Twitterで嫌われる行為【何もできないじゃん】

スポンサーリンク

Twitterで嫌われる行為を知りたい方、自分がそんなことをしていないかという確認をしたい方、もしくはTwitterで見たあの行為は嫌われる行為に該当していると思うんだけど、どうだろうという方、あるあるとして見てみたい方などに向けて、今回は色々と書いていきたいと思います。ちょっとした個人的見解も含んでいるので、そのあたりも参考にしてみてください。

それ嫌われる行為だからぁ~!

それ嫌われる行為だからぁ~!

Twitterで嫌われる行為一覧

・自分のことしか眼中にない人
意外とこの手のことを知らずのうちにやっている人は多いです。そもそもツイートそのものが自分のことしか書けないじゃんというようなツッコミはさておき、自己中心的な行為によって迷惑をかけるような方です。例えば、筆者の場合ですが、トラブルに巻き込んで助けを求めておきながらも、そこに責任を問われるというような厄介な出来事に出会いました。特にこれが自分の身に起こってからは、Twitterでは人助けなど絶対にしないと思いました。恐らくこれは極端な例ですが、嫌われる行為の1つとして考えると納得できます。

・構ってちゃん
あなたのフォロワーにも一人くらい構ってちゃんは居ると思います。構ってくれないと、わざわざ絡まないといけないような状況に持っていくスキルは、誰よりも長けているという人がいますが、これも嫌われる行為です。たまに相手してほしくて、ちょっとリプライだったりを飛ばしてみるというようなことならば、大丈夫ですが、1度でも構うとドンドンその相手に時間を取られていくというようなダブルパンチが人によってはちょっと嫌だったりするかもしれません。実際に筆者も、Twitterはほどほどにして、現実世界に集中したい時に似たような出来事に遭遇したことがあります。

・下ネタばかり
Twitterで嫌われる行為は、やはり下ネタを連発するという方もそれに該当してしまいます。男性対男性くらいであれば、筆者も男ですので特に何事もなく「あはは」くらいで終わりますし、不快感もありませんが、見ているのはあなただけではありません。特に24時間夜モードがオンになっている方も居る為、フォロワーにそういったことに対して嫌悪感を持っている方がいればちょっと控えた方が良いかもしれません。

・見たら連絡する人
何を書いているかまったく分からない人もいると思いますが、Twitterではある程度のつながりを持つと、電話番号なりLINEなりを交換すると思います。そして、挨拶ツイートをすれば運の尽きです。速攻で自分のスマホにお電話してくる方がいます。しかも、仕事や寝る時間問わず「今大丈夫ぅ~?」なんて白々しいことを抜かしやがります。「ダメに決まってるだろ」なんて、言えるはずもなく、延々と相手に時間を取られていく。そして、これを嫌われる行為どころか、コミュニケーションの1つと思っているのでタチの悪いところです。

・正論おじさん
常に正論を飛ばすというのは、Twitterでは嫌われる行為になってしまいます。世の中、正論だけで成り立っているのではなく、グレーが許されるのが日本です。その考えに賛同できる方もいれば、そんな曖昧な世界嫌だと思っている人、様々です。もし、あなたが良かれと思ってやっているのであれば、これは控えておくようにしておくのが良い判断です。何よりバズっているツイートを見てみましょう。一見正論に見えても、「ん?」と思うことはしばしばあります。そこで、Twitterでの世界というのはツッコミを入れたら負けなのです。

・政治ツイート
政治だったりの考え、右寄り、左寄りでしばしばTwitterでは冷や冷やするような言い合いが行われています。これは嫌われる行為なので気をつけましょう。さらに、知らないからという理由で嫌いな行為として考える方も増えてきております。筆者自身の考えについては、右についても左についてもどちらも正しい部分もあり、間違っている部分もあると思います。この世の正解を決め付けるほど自分にスキルは無いので、このあたりは曖昧な感じに済ませておきます。

