父の日に4歳児が製作できるプレゼント特集!

スポンサーリンク

父の日のプレゼントで、そろそろ子供が何かを作ったりすることが出来るという年齢が大体4歳くらいからです。そんな4歳の方からできる父の日のプレゼントは何だろうと迷った方へ、おすすめのアイディアなどを紹介してみたいと思います。また、参考にするにあたって、安全性なども考える必要があります。なるべく何かを作る時には、お母さんサイドも一緒に参加してください。また、筆者は実際にお父さんの立場であるので、こんなことが夢だなというような願望まじりのことをえらそうに書いてみます。

4歳児からのプレゼント

4歳児からのプレゼント

父の日に4歳の子供が出来るプレゼント♪

・手形アート

子供の成長はいつまでも見ていたい

子供の成長はいつまでも見ていたい

1歳からすでに父の日のプレゼントとして、手形アートをプレゼントしているのであれば、4歳になっても父の日のプレゼントは手形アートがおすすめです。やはり、子供の成長記録でもあり、父親サイドが働き詰めであれば、その姿をダイレクトに見れずに、いつの間にか大人になってしまったなんていうことは、よくある話です。そんな時のために、4歳の方が可能な父の日のプレゼントは手形アートです。また、義父やおじいさんにプレゼントするにしても、受け取りやすいプレゼントの1つかなと思います。

・一緒の写真

楽しく遊んでいる姿を

楽しく遊んでいる姿を

父の日のプレゼントで4歳の方がお手軽に出来るというのであれば、一緒に楽しく遊んでいる写真などをプレゼントするのも良いです。こういったものというのは、将来的に子供とこんなこともあったよということや、お父さんとしての思い出にもなったりするので、4歳児になっても変わらず父の日のプレゼントにすると良いです。また、その日のイベントらしく、何かしらの手書きメッセージでもいいので子供と一緒に書いてみましょう。そうすることで子供も一緒に加わった製作としても成り立ちます。

・似顔絵

意外な出来上がりになるかも

意外な出来上がりになるかも

4歳児がメインに父の日のプレゼントの製作をしたいというのであれば、やはり似顔絵です。絵を描く楽しさだったり、自分の子供が自分のお父さんはどのように見えているのかということについても知ることが出来る、面白いプレゼントの1つです。中にはヒーローとして描いてみたり、場合によっては感情的なシーンだったりと、子供からどのように映っているのかをダイレクトに感じることが出来ます。これはお母さんサイドも興味があると思いますので、父の日のプレゼントに取り入れてみて下さい。

・料理

手作りピザはいかがでしょう!

手作りピザはいかがでしょう!

これは4歳の子供と母親の共同での作業にはなってしまいますが、父の日のプレゼントに何かしらの料理を作るのもおすすめです。最近は幼稚園や保育園などで、海苔や食材でお父さんの顔を作ってみるというような楽しげなイベントもあります。基本的にピザの台を買ってきて、後はお好みの材料で作るので、切ったりするような作業が伴うこともあります。そんな時はお母さんの出番です。夜ご飯にもなるので、一石二鳥な父の日のプレゼントです。父親としては、食べるのがもったいないかもしれません。

・マッサージ券

4歳の子供一人でもできる

4歳の子供一人でもできる

これは恐らく筆者としてですが、4歳の子供が父の日にマッサージ券をプレゼントしてくれたとしたら、もったいなくて取っておくレベルでうれしいです。父の日のプレゼントは4歳児であれば、物というよりはありがとうという言葉やそれが形になっていれば充分です。筆者もそういえば、子供の時に似たようなプレゼントをしたことがあるので、とても懐かしい気分になれました。後はおりがみなりを準備するだけです。本格的に作るために、筆者は切り取り線をミシンで穴を開けて再現したことがあります。もちろん、ミシンを扱った当時は4歳児ではありませんでしたが、可愛げがあるものだと感じます。

・靴下

外仕事のお父さんにも

外仕事のお父さんにも

お手軽かつ、消耗品にもなるので、父の日のプレゼントには靴下も良いです。4歳児の製作として、それらを折り紙で再現するのもよし、実際に購入して何かしらのメッセージをつけるのもよしです。また、無難どころでもあるので、義父などに孫からの父の日のプレゼントとしても喜ばれやすいです。なおかつ、経済にもさほど負担がかからないです。実はこれ、筆者も子供のころのかすかな記憶ですが、母親に同じことをしろと言われたことがありましたので、覚えております。プレゼントも何も分からなかった当時ですが、やっていて良かったなと思っております。

・サプライズムービー

サプライズ好きに

サプライズ好きに

4歳が出来る父の日のプレゼントは他には、サプライズムービーという方法もあります。ありがとうというような数十秒のメッセージくらいで、後は父の日らしいメッセージや編集をすればサプライズになりやすいです。後は時刻が変わると同時にメッセージを送ってみたりと、とことんサプライズを混ぜ込む方法もあります。ただ、このあたりが好みではないお父さんにはご注意ください。なんというか、筆者は同じことをされると、照れくささでどう反応すればいいか分からなくなってしまいそうです。もちろん嫌というわけではありません。

・キーホルダー

これはかわいらしい

これはかわいらしい

これまた父の日のプレゼントにぴったりなのですが、キーホルダーを4歳の方が製作してプレゼントすることも良いです。具体的にどうするのかというと、プラ板などに手形を作り、後は切り込んだり焼いたりすることで、オリジナルの父の日のプレゼントが可能です。場合によってはスマホのイヤホン取り付け部分に設置したりというようにすることも可能です。キーホルダーをつけることが出来ない分、そうやって楽しんでいる方も多いです。また、仕事中それを見ると、もっと頑張ろうというような気分になれそうです。

・お手紙

今のうちがおすすめ

今のうちがおすすめ

あまり予算がない方ならば、父の日のプレゼントはお手紙というような方向も良いです。事実、ちょっと物入り時だったりして、4歳だと数年後にはランドセルだったり勉強机だったり色々必要になります。そんなことから、未来に向けて節約している方も多いのではないでしょうか。だからこそのお手紙という子供からの言葉のプレゼントです。何よりも価値を感じるプレゼントが、やはり気持ちなのです。こればかりは育て方などによっては、何があっても買えないということだってあります。それに価値のつけようもありません。

・スマホケース

写真が印刷できるもの

写真が印刷できるもの

これはほとんど、外注にはなってしまいますが、ベストショットをスマホケースに印刷できるというようなサービスがあります。実際に1000円もしないものなので、そろそろ新しいケースを必要としているならば父の日のプレゼントはこれに決まりです。特に父親が気に入っているような写真があれば、それを是非とも選んでみてください。また、印刷できるサイズなどもありますので、ある程度スマホの形やサイズによって切り取られても大丈夫そうなものを実際にトリミングしてみたりして確認しておきましょう。

・とりあえず元気で何も変わりない日常を

それが一番

それが一番

実はこれを書いてしまってはということで、冒頭ではなく最後の紹介となりますが、4歳の出来る父の日のプレゼントというのは、これかなと思います。そういうのも、大半の父親は父の日のプレゼントがもらえるのはうれしいのですが、そのプレゼントには重点を置いておりません。どちらかというと気持ちを重視するのが男性です。もし、おじいちゃんサイドに渡すというような立場のお父さんが見ているならば、この気持ちというのは物凄く納得できるかもしれません。そんなこんなで、元気で何も変わりない日常をプレゼントし続けてあげてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告