようになっております。それは何だか不便なように感じると思いますが、あなたが安全にパスワードを管理してもらうための仕組みになります。Twitterなどのログインが必要なサービスについてですが、それぞれのパスワードというものはサーバー側に保存されております。これは、セキュリティの都合上暗号化されています。なぜなのかというと、例えばの話ですが、Twitterを管理している社員だったりにハッキングされないための仕組みだったりもします。また、この手の大規模なサービスとなると、個人情報の山になります。そして、それを狙うハッカーなどは後を絶ちません。こうやってあなたが読んでいる今も現在パスワードを破ろうとしているハッカーは実は多いのです。それだけに簡単にiphoneだったりスマホだったりでは確認できないようになっております。少し前までは、パスワードの確認ボタンなどがホームページなどに設置されていることは多いのですが、それは裏を返すと、暗号化されていない状態でパスワードが保存されています。つまるところ、これらを保存しているサーバーへのアクセスを1度でも許してしまったら、個人情報流出の事件になってしまいます。また、あなたのiphoneやスマホが今後、ウイルスなどに感染しないとも限りません。そういったリスクを避けるためのことでもありますので、多少不便なところはあるものの、我慢するしかありません。しかし、Twitterのパスワードはiphoneなどでは確認できないものの、こうする方法があります。

つまり、この考えを応用してさらに深く考えてみると、メールなどの問い合わせで簡単にパスワードを確認できるようなWebサービスや企業は信用してはいけません。

Twitterのパスワードの確認をスマホやiphoneでやるよりおすすめなこと

前述したことの関係からiphoneやスマホでパスワード確認することはできません。それどころか、タブレット端末だったり、パソコンであっても同じことが言えます。それではどうするのかというと、パスワードの再設定が解決の早道です。これから書く手順に従って、進めてみてください。

1.受信できるメールアドレスを準備します
まずは、あなたのメールアドレス宛にパスワードの再発行のURLが送られてくるため、受信できるメールアドレスを準備する必要があります。このあたりで、もしかすると適当なものを入力してしまったかもしれません。そんな時はもう諦めるのが実は手っ取り早いのですが、そうも行かない場合もあるかもしれません。アットマーク以降のドメインが実在するものを入力していたのであれば、それで改めてメールアドレスを取得しておきましょう。それもしていなかったというような場合には、パスワードの確認や設定は残念ながら諦めましょう。

2.ブラウザやアプリでTwitterのログイン画面を開いてください

ここから再設定

ここから再設定

SafariやGoogleGhromeなどあなたのiphoneもしくは、スマホなどの端末にはブラウザもしくはアプリなどがインストールされていると思います。まずは、そこからログイン画面を開いてみましょう。そこから、パスワードを忘れたというようなところがありますので、そこをタップして、自分のアカウントのIDもしくは、電話番号を設定しているならば、それを入力しましょう。それで、候補のアカウントが出現します。自分のアカウントが出てきたら、それを選択すると、自分のメールアドレス宛にパスワードの再設定のメールが届いております。

3.パスワードを入力して完了です
これで終わりですが、パスワードを入力して確認はできませんでしたが、iphoneやスマホなどでは再設定できます。余計なお世話かもしれませんが、パスワードの確認を次から簡単にしたいからといって、分かりやすいようなパスワードを設定するのはやめておきましょう。また、次からはそうなってしまわないように、iphoneだったり、スマホだったりのデフォルトでついているメモアプリなどに記述しておくと、次からパスワードを確認しやすくなります。たまにアプリなどもありますが、ものによっては、あなたの入力した内容をアプリが収集している可能性があります。それだけに、本当に安全に確認したいのであれば、iphoneやスマホなどの端末に記録はせず、紙に書いて金庫などに入れておくほうが安全です。ネットワークにもつながっていない上に、よほどあなたのアカウントやパスワードに興味がない限りは収集されることはありません。会社だったりで保存するのではなく、なるべく自分しか入れないような自宅であったりするところで保管することが好ましいです。今後、iphoneやスマホなどを無くさないとも限りません。

Twitterのパスワードがiphoneやスマホの端末に残っていて確認できることも

特にこれは難しいというより、面倒な方法で誰も試したがらないのですが、念のため書いておきます。特にあなたの端末で入力した情報というのは、スマホだったりiphoneだったりのブラウザに保存されていることがあります。それだけに「アプリ名 パスワードマスク 表示」というような検索キーワードで検索してみると、その手の情報がかなりできます。もしかすると、適当なメールアドレスを設定してしまって、絶望的な状況になっている方は、このあたりに可能性が残されているかもしれません。ただ、ほとんどの場合にはこれらを記録されないような設定に、セキュリティの関係上なっているようです。ただ、残り1つはパソコンを使って、ログインしたことがある方ならば、パスワードを確認できる可能性があります。これはiphoneやスマホ問わずの話ですが、どうようにパスワードマスク(入力すると●●●とパスワードがマスキングされるアレ)を表示させるソフトがありますので、それでパスワードを確認することができます。しかしながら、これを自分の端末でやるには良いのですが、まったく関係ない人のパソコンに入れると、場合によってはあなたが罪に問われてしまうことがありますので、確認する際は自分だけの利用にとどめておいてください。バレないだろうと思っても、その気になればあなたの指紋がキーボードについていたり、使用履歴からプロ視点で簡単に推測できるようになっておりますので、悪用はやめましょう。自分のTwitterのパスワードの確認をするのであれば、特に法的にも問題ありません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告