父の日のプレゼントで病人の場合におすすめなもの!

スポンサーリンク

気づけば父の日が近づいてきております。今回は父の日のプレゼントでも病人の場合にということで、色々と紹介してみたいと思います。また、病人といっても色々程度があると思います。それに、プレゼントできるものにも制限がある場合もありますので、なるべくそれに触れないようなものを紹介しております。病人であるお父さんに元気をつけてもらうため、自分がこれだと思ったようなものを選んでください。また、筆者もそもそもの意味で入院などには慣れているので、そんな視点からも紹介しております。

自宅療養から入院中まで

自宅療養から入院中まで

父の日のプレゼントで病人ならこれがおすすめ!

・お守り

メンタルを上向きに

メンタルを上向きに

父の日のプレゼントで、まずは病人という場合にはお守りもおすすめです。そういうのも、色々と本人に気持ちをこめることができるのがお守りで、困った時の神頼みといいますか、そんなあなたの願いや愛もきっと父親に伝わるはずです。また、メンタルと病気や入院生活というのには密接な関係にあります。とにかくメンタルを上向きに保ってもらうような心がけや、なるべく不安にさせないというようなことが必要です。

・好きな食べ物

制限がある場合は他のものを

制限がある場合は他のものを

これは食事制限をされていたら難しい話ではありますが、やはり病人である場合、父の日くらいは好きなものを食べさせてあげるのが良いです。特に病人でも入院レベルとなると、食べることができるものは限られてしまいます。何となくでも売店に売っているものが、物凄くおいしそうに筆者は見えました。もし、食べることができないような状況でも、場合によっては医者の許可を得ることができる場合もあると思いますので、前もって主治医に相談してみるのもありです。もしくは、食べることができる制限の範囲で思いつく料理だったり、ご馳走があれば、父の日に向けて準備しておきましょう。

・靴下

病人は足が冷えやすい

病人は足が冷えやすい

特にこれは病人のほとんどに言えることですが、1日中布団の中だったりすると、特に足が冷えてしまいやすいです。父の日は大半の地域は暑いと思います。そして、お父さんも暑いかもしれませんが、立って動く機会がなければ、足先がとても冷えやすくなってしまいます。そんなことから、父の日のプレゼントには靴下も好まれやすいです。季節上、あまり厚手のものは必要ではありませんが、なるべく長めのものを選んでみたりの工夫が必要です。本格的に冷えているようであれば、モコモコ靴下も喜ばれます。

・タオル

枕カバーにも使える

枕カバーにも使える

何気に嬉しい父の日のプレゼントです。病人で、入院中だったりすると、もちろんベッドを利用していると思いますが、それらに使っている枕のカバーだったりというのはどうも寝心地が良くなかったりします。そんなことから、それにタオルを巻いたりというような工夫をしている方も多いです。実際にこれで寝つきも違ったりします。寝ることは回復につながりますので、そういった思いをこめてお父さんに愛情のある父の日のプレゼントをしてみてください。ネットよりはなるべく、お店でしっかりと見てみて、手触りなどを調べておきましょう。

・フォトフレーム

なるべくコンパクトなものを

なるべくコンパクトなものを

病人で病院にいるとなると、大きなフォトフレームだったりすると物が置けなくなってしまう可能性がありますので、父の日のプレゼントはその中でもデジタルフォトフレームを選びましょう。カレンダー付きだったり、スライドショー付きだったりのものは見ていて飽きません。お父さんとあなたの楽しげな姿だったり、孫の写真だったり、楽しげな写真を入れてプレゼントしましょう。意外にこれが病人の場合には良い刺激になったりします。また、すでに物があふれているような場合は、キーホルダータイプのものも販売されております。

・ボールペン

暇つぶしに

暇つぶしに

父の日のプレゼントでは病人の中でも、暇つぶしが必要な場合もあります。そんな時に何かしらの趣味を楽しむとなれば、スマホでネットサーフィンだったりなのですが、そうもいかない場合もあります。そこで、ボールペンを使って何かを描いてみたり、ペン習字などをして時間を潰しているような方も多いです。意外とこれが良い暇つぶしになるので、ある程度起き上がって何かしらの作業ができるような場合にはこれをプレゼントしてみましょう。入院中だと名入りだと、無くしてもすぐに発見されて手元に戻るので安心です。

・パジャマ

寝つきが変わる!?

寝つきが変わる!?

とにかく病人は寝て回復するのが仕事です。父の日のプレゼントにはパジャマも重宝されております。そういうのも、何も考えていない市販のパジャマと、寝ることに特化したパジャマでは寝つきにかなりの時間の違いが見られるようです。入院をしていなくとも、自宅療養であっても、この数分の寝つきの差というのはメンタルにも影響してくるのでなるべく快適なものを選んであげましょう。暑がりだったりするのであれば、甚平をプレゼントするのも良いと思います。

・ヘッドホンorイヤホン

騒音対策に

騒音対策に

病人でも入院中だと、テレビかスマホなどを見て時間を潰している方がほとんどですが、消灯時間になると、これらのものから音を出して見ることはできません。そんなときに、ヘッドホンやイヤホンが大活躍です。特に、隣人がうるさかったりするような場合にも、これが活躍してくれます。筆者は入院中、仕方のないことではありますが、隣が四六時中、咳をしていて寝るのに困ったことがあります。そこで、ヘッドホンで耳をふさいで、静かな音楽をうるさくない程度に流すと、それはもう別世界になりました。

・お茶かコーヒー

オーガニックなコーヒーは胃の負担が少ない

オーガニックなコーヒーは胃の負担が少ない

父の日のプレゼントでお茶かコーヒーは定番でもあります。しかし、胃腸の関係もあるような場合は、なるべくノンカフェインのお茶を選んであげるようにしましょう。もしくは、コーヒーが好きで胃に負担がかかっているような状況であれば、オーガニックタイプのものを選べば、比較的このあたりの負担というのはやわらかくなる傾向にあります。全くないというわけではありませんが、通常のインスタントよりは何倍も胃に優しい感じがします。これらのことから、マウントハーゲンのコーヒーかその他のお茶という感じになりそうです。

・マグカップ

持ちやすく温まりやすいものを

持ちやすく温まりやすいものを

湯のみと書きたいところですが、病人となると、コップを持つのもちょっとつらい場合もあります。そんなことから、父の日のプレゼントはマグカップにしましょう。また、病院の温度はなるべくみんなに合わせて設定されておりますが、それでも寒いというような場合もあります。そんなことから、マグカップなどで温まっているご年配の方も見かけますので、寒いと言っているのであれば、なるべく軽く温まりやすいようなものを選んでみましょう。ただ、マグカップといってあなどってみていると、結構な出費になってしまいますので、予算との兼ね合いも考えてください。

・一緒の食事と感謝の言葉

価値にできない時間や言葉を

価値にできない時間や言葉を

父の日のプレゼントで特に病人であれば、ある程度の覚悟ができていたりする場合もあります。そんなことから、特にほしいものもなかったりします。ただ、その中でもお父さんが唯一ほしいとすれば、一緒の食事や感謝の言葉です。入院中の場合はすでにお見舞いなどは行っているかもしれませんが、一緒に食事するというのはあまりないかもしれません。面会時間の兼ね合いもありますが、なるべく一緒に食べて、感謝の言葉を述べましょう。もしくは、手紙も良いです。隣人が寝ている場合もあるので、なるべく昼間などがいいかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告