・スパムを広げる行為、加担
最近増えてきているんです。Twitterにかなりです。スパムを広げたり、加担している方です。特にツイートに広告費やアクセスを稼ぐ目的で、一度バズったツイートを寄せ集めして、コピペしているアカウントです。筆者自身こうやって、サイトを開いている以上、広告に関して文句を言うことはできませんが、明らかにTwitterでやるとスパムに該当してしまいます。そして、それが最近の嫌われる行為になってきているので、パクツイアカウントでRTが多いからという理由で、便乗するのはやめておきましょう。RT、いいねが多いイコールそれが正しい情報であるとは限りません。当たり前だろと思ったあなたは正常です。

・リツイートが多すぎる
たまに何のツイートをしたのか分からないくらいだったり、一瞬でタイムラインが埋まってしまうほどリツイートをかましている人がいます。得にフォロー数が多いアカウント、恋に恋してる系アカウントです。興味のない情報だったり、恋愛ポエムしか流れてこないアカウントは、人によっては苦痛で嫌われる行為になってしまいます。筆者も後者のアカウントでかなり手を焼いた覚えがあります。最近はリツイートを表示しない機能が実装されてまともになりましたが。

・リア充
Twitterではリア充ツイートについては、嫌われる行為に該当してしまうこともあります。しかも、本気でリア充○ねと言っている方も多いですので、なるべくそのようなツイートは嫌われる行為が気になっているのであれば、やめておきましょう。筆者としては、幸せそうでほほえましいと思う限りです。それにオタクであれ、現状が楽しいのであれば、それはそれでリア充に該当するのではないでしょうか。本気で思っている方は、ちょっと生活の見方を変えると楽しくなるかもしれません。余計なお世話だったらごめんなさい。

・病んでるツイート
たまに病んでることを最大限にアピールするツイートがあります。それが嫌われる行為になってしまうこともあります。筆者としては、これは気にするほどではないですし、相手がそうだから自分も落ち込む必要はないと思いますが、それが万人に共通する考えでもありません。筆者自身、ちょっとした疾患を抱えていた過去がありましたが、その間ではどれだけ自分が不幸か、重症かというような自慢合戦が繰り広げられていたり、あの人は本当は○○病ではないみたいなツイートも多く見かけました。「健康ならそれで良いじゃねぇか、病弱がステータスか?」筆者の本音です。余計なことを書きすぎましたが、そこまではいかなくともちょっとネガティブな感情のツイートには気をつけたほうが良いかもしれません。万人が同じ考えを持っているわけでも、共感したいわけでもありません。

・ご飯の写真
特にダイエット中であったり、単にご飯の画像が嫌いだからということで、嫌われる行為になってしまうこともあります。もしくは、ちょっとした嫉妬なども混じっているのかもしれません。このあたりについては、残念ながら筆者は理解することはできませんし、何ならこれを書いている今は減量中でもありますが、やはり万人が同じ考えというわけではないので、気になっているならばやめておいた方が良いかもしれません。たまに晩御飯を考えたりする時にご飯の写真からひらめく事もあるので、個人的には大好きです。

Twitterで嫌われる行為は好かれる行為でもある

ここまで読んでみてどうだったでしょうか。何もできないじゃんなんて思ったかもしれません。もしくは、これは違うぞというような意見があったかもしれません。また、Twitterでの嫌われる行為というのは、反対に好かれる行為でもあります。特にリツイート数が多いようなツイートを見てみると、嫌われる行為に該当しているにもかかわらずというようなことはよくあります。特に、フォロワー全員に好かれるというのは難しいので、気にしすぎも禁物です。挨拶したって気に食わない人は居ると思います。

Twitterで嫌われる行為をして本当に腹立ってる人、実は同じことしてる疑惑

人の振り見て我が振り直せ。有名なことわざです。そして、ここまでに書いたTwitterでの嫌われる行為であったり、実際にあなたがイライラしているツイートがあるかもしれません。これから書くことはちょっと認めるのに時間がかかってしまうかもしれませんが、Twitterでそれほど不満を抱えていることがあなたに多いとすれば、実はあなたも同じようなことをやっている可能性があります。例えば極論ですが、「うるさい!」と怒鳴っている人がすでにうるさいというような感じです。もし、そこに該当してしまったり、Twitterの嫌われる行為で本当にイライラしてしまってるのであれば、今一度自分が同じことをどこかでやってしまっていないかということの確認にお役立てください。筆者も実際にTwitterで不満を抱えることは多かったですが、それを考えることでちょっとは人間として成長したのかなと思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告