1日で痩せる方法を中学生に解説しよう!

スポンサーリンク

1日で痩せる方法があったらいいのにな、そう思う中学生の方に向けて、今回はすぐに試すことが出来る方法を書いてみたいと思います。場合によっては翌日に2kgや3kgも1日で痩せる方法です。食べ盛りの中学生にとっては、この上ない夢のようなダイエット方法です。そして、それを繰り返せばあっという間に目的の体になることが出来ると思います。ただ、1日で痩せるにはしっかりと書いていることを守らなければいけません。そう約束できる中学生の方のみ、真剣に読む価値はあるかと思います。

本気の中学生へ

本気の中学生へ

1日で痩せる方法を知りたい中学生よ、勘違いはするなよ

さて、中学生のあなたに質問です。痩せるということはどういうことでしょうか。おそらく大半の中学生で1日で痩せる方法を知りたい方の99%は体重が減ることと答えると思います。それも間違ってはいないのですが、半分は違っております。例えば、目の前に筋肉だけで50kgの人、脂肪だけで50kgの人が居たとします。その場合、どちらが太っているように見えるでしょうか。答えは、脂肪だけで50kgの人です。しかもその大きさというのは2倍も違います。つまりここで書くことは、1日で痩せるならばそれを減らすことに着目します。もう1つあります。太っているように見える原因というのは、脂肪のほか、水分が関係しております。つまり、その水分をなるべく1日だけで取り除かなければいけません。そちらの方面でも解説しますが、中学生の方は1日だけという約束をしてください。

ちなみに先ほど体重ではなく体脂肪を減らすのが必要だ、そしてなるべく水分も排出することが必要だと中学生に教えました。ちなみに筆者の体重は現時点で70kgあります。そうすると大半の中学生は「なんだメタボおじさんじゃないか」と思われるかもしれませんが、それが関係ないことを画像を持って証明したいと思います。

筆者の体です

筆者の体です

いかがでしょうか、筆者は太っているでしょうか。おそらく大半の中学生は違うと答えてくれると思います。ちなみに今回書くことは、男子も女子も1日で痩せる方法です。運動はしないといけないのかと思うかもしれませんが、その必要はありません。そして、誰もが簡単に出来る方法です。それでは気になる内容をご覧ください。

中学生が1日で痩せる方法は卵が必要【絶対読め】

さて、これから1日で痩せるには、卵を好きなだけ準備してください。それだけです。そして、体重や体脂肪、ウエスト周りは24時間後に計測するものとします。1日で痩せる方法はいたって簡単で、それ以外は何も口にしないことです。また、今回はなるべく1日で痩せるため、ジュースは控えてください。お茶やコーヒーなどは良いです。後はお腹いっぱい食べたとかいうのは気にしなくとも大丈夫です。カロリーなども気にする必要はありません。いうまでもなく痩せてるのは目に見えております。そして、さらに痩せたい中学生は1日のうちで卵にかける調味料の塩は控えてください。醤油、マヨネーズ、食塩、味噌などがそれにあたります。1日だけと割り切ってやるのも良いです。たったそれだけかと思われるかもしれませんが、たったそれだけです。どれだけ大食いの中学生でも1日に卵20個もあれば十分だと思います。おそらくそれで1日で2~3kgは痩せる中学生も多いと思います。また、可能であれば熱いお風呂に入って、汗を流してください。それだけも、体重は十分に減ります。ここまで書いたことはいわゆるケトジェニックダイエットというものを採用しております。無駄に脂肪分などを削るために、控えるとなると、停滞期というものに突入してしまうのでやめましょう。停滞期とは、痩せづらい期間のことであり、ダイエットをしている方ならば誰もが通る道です。

さて、そもそもなぜそれが1日で痩せる方法になるのかということをこれから解説してみたいと思います。現代の中学生どころか小学生も高校生も大学生も、肥満の大人もですが、日本人というのは1日の中で炭水化物を食べすぎの傾向にあります。すでに学校でも習ったかもしれませんが、炭水化物というのは必須栄養素の1つですぐエネルギーになることでも有名なのですが、エネルギーとして使われなかったら脂肪として蓄えられます。それどころか、炭水化物1gあたり最大で4gの水分を蓄えることになります。つまり、マグカップ1杯の炭水化物を摂取すれば余裕で水分も含んで1kgくらい増えることになります。肥満の方というのは、それがどんどん積み重なってそうなっているだけです。つまり、それらの習慣を絶てば、1日で痩せる方法というのはいたってシンプルなのです。

1日で痩せる方法を試すにあたって中学生は運動は必要?

さて、筆者の体の画像を見て、1日で痩せるということを目標にした場合、運動が必要なのかということを知りたいと思います。結論からいうと、必要ありません。スリムな体に見せたいのであれば、確かに運動で少し筋肉を増やす必要はあるかもしれませんが、中学生という都合上、受験勉強もあったりで忙しいと思います。そもそも筋トレなんてやりたくないよという方の気持ちも筆者は分かりますので、無駄におすすめするような筋肉おじさんではないことをお知らせしておきます。筋トレも何となくやってみたいなという方は、過去に中学生向けに解説しましたので、そちらをお読みください。

それでは、走ったり、歩いたりは必要なのかと思われるかもしれませんが、1日で痩せる方法ではまったくもって必要ありません。そういうより、アスリートにでもなりたいというような目標がない限りはやらなくとも大丈夫です。それに歩いたり走ったりというのは中学生に分かりやすく書いてみると、これらは有酸素運動です。そして、例外なく長時間になります。そして、人間は環境に体が適応するようになります。何が言いたいのかというと、中学生がダイエットをしようとして、走りこみをしたりウォーキングをしている方が居ますが、あれは長時間の運動になれるということなので、カロリー消費もせず、体脂肪を増やしてその運動に適応しようと体は頑張ります。1日で痩せるにはどう考えても無意味なことです。そういうより、無駄なのでやめてください。「有酸素運動で自分はダイエットをしている気分になるんじゃ!どうしてもしたい!」とおっしゃるならば引止めはしませんが、おすすめはしておりません。

1日で痩せる方法をこれから試す中学生への注意

さて、今回書いたことはあくまでも1日で痩せる方法ということで、1日だけを目的としたことを書いております。書いている一部、特に塩分を減らしすぎるような行為は、1日程度にしておかないと、あなたは天国に行ってしまうことになりますので、お気をつけください。そうなる前にめまいなどが起こって、大変なことにはなると思いますが、長期間試し、特に筋トレをするのであれば塩分はしっかりと摂取してください。そして、1日で痩せる方法を知ったならば、後はここまで書いたことを守って、繰り返すだけです。それだけで、あなたが思った以上に痩せるのは簡単なんだなと分かると思います。一般的な体系になりたかったり、ちょっと痩せてるように見せたいなというのであれば、中学生はここまで書いたことで十分です。筆者のように腹筋を割りたいというのであれば、別の話ではありますが、とにかく痩せたように見せたい目的であればこれだけで肥満だったとしてもスマートになります。知らずにカロリーを単に減らしていたり、ちょっとだけご飯を控えていたのがそれこそ、今まで何をやっていたんだと思うレベルになります。

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。以上、中学生向けた1日で痩せる方法を解説した記事でした。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告