実家だと眠れない、そんな場合の対処法!

スポンサーリンク

帰省シーズンになると、実家に行くという方は多いですが、実家だと眠れないというような悩みを抱える方は最近増えてきているようです。あなたもそれに該当しているようですが、そんな眠れない時の原因や対処法などについて書いてみたいと思います。また、1つ1つ重要な順番に書いておりますので、なるべくその順番どおりにやっていくと解決するかもしれません。筆者も実際に実家に帰るときに使っている方法で特に途中で書く呼吸法だったりサプリなどにはかなり助けられております。

あなたを快眠の世界へ

あなたを快眠の世界へ

実家だと眠れない原因は?

まず、実家に帰ると眠れないというような原因はいくつかあります。普通は帰ってきたという安堵感から眠気がやってくるものですが、そもそも育った実家で何かしら不安を抱えていたり、ストレスになっていたというようなことはないでしょうか。もしかすると、今はそれがフラッシュバックしていて、知らずのうちにあなたのストレスとなっているのかもしれません。また、それに該当しないのであれば、実家で眠れないのは特に帰省シーズン前というのは、働いている方だと仕事はとても忙しいところが多いです。それだけに、体がまだまだ緊張しているというような状態になっているので、それをうまく解決してやる必要があります。それでは、実家で眠れない場合にやるべきことを順番にまとめてみます。

実家だと眠れない場合の対処法

■開き直る
一番手っ取り早いのは、あえて開き直ることです。実家だと眠れないというような場合どころか、「今日はオールしちゃうぞー!」と思っている時に限って眠くなってくるという人生の理不尽さを感じたことがある方は多々いると思います。意外とこれが今求められているのかもしれません。これから何をやって、どの予定を片付けてとむしろ、夜にもかかわらずシャキシャキと動いてやるのもおすすめです。実家によっては、物音に敏感な家族もいると思いますので、それが難しければ次です。

■散歩してみる
実家に帰省すると眠れないというような場合は、体が緊張しているかもしれません。それだけに、ちょっと近場を散歩してみましょう。ジュースを買って帰ったり、近場の公園で一服してみるというようなことでも、ストレスがちょっとまぎれたりします。特に何もない環境で歩くと思いますし、その間に考え事をしてみたり、ひたすら無心になってみたりというところで、心地よい眠気があなたに来ることがあります。筆者は実家に帰省して、眠れない場合はこういった方法を試すことがあります。特に家で物音を立てて迷惑をかけることもないのでおすすめです。

■体をもみほぐしてみる
実家や仕事なりでストレスを抱えているような状況であったならば、あなたの体はまだまだ実家に帰って安心して眠れる状況にもかかわらず、緊張している可能性があります。それだけに、体をリラックスさせてあげましょう。手っ取り早いのはぬるいか温かいかの間のお風呂に入って、ゆっくりと体をもみほぐします。もしくは、マッサージなどに行っても良いです。体の筋肉を緩めるという行為は非常に大事で、これによって眠気に誘われることが多いです。何せこれを強制的に実現するのが睡眠薬です。

■呼吸法を試す
まず、この呼吸法を試してください。口は閉じたままにして、4秒間息を吸い込みます。そのまま、息を止めて7秒待ちます。8秒かけて息を吐きます。これを3回ほどしてみると、眠れない時に眠気がきてくれる効果があるようです。理屈としては、心拍数が上がっている状態が考えられるので、それをこの呼吸法によって下げることで、実家でも心地よい睡眠を誘導することが可能です。これは自然にできるようになると、特に眠りに入ることができる方は多いようです。是非とも眠れない方は試してみてください。

■1時間だけ本気で何もしない
文字通り1時間だけ本気で何もしないでおきましょう。ネットを見るのはもちろんのこと、テレビを見るのはなしです。特にスマホなどを開いていると、光の刺激が体を起こしてしまうことになります。こういった些細な刺激というのは実家で眠れない時だからこそ、特に大きく感じてしまうのです。この記事を読み終えた後に、しっかりと1時間だけ目を閉じていることにしましょう。できれば何も考えないほうが良いです。これで案外コロっと眠れたりすることはありますが、それでも眠れない時は眠れないので、1時間経てば次のことをチャレンジです。

■快眠サプリを使ってみる
恐らく実家だと眠れないというような方は、元々ストレスに弱い傾向にあります。それがきっかけで、どんどん眠れない状況が続いてしまうと、ついには病院のお世話になってしまうことになります。筆者がその典型的な例なのですが、特にこれは早いうちに手をうっておかなければなりません。これをきっかけに不眠などが続いてしまうと、学校や仕事に行くことなど難しくなってきて、しばらくは休学や休職を考えなければいけなくなります。病院代よりははるかに安いサプリで気休めでも解決できるうちは解決しておいたほうが良いです。そういった意味では、あまり有名ではないもののこれが個人的にいいなと思いましたのでリンクを紹介しておきます。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

■字を書いてみる
特に何かしないと不安という方であって、実家で眠れないような体験をしているのであれば、字を書いてみましょう。勉強をやっていると眠くなったという方にならば特におすすめです。筆者はそもそも文字を書くのがとても大好きで、ボールペンでうまく文字が書けるように日々練習しておりますが、眠気がやってくるのが難点です。それをうまく、実家だと眠れない時に応用していたりします。やはり、いつもよりは眠気がくるスピードは遅いものの、1時間くらいではやってくるのでその勢いで寝ております。

■わざと寝息を立ててそれに集中する
もし、空間的に静か過ぎて実家で眠れないのであれば、わざと自分が寝息を立ててみましょう。それにつられて眠くなるというようなことを体験したことがある人ならばおすすめです。筆者も眠れない時にはあえて、自分の寝息が耳に聞こえるようにして、そのリズムで何だか眠くなってくることがあります。もしかすると、あなたにもそういったことが過去に体験したならばと思って、眠れない時に応用してほしいです。

■何か食べよう
さて、この話題はこれで終わりになってしまいますが、特に実家だと眠れないならば、何か炭水化物にあたるものを食べてみましょう。カロリー不足だったりすると眠れなくなります。人間の本能的に、狩りをしないといけないということで、食べなければ食べないほどそうなってしまう可能性は高いです。それが満たされたというのであれば、人間は途端に眠くなってくるのです。実家に帰省しているのであれば、たまにはということでこんな時間に食べても良いのではないかと筆者は考えております。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告