Twitterのスパムとは?【初心者にも分かりやすく】

スポンサーリンク

Twitterで言われているスパムとは何なのか、それを踏んでしまったりしたような覚えがあるというような方までにも、分かりやすく解説してみたいと思います。まず、Twitterどころかスパム(SPAM)というのは語源として、SPAM缶のことを指しており、ドンパチやっているような時代にうんざりするほど食べさせられたようなことから、そこが語源になっているよという説などもあります。それでは、実際にTwitterにおけるスパムとはどんな行為だったりするのかということを書いてみたいと思います。

これが語源です

これが語源です

Twitterにおけるスパムとは?【実例】

・リツイート(RT)の多いアカウントのツイートをコピペしてRT稼ぎ
これは主に、自分のホームページなどを持っている業者が、実際に現在も行っていることです。RTが多ければ多いほど、これは面白いと錯覚に陥ったり、その人がさも発言したかのように見えますが、これはそもそもRTの多い発言をコピー&ペーストして、わざわざRTやいいねの数を稼いでいる可能性があります。その理由として、たくさん集まったところに自分のホームページのURLを乗せておいて、アクセスを集めるというようなスパムの例です。知らずに加担している方が現時点でもかなり多いですので、お気をつけください。また、スパムを行っている業者にそれで広告収入が入ることがあります。金稼ぎに利用されているだけです。

・フォローもせずいいね、RT稼ぎ
Twitterでのスパムとは、フォローなどもせず、いいねやRTをしまくることもあります。それによって、発言に注目が集まっているというような錯覚に陥らせます。特にこの数が多いことで、今のトレンドなんだなと思っていたら大間違いです。そのTwitterでのスパムに流されている人は実に多いですので、あなたもお気をつけください。以前は自己満足のためにやる方が多かったのですが、現在ではスパムとして扱われております。

・診断系アプリへのなりすまし
例えばあなたの性格を診断するというようなアプリなどは、ネットで検索すれば冗談みたいにあふれております。Twitterでのスパムとは、ここになりすますこともあります。たまにアカウントが乗っ取られたり、知らないうちにTwitterの友達にスパムのURLを送って、さらにその数を増やしていくこともあります。友達が使っていたりするからといって、安易に診断系アプリへのアクセスはやめるようにしましょう。

・偽装したURLへの誘導
これは主に乗っ取りを目的として、悪意を持った方がスパムとして行います。○○の流出した衝撃映像【削除注意】みたいなURLにアクセスすると、そこでTwitterのパスワードなどの入力を求められたりすることがありますが、大半の場合はスパムです。そこで、あなたのアカウントを乗っ取ろうとしている可能性があります。先ほどの診断系アプリへのなりすましとともに使われたりすることもあるので、友達が使っていたとしても要注意です。特にTwitterではその安心感につけこんでくることがほとんどです。

・ショックなコンテンツを貼り付ける
たまにネットには見たくもないような画像などが流れております。それを貼り付けるようなことをしている方も居ます。主には、相手のメンタルに影響を与えるために悪意を持って行われるスパムです。

・複数のアカウント作成
フォローやフォロワー数を過剰に増やしたりすることも、Twitterでのスパムの例となっております。いくつかアカウントの使い分けのために作る方も多く、筆者も同じようにしておりますが、Twitterでのスパムに認定されることもあります。また、ネットで歌い手だけではありませんが、有名になろうとしている方がこれらの行為を繰り返し、自分のフォロワー数を盛っていることもあります。

・トレンドワードを並べまくる
現在のトレンドワードというのはTwitterで変わっておりますが、これをとにかく貼り付けまくって、なるべくツイートに注目を集めようとする業者が居ます。もちろん、それだけでは最近は検索に出てくることが少なくなっておりますが、そこにいいねだったりRT稼ぎの先ほど紹介した方法を組み合わせて、スパム判定を逃れようとする業者も多いです。意味のないようなトレンドワードを並べているだけなので、あなたも一発で分かります。

・同じツイートをする
Twitterでのスパムとは同じ発言内容を繰り返すことで、スパムとなることがありますので要注意です。それをすり抜ける方法はありますが、フォロワーにも怒られたりすることがあるので気をつけましょう。

・特定の方への不快な発言
同じツイートをするの項目に加えて、その人が不快になるような返信内容をTwitterで行うとスパムになります。Twitterのスパムとはこういう種類のものもあります。そして、乗っ取りのURLを貼り付けたり、アプリへの偽装などを組み合わせることもあります。このあたりは明らかに不自然なので分かりますが、それでも引っかかっている人は少なくないのが現状です。

Twitterのスパムとは何か分かったけど、踏んだ・・・

もし、Twitterでのスパムとは何かと理解できたけど、踏んだというような場合もあります。先ほど紹介した、偽装したURLの誘導であれば、念のためパソコンをウイルススキャンしておきましょう。不正なコードが実行されている可能性もあります。それに加え、アプリ連携をしているのであれば、それをすぐに解除しましょう。パソコンであれば、設定とプライバシ→アプリ連携から不審なアプリの連携を解除することが出来ます。iphoneやスマホであれば、設定とプライバシーまでは同じですが、アカウントというところをタップし、連携しているアプリから解除することが出来ます。とにかく分からなければまずは全部解除でOKです。

次に友達にスパムツイートを返信しているのであれば、手動で削除していきましょう。

単純にスパムツイートをあなたがリツイートしてしまった場合は、なるべくそれを次からやめるようにしましょう。可能であれば、順次取り消ししてください。このスパムとは何なのかということが分かったのであれば、もしかするとあなたもそれに加担していた可能性があります。そして、そろそろそれを見たフォロワーがあなたにうんざりして、ミュートや最悪の場合はブロックされることもあるかもしれません。少なくとも、筆者はスパムをリツイートしているようなフォロワーは順次ブロックしていっております。

スパムとは何かもう分かった・・・!対策を教えろ!

最後にTwitterでのスパムを対策するにはどうしたらいいのかと知りたい方へ書いてみたいと思います。まず、一番の対策は、友達だったりがツイートしているようなアプリやURLであっても信用してはいけません。ここまでのことをお読みであればピンとくるかもしれませんが、それはスパムである可能性があるからです。もちろん、そうではない場合も多いですが、不審な様子があればほとんどの場合はスパムです。また、乗っ取りスパムを対策したいのであれば、同じようにURLは本当にTwitterだったり、その関連のものであるか、分からないならば利用は避けるか、捨てアカウントでやるべきです。そうすることで、他への被害は少なくなりますが、基本的に踏まないのが対策です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告