Twitterの電話番号がスキップできない場合の対処法

スポンサーリンク

Twitterというと、電話番号の登録の必要シーンが出てくると思います。そして、序盤の作成のうちにはスキップというようなことが出来ていたと思いますが、それができないというようなことになると思います。それは、いくつかアカウントを作成していたり、同じIPから家族や友達がアカウントに接続していたりということが考えられます。それによって、スキップができないというようなことになっていますが、それをどうやってTwitterで回避していけばいいのかということについて書いてみたいと思います。

これで完璧

これで完璧

スマホやiphoneでTwitterの電話番号の確認がスキップできない場合

この場合のTwitterでの対処法はいくつかあります。まずは、一番簡単なのが、スマホやiphoneなどを利用している場合に、電話番号の確認がスキップできないというような場合には、Wi-Fiから4Gなど接続方式を変えてみてください。これによって、Twitterの場合は初めてのアカウント登録かなと勘違いすることがあるので、スキップできないような状況を回避することができます。そして、これらのいずれもちょっと難しいというような場合には、友人だったりの家のWi-Fiなどをちょっとだけ貸してもらって、そこから電話番号の確認をうまくすり抜けましょう。

ここまで試しても、どうしても電話番号のスキップができないというような場合には、あまりセキュリティの観点からはおすすめはしておりませんが、街中のWi-Fiだったり、コンビニのものを使う方法などもあります。他、公開されているような無料プロキシを利用する方法もあります。繰り返しますが、これらの作成の過程で、セキュリティが甘かったりすると、送信するデータだったりが見られてしまうことがあります。特にこの手の方法を使う時はリスクを知ってやるようにしてください。また、これらで電話番号の確認がスキップできたとしても、次に待ち受けているのはIPで確認しているので、異なるIPから接続するとTwitterのアカウントがロックされてしまうこともありますのでこのあたりはお気をつけください。

パソコンのTwitterで電話番号がスキップできない場合の対処法

恐らく多くの場合がTwitterを利用していて、Windows端末を利用している方が多いので、この場合にはスタート画面からすべてのプログラムもしくはアプリをクリックし、Windows7の方はアクセサリをクリックし、コマンドプロンプトを開いてください。Windows8の方の場合は全てのアプリをクリックし、さらにアプリをクリックし、コマンドプロンプトを選択しましょう。いずれのバージョンのWindowsを利用していても、黒い画面が出てきたと思います。そこにまずは【ipconfig /release】と入力しましょう。そして、エンターを押してください。

画像

このような感じです。そうすると、よくわからん処理が走ると思いますが、気にせずに【ipconfig /renew】と入力します。IPアドレスを開放して、再取得しております。これでパソコンの場合はTwitterの電話番号スキップできないような場合はうまくその状況を回避することが可能です。

Twitterの電話番号がスキップできない場合はわざとこうすることも

さて、ざっくりと読んでみて分かりづらいし、自分にはできる気がしないと思う方もちょっと待ってください。ここまでは、確かに電話番号がTwitterでスキップできない場合のことを書いてきました。しかしながら、あえて電話番号を登録をしてみましょう。この場合しっかりと、自分が持っているものを入力しないと、他人の電話番号に通知が行ってしまいますのでお気をつけください。そして、わざと電話番号を登録し終えたら、ここで仕上げです。パソコンもiphoneもスマホもどの端末などの場合者ですが、Twitterの設定とプライバシー、モバイルと進んでもらって、電話番号を登録しているところがあります。そこに入力したデータを削除してください。これで、Twitterの電話番号の認証という点ではうまく切り抜けることができるので、そういった方法も良いです。複数のアカウントですでに登録しているような場合は、それらのアカウントでどうでもいいアカウントの電話番号は削除してください。これらの作業はなるべく早いほうが良いです。もし、あなたが次にTwitterでスキップができないような状況になってしまうと、すでに凍結された電話番号やIPから比較されて、作成した瞬間ロックされることがあるからです。このあたりはかなり気をつけてやっておきましょう。

またTwitterの電話番号については、仕方なく登録していて、どうでもいいかなというようなアカウントはいつ凍結されるかも分かりません。そうなると、電話場号がスキップできないどころか、前述したような登録すらできない状況になってしまうことがありますので、このあたりは気をつけておきましょう。特に現時点で、気にする必要はありませんが、仕事などで複数アカウントが必要な方は、このあたりが後々響いてくることになります。

■その後の対策も必要
Twitterの電話番号がスキップできないときに上記の方法である程度は対処できたかもしれません。しかしながら、現時点でのTwitterでの仕様は、複数のアカウントに同一IPからログインが重なってしまうと、凍結されたりすることがあります。実はそれらの対策方法については、個人レベルでできるものは特にはありません。学校や仕事場だけで使うアカウントであれば、そこからログインするという用途だけにするというような対処法はありますが、毎日使いたかったり、アカウントの住み分け用途で使っている方がほとんどだと思います。そういった場合は、残念ながら保持しているアカウントを整理したり、使ってないアカウントを再利用するというような方法が現時点では好ましいです。Twitterの仕様でしかたがない部分もあります。そしてスパム対策だったりもあるので、うまくTwitter内の治安を保つための結果なのでもあります。これらのシステムがうまく機能しないならば、今頃はTwitterはスパムの温床になっています。筆者も同じような問題に何回か遭遇したので、困っている方はこれらの知識をうまく活用してください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告