旦那の実家に泊まりたくない場合の対処法!

スポンサーリンク

帰省シーズンになると世の中の女性が抱える問題は、旦那の実家に泊まりたくないというような考えです。そんな場合に使えそうな対処法を書いてみたいと思います。また、旦那の実家に泊まりたくないというような嫁の声を知りたい世の中の男性も意外と多いので、今回は男女兼用になる記事になっております。また、あなた自身が心の余裕を持って読むようにしてください。あまり悲観的になりすぎると、まともな解決策が見えてきません。あるあるネタではなく、今回は現実どうやって対処していくかを記述しております。

おつかれさまです

おつかれさまです

旦那の実家に泊まりたくない嫁の声

■気が休まらない
まず、旦那の実家に泊まりたくない嫁サイドの声としては、気が休まらないという意見が多いです。これはとても当たり前の話で、自分の実家ならばまだしも、旦那の実家で言い換えてみると他人の実家で数日過ごすようなものです。もちろん家族として迎え入れられていますが、嫁は嫁としてのそこでの立ち振る舞いが求められます。食事の準備だったり、世間話だったりです。四六時中気を使わないといけないと考えると、泊まりたくないというような意見はちょっと分かるのではないでしょうか。言い換えてみると上司と一緒にホテルで泊まって、仕事をするようなものです。

■汚い
これはお互いの育った環境だったりが問題にはなりますが、大体は旦那の実家が汚いと思うことがあるようです。人それぞれに衛生概念の違いなどがあったり、ここだけは綺麗にしておかないといけないと思うこともあるようです。それに、汚いと思っている旦那の実家の布団で寝るとなるとちょっと憂鬱になってしまう女性は多いです。こればっかりは、男女が育つ家庭環境というのは違ってくるので、仕方のない問題かなと思ったりします。しかしながら、そんな話では済まされないということは筆者も承知済みなので、今後の対処法をお楽しみに読み進めてみてください。

■義母と合わない
旦那の実家に泊まりたくない意見の1つとして、義母と合わないというようなことがあるようですが、これは世の中レベルで見ても当たり前のことです。筆者が祖父から教えられたことではありますが「嫁と姑が仲がよいのは罰当たりなことである」と言われているくらいは世の中のあるあるすぎるなことなのかなと思っております。それだけに、こればっかりはうまく旦那が何とか立ち回らなくてはいけません。これが原因で離婚になってしまうケースも別途で調べていただければすぐにデータが出ます。

■やることがない
そもそもの話、旦那の実家に泊まりたくないのは、やることがないということもあります。行っても、自分が自由に過ごしていた環境と違って料理だったり散歩だったり、買い物だったりこれまでと違うところで過ごすことになるので地域によっては暇です。むしろ、周囲に何もなかったりするようなところも珍しくはありません。暇というのはとてもいいことですが、実際に遭遇してみると本当に退屈なものです。これについては、泊まりたくない場合の対処法とは別に書いてみたいと思います。

■嫁いびりがある
実際旦那の実家に行くと嫁いびりと思われるものはたくさんあります。そして、考え方の違いだったり、嫁と姑といえど女性と女性です。それだけに、お互いに通っているところが合ってイライラすることもあったり、こう言ってるけど実はこんなことを言葉の裏にとそんなことが旦那の知らない間に繰り広げられております。これについては、嫁からどこをどう感じたのか旦那に知らされないと分からない部分もありますので、これは今後書く対処法について女性の方はしっかりと読むようにしてください。

実際に旦那の実家に泊まりたくない場合の対処法

■遠方への旅行を理由にする
旦那の実家に泊まりたくないというような場合は、まずは子供を理由に旅行などを計画してしまうのもありです。考えてみれば普通に働いて過ごしている親子ならば、このシーズンしか思いっきり子供と触れ合えることはありません。それだけに、帰省シーズンというのは親子の関係という点でもとても大事だったりします。また、子供がいなくとも、そのあたりを計画してもらうのもいいかなと思っております。これでなんとか泊まりたくないというような嫌な事態を回避している方というのは多いです。

■体調不良アピール
これは年に1回も使えるか使えないかの方法ですが、体調不良を泊まりたくない場合にアピールしてみるのもおすすめです。実際に本当にストレスの関係で体調不良になってしまうことはあります。たまに世の中の旦那さんは嫁が帰省するたびに体調不良を起こすけど仮病なのかというような疑問を抱えていると思いますが、実は本当に体調不良なのです。使いすぎはいざという時に旦那との信頼関係が薄れてしまうので、何年かに1回くらいに使うものとして、これも頭の片隅に入れておきましょう。

■泊まる期間を減らしてもらう
これはあくまでも妥協案です。旦那の実家なんて泊まりたくないと思うかもしれませんが、旦那は旦那でこれまでに育った環境の教えだったり、親を大事に思う気持ちもあります。もちろん、それよりも嫁が大事なことは言うまでもありません。その気持ちをうまく解決するには泊まる期間を減らしてもらうというような妥協案を提案してみることも大事です。この中では最も大人がやるべき解決策かもしれません。それでも、本当の仕方のない理由で泊まりたくないということもありますので、最後に書くことは必見です。特に男性が読んでいるならばです。

■旦那と話し合ってみる
実際に世の中の旦那はなぜ、泊まりたくないのかと思っていることはとても多いです。それだけに話し合ってみることは大事です。特にこのあたりで、感情的になって話す女性は多いのですが、男性はその時点でパニックになります。なぜ怒っているのかとまず考えてしまうので、双方落ち着いて話すことが重要です。そして、両者お互いの意見に耳を傾けることで、どのように解決していくのかということを冷静に話し合わないと今後何十年もこのシーズンになれば喧嘩を繰り返してしまうことでしょう。

■諦める
旦那の実家に泊まりたくないというような対処法にはなってないかもしれませんが、色々と諦めるのも重要です。投げやりで書いているわけではなく、本当に諦めなくてはならないことがあります。そして、泊まりたくないなりに、なんとかそこでうまくやっていくにはと考えてみるのも大事です。どうしても諦めがつかないのであれば、ここまで書いたことでいくつかあなたなりにアレンジして旦那なりの言い訳や、何か別のプランなどを組み立ててみましょう。

旦那の実家に泊まりたくない問題は旦那も解決すべき

とても重要なのが、旦那の実家の問題について、特にお読みのあなたが男性ならば、これは泊まりたくないというような問題はしっかりと解決すべきです。旦那は旦那なりに、これまで育ってきた環境の教えだったりも気にかかっているかもしれません。そして、世の中の常識的にとらえられているかもしれません。それも、大事であることは言うまでもないのです。そして、親を大事に思う気持ちもとても分かります。しかしながら、今後の話ですが、親より自分の嫁と過ごしていく期間の方がむしろ長いです。そう考えると、優先順位はどちらになるかということは、そろそろ分かってきたのではないでしょうか。単に泊まりたくないというような問題ではなく、これは夫婦間でどのようにしてどう対処していくのかということが、重要になります。めんどくさいと思うかもしれませんが、特に今そんな問題が発生しているうちに解決しておかないと今後何年も喧嘩してしまいます。そんな生活はとても楽しいとは思えませんので、現実を見てしっかりと対処しましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告