1日で1キロ痩せる方法を小学生に伝授しよう!

スポンサーリンク

1日で1キロ痩せる方法を知りたい小学生の方に向かって、今回はそれについて詳しく紹介してみたいと思います。そういうより、小学生の食事によっては2キロ、3キロも難しい話ではありません。小学生というだけあって、これらの知識についてはちょっと難しいと思いますので、なるべく分かりやすい感じで行きたいと思います。1日で1キロ痩せる方法というのは実は難しい話ではありません。そして、それについて知らない大人はかなり多いので、こうやって筆者が立ち上がって紹介しております。

実は簡単だった!?

実は簡単だった!?

具体的に小学生が1日で1キロ痩せる方法は?

さて、現実としてどうやって小学生が1日で1キロ痩せることができるのでしょうか。方法は実はいたってシンプルです。あなたの体も筆者の体もほとんどの場合は、たんぱく質、脂質、水分、後は微量の炭水化物で構成されております。そして、太っているように見えるのは大抵は脂肪と水分のせいです。1日ということを考えた場合、現実的に痩せる方法は水分を追い出すことになります。だから、水やお茶やジュースを飲まなければいいのかというような話ではありません。

具体的にどうやるのかというと、まずは塩分を控えましょう。具体的には醤油、塩、マヨネーズ、ポン酢、ケチャップだったりの調味料です。1日ということに限定して、まずはこれを控えるようにしてください。それだけでは痩せることにはつながりません、水分を体に溜め込むことが防げるだけです。しかも、何日も繰り返すと、体調を悪くしてしまう原因になってしまうので、あくまでも1日だけです。ほかにもっと水分どころか、脂肪と溜め込む要素があります。それは何かというと、甘いもの、お菓子、ご飯、パン、ラーメン、うどん、パスタ、小麦粉、片栗粉などです。これらは総合して炭水化物と呼ばれております。これを1日の間は完全に控えるようにしてください。

具体的に何を食べればいいのということになると思いますが、鶏肉、牛肉、卵です。脂などは気にする必要はなく、じゃんじゃん食べるようにしてください。特に脂身は太るのではないかと、小学生は思ってしまいますが、それは炭水化物を食べている場合です。実は、小学生だけではなく、人間が太る原因というのは、これが問題です。カロリーというのは完全にというわけではありませんが、あまり問題にはなっておりません。1日で1キロ痩せる方法というのはたったこれだけです。

小学生の方は詳しすぎると分からないと思うので、とにかく1日中卵だけ、卵だけですよ。それだけを食べまくってください。後は気にする必要はありません。1日たてば分かる話です。そして、今回注意しておきたいのは体重を量るのであれば、ダイエットを開始して、24時間後に量るようにしてください。そういうのも、体重というのは1日で物凄く変動しております。1日の初めと終わりでは最大で2キロ違うというようなこともあります。それを知らない小学生であれば、翌日に体重を計測して、落ち込む方が多いので、24時間後は絶対の約束です。大人でもこれは知らないので、教えてあげてください。

例えば朝の9時に体重を量るとすれば、翌日の9時に体重を量るという感じです。

小学生が1日で1キロ痩せる方法に運動は必要?

さて、今回の方法を試すにあたって、マラソンをしたり、散歩をしたりというようなことが必要だと思われるかもしれません。大人にもそういうことが必要だと教えられた小学生の方も居るのではないでしょうか。しかし、それはダイエットを知らない大人の方が喋ることですので全く気にする必要はありません。1日で1キロ痩せる方法どころか、それ以外でも運動は必要ありません。もし、筋肉質になりたいとか、マラソンランナーになりたいというのであれば別の話です。筆者は男の子というよりはおっさんですが、筋肉質になりたいので筋トレをしたくらいです。おかげさまでこんな感じです。

小学生の時は太りすぎだった筆者の現在

小学生の時は太りすぎだった筆者の現在

そもそもの話ですが、1日で1キロ痩せようと思った場合に限らず、運動というのは例外なく小学生であれど、普段から動き回っている上、そもそもの意味でやりたくないというような思いもしているかもしれません。そういった思いを抱えているのであれば、する必要はないので安心してください。しかもダイエットをしようと思えば、長続きをさせることが必要です。運動を1年も2年も続けるような楽しさを発見してからやるので問題ありません。あなたは今1日で1キロ痩せる方法という記事を読んでいますが、その時点でえらいかなと思います。筆者は小学生のことはそんなことを考えてもおらず、むしろ肥満児で毎回健康診断で呼び出されるレベルでした。

1日で1キロ痩せる方法を小学生が知ったならば10日で・・・?

さて、ここまで読んでくれた小学生は1日で1キロ痩せることができたならば、10日で10キロと思われるかもしれません。しかし、人間の体というのはそんなに甘く出来ておりません。そういうのも、これまた大人が知らない人間の生存本能ではありますが、急激に痩せるということを繰り返すと体は「何だ今はヤバい状況なのか!?」と、察知し始めます。そうなると、わざと体脂肪を増やしたり、カロリーを消費しにくい体になって、体重が減りにくくなるような期間が出てきます。いわゆる、停滞期と呼ばれているものです。1日で1キロ痩せるというような可愛いレベルのお話でそれを気にする必要はありませんが、繰り返せばそうなってしまいます。そんなことから、本格的に痩せるのであれば、もうちょっと方法を変えたほうが良いです。

具体的に大人はカロリーを控えろ、食べる量を減らせ、運動をしろといいますが、正直無茶すぎる話です。それを言っている大人で、筆者は痩せていたり、体脂肪が少ない人間を見たことがありません。知っていたら、そんなことは言わないからです。具体的にどうやればいいのかというと1日で1キロ痩せる方法の最初あたりで紹介したような、卵、肉、魚などをメインに食べて、炭水化物を減らすだけです。炭水化物が何だったのかということは読み返せばしっかりと書いてあります。この方法ならばマヨネーズも使い放題です。ただ、甘いものだったり米やパンは控えてください。そうすることで、特に男の子は筆者のように腹筋が割れ始める方も多いかもしれません。女の子であれば、そこまでムキムキになりたくないと思うかもしれませんが、要するに脂肪の多い少ないでそう見えるかどうかというだけの話なので、特に気にせず今回の方法を試せば良いです。もし、仮にそうなってしまっても、もう一回何かしら食べまくってちょっと太ってやれば良いだけです。

以上が小学生向けに紹介した1日で1キロ痩せる方法でした。とにかく無理のないようにはしてください。太りすぎだとかは考えずに、成長期なので好きなだけ食べまくるといいです。そして、将来男の子や女の子にモテたいなと思うのであれば、初めてそこで気合を入れてダイエットをすればいいだけです。何も難しい話ではありません。遊び半分で読んでくれた小学生も、いざというときにこれを頭に入れておくだけで、理想の体になれます。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告