父の日のプレゼントに迷う場合の決め方

スポンサーリンク

父の日のプレゼントを毎年していたり、そうではなくとも初めてだったりすると迷うというようなことは誰しもあると思います。そんな時に、こうやって父の日のプレゼントに迷う場合は決めたらいいよということを書いております。今回書いている筆者は、すでに父親の立場でもあります。そういった視点からや、男性はこうやって自分にとって嬉しいものやほしいものを決める傾向にあるということを書いていきますので、それらから総合的に判断してみましょう。そもそもあげるかどうか迷うという方は、過去に書いたことを参考にしてみてください。

どうしても思いつかない方へ

どうしても思いつかない方へ

父の日のプレゼントに迷うならこうやって決めましょう

・低予算かお金があまりない場合
まずは、安いものか、そもそもお金がないので手作りにしようという場合などもあると思います。そんな時でもやはり、父の日にはどのようにプレゼントをしようか迷うという場合には、マッサージをしてみましょう。実の親子であれば、ちょっとした会話を弾ませる手段になったり、とにかく感謝の気持ちなどを最大限にあらわしていることをあなