Twitterの嫌がらせ方法を知って対処法を知ろう【悪用厳禁】

スポンサーリンク

Twitterというと色々な嫌がらせなどがあります。今回は対策という意味で、その方法を紹介してみたいと思います。そんなことで、悪用は厳禁です。そして、これを公開した理由としては、Twitterでは現在様々な嫌がらせが可能な方法が残っているため、なるべく運営の方に届けばなと思っております。本当に使うとしたら、場合によってはあなたが法的に不利になってしまうことなどがありますので、何かしら誰かにこの方法を試そうとしているならば、なるべくしないほうがいいです。

悪用厳禁

悪用厳禁

Twitterの嫌がらせ方法一覧

・荒さがしをして報告をする
まずはこれが一番法的に何もなく、Twitterの嫌がらせとしては効果的です。凍結させるきっかけになるツイートというのは意外とやっていたりします。そこで、何個かその気になるツイートを報告しただけですぐに凍結させることが可能です。Twitterがプログラムや目視で管理していることもあり、明らかに規約違反ということで、特に何も考えてないような人であれば、すぐにこの方法で嫌がらせができます。もし、心当たりがありそうなツイートをしているような方は、それらの削除をすることをおすすめします。Twitterの運営そのものが公式に判断していて、本当に何かあなたに責任が問われたとしても、その発言が気になっただけであると言い張れば終わりです。

・捨て垢でリプライする
これは意外とメンタルにきてしまうTwitterの嫌がらせ方法ですが、とにかく捨て垢で何かしら本人の気になっていることをリプライします。あの手この手であなたを特定しようとしてくる場合もありますが、大半の場合は無意味に終わることが多いです。さて、これらの対策というのはクオリティフィルターを使うことが対処法です。Twitterの運営が設定したフィルターなどに入ると、これらのアカウントからリプライだったりが届かなくなります。デメリットとしては、それに触れてしまったユーザーとのリプライなどが届かなくなることもあるので、Twitterの嫌がらせを考えた上で、例外リストなどを実装してほしいところです。この方法は場合によってはあなたが犯罪者になってしまうことがあるのでお気をつけください。

・BOTを活用する
Twitterの嫌がらせ方法はこれを使うことも可能です。とにかく挨拶用のBOTを作ります。そして「おはよう」というようなキーワードを拾ったら、それに対して何かしらの返信をするようにします。さらに、連続ツイートなどはできないようになっておりますが、不特定多数の方に送ることで、これらを回避できてしまうことになります。そして、そこのリプライに嫌がらせをしたい本人のアカウントも入れておきます。しかしながら、これまた対処法としては、クオリティフィルターの使用によって回避することが可能です。

・画像を送りつける
いまだこれは対策がされていないことですが、嫌がらせの方法としてかなり手を焼いているのが、本人が見たくもない画像を送りつけることです。特にこの手の画像に耐性がない方であれば、リプライの欄を見るのも嫌にさせてしまうことだと思います。たちの悪いことに、それを貼り付けることそのものは法律で禁止なわけでもないです。ただ、嫌がらせとして受け取ると別の問題に発展するとは思います。それらが送信されていると確認した場合は自分のアイコンをタップし、設定とプライバシー→データ利用の設定→画像のプレビューの部分をオフにしておきましょう。そして、すぐさま報告してください。すぐさま凍結させることが可能です。

・URLを送りつける
これは完全にアウトな感じがしますが、見るとあれなURLがあると思います。具体的なことは知っている方のみということで、これ以上詳しいことは書きませんが、それを送りつける方法などもあります。これについては、本格的に警察などが動き出すと、本当にまずいことになってしまいます。この方法は絶対に使わないでください。また、その対策としては、すでにピンときているかもしれませんが、警察に被害届、もしくはすぐに動いてほしいなら弁護士も一緒に動いてもらうと、相手が捕まる可能性があります。

・RTに便乗してアカウントを晒す
例えばバズっているRTなどに対して、その嫌がらせを行いたい人のアカウントを単に貼り付けるということで、単純な方法ですが嫌がらせになっていることがあります。これについては、ここまで紹介したフィルターの活用や、ブロック機能を活用し、何か書かれているならばそれらのツイートをすぐにTwitterに報告するのが対処法です。しかしながら、あれこれとアカウントを作り直されることで対策されてしまうともありますが、いずれIPアドレスから判断されて、一時的にアカウントが作成できなくなるような措置もたまに行っているようです。

・なりすましを行う
これまた効果的なTwitterの嫌がらせの方法なのですが、なりすましを行うことです。それをされると、フォロワーにも影響が及ぶことがあるので、案外たちの悪いことです。しかしながら、この方法を利用する対象が企業などであった場合は嫌がらせをした本人が捕まってしまうこともあるので、よろしくないことを考えているのであれば、そうする前にやめてください。また、そうではなく個人相手でも名誉毀損などになってしまう可能性があります。これらの対処法として、なりすましとして報告してください。

・レッテルを貼る
意外とこの方法というのは軽く見られがちですが、これを連続で繰り返されると本当メンタルにきてしまいます。若干事実が混ざっていたりすると、恐らくこれに耐え切れることが出来る人というのは、完全なるポジティブ人間かYouTuberに向いていると思います。この嫌がらせ方法への対処法ですが、ある程度の慣れと、報告するくらいしかできません。悪質すぎれば警察が動くこともありますが、基本的には相手にされない可能性が高いです。むしろTwitterをやめればいいとでもいわれた方は多いようです。

・掲示板に貼り付ける
Twitterの迷惑アカウントを晒す掲示板などがありますが、それらに貼り付けることが嫌がらせ方法として成り立つこともあります。本人が見つけたりするまでに時間がかかるかもしれませんが、見つかった時などのダメージは意外と重いです。残念ながらこれは、Twitterの外部で起こっていることなので、なるべく無視をするしかありません。特に某巨大掲示板を相手にしたところで、場合によってはどうにもならないことなどあります。

Twitterの嫌がらせ方法で嫌がらせや仕返しをしたい方へ

色々とTwitterでの嫌がらせ方法を紹介してきました。ただ、これは仕返しをするにしてもなるべくやめておいたほうがいいです。嫌がらせをするのであれば、結果的にその人に時間を割くことになります。その時はちょっとスカっとするかもしれませんが、実際に行動に移したところであなたに何も残りません。時間の無駄です。仕返しをするにしてもですが、レベル的に同じになってしまいます。特に仕返しをしたいのであれば、あえて何も行動しないというのも1つの手です。本当に何も気にしてない素振りをして、ひたすら無視です。これらの反応が楽しくて嫌がらせをやる方が多いので、何かしらの被害にあっているならば気にしてないふりをしましょう。もし、法に触れることがあれば、こっそりと通報してやれば相手が勝手に自爆してくれるだけです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告