削除したツイートを見る方法【これは便利】

スポンサーリンク

Twitterを利用していると、いつの間にか削除をされてしまったツイートがあると思います。そんなときに見ることはできないのかという方のために方法を紹介しております。また、場合によっては炎上していたツイートを削除したという方の証拠を取るためなど、いろいろ活用したい人はこれから紹介するようなサービスを使いましょう。いろいろとパターンがあるので、1つの方法で見れなかったとしても、あれこれと試すことで、見ることができる場合もあります。

こんな方法もある

こんな方法もある

様々な削除したツイートを見る方法

■GoogleでID検索
一番手っ取り早い方法としては、Twitterで削除されたと思われるツイートを見るのであれば、まずはGoogleでIDを検索します。そうすることで、検索結果が出てきますが、本人のアカウントが引っかかればURLの横に▼のようなボタンが現れることがあります。URLによっては無い場合もありますが、削除したツイートを見るのであれば、そこからキャッシュというものを選択すると、過去にGoogleが取得したものを見ることができます。削除したとしても、こんなに簡単に遡られてしまう可能性があるので、発言には気をつけた方が良さそうです。

■WebArchiveを利用する
過去のWebページを見るということで、膨大なデータを保存しているのがこのウェブアーカイブと呼ばれるものです。いろいろなサービスがあり、主に使われているのはWayBackMachineだったりします。そこに削除したと思われるようなツイートのURLがわかっているのであれば、それや、アカウントのURLを貼り付けてみましょう。どれだけ巡回してくれているかにもよりますが、これで見ることができるようです。日付なども順番で見ることができるので、削除した日より前のものを選択してください。

■魚拓を作っている人を発見する
特に炎上だったりをしているような場合には、魚拓をすでにとっている場合があります。「アカウント名 魚拓」などでGoogleで検索してみたり、Twitter内で魚拓を設置しているツイートを拡散している方も見かけますので、すでに削除されたツイートを見るのであれば、こういったものを探すのも1つの方法です。特にこれは事件になりそうだなというものなどは、既に他の人が設定してくれているような場合もあります。

■スクリーンショットを持っている人を探す
これはTwitterで検索すると、既にスクリーンショットを撮影して、拡散している方も多いです。似たようなことをあなたもTwitterで見かけることはあるかもしれません。削除されたものでも、特に炎上していそうなキーワードだったりでTwitterで画像のみに絞って検索することで、すぐにツイートを見ることができる可能性はあります。また、これが鍵垢だったりすると、Twitterの規約に触れてしまう可能性がありますので、あなたが今後善意などで行うような場合には、このあたりで報告されてしまわないようにお気をつけください。

■キーワードが一部わかっているならば検索をかける
削除したものであっても、どのようなキーワードかわかっている場合もあるかもしれません。もし、それに該当した場合には、Googleだったり、Twitterなりで検索をかけてみてください。気になるような削除したツイートだったり、炎上しているのであればネタでコピペとして貼り付けている方も多いです。特にGoogleなどの検索エンジンは鍵垢ではない場合には、こういったツイート1つ1つを取得している可能性があります。それをうまく活用してみましょう。特に冒頭で書いたようなID検索で引っかからなくとも、これで見ることができる場合もあります。他、アクセスを集めるためにわざわざ他人のツイートをコピペしているサイトもありますが、こういったときにちょっと役立ったりもします。

■表示されていたならそのまま遡る
既にあなたのスマホやiphoneなどの端末で削除されたと思わしきツイートがあるのであれば、そのままその日付まで遡ることで直近で削除されたツイートであっても見ることができる場合があります。ここで気をつけておきたいのは、アプリを一旦落としてしまったり、画面を更新していたりすると、そのまま削除も反映されますので、見ることができない可能性があります。そんなことから、特にその他のサービスを使うのが面倒で、とにかく簡単にというような場合は、この方法を覚えておいてください。

削除したツイートを見ることができない場合もある

ここまでに書いてきた方法で、もし見ることができないのであれば、まだその手のサービスに登録されていなかったりするということで、もちろん見ることができない場合もあります。また、Twitterでは公式的にそのようなサービスも準備していないので、基本的にはユーザーが任意にツイートするような情報を参考にしたりするのが手っ取り早く簡単です。他、ツイートしてすぐに削除というような場合ならば、もちろんのことその他のサービスがそのツイートを発見することが難しいので、同じように見ることが難しいです。しかしながら、後述する方法で、実は削除されたとしても見ることができる場合もありますので、時間がある方はそちらを試してみてください。

削除を繰り返す可能性があるアカウントを見るには

例えば、ツイ削を頻繁に繰り返して、気になる内容だったり、見逃したくないような芸能人だったり有名人だったりのツイートがあるかもしれません。そんな時に見ることができないとかなり気になって仕方がないという方であれば、その人をRSSと呼ばれるものに登録しておくと便利です。RSSは、更新された情報を取得するためのもので、ブログだったりには貼り付けている可能性が高いです。それをTwitterに応用するのです。それによって、自動であなたのスマホやiphoneだったりの端末に情報が残っていくので、削除されたとしても影響は残りません。また、それを見るためにはRSSリーダーというものが必要になります。そのままでは、プログラムのようなものが表示されて、非常に見づらいので、RSSとRSSリーダーというものを、スマホ、iphone、パソコンなどの端末で準備してください。これで、気になるアカウントも、いつ削除されたとしても、取得さえしておけば見ることが可能です。RSSそのものはTwirssというサービスを利用し、それをアプリなどで読みとってもらうことで、簡単に見ることができます。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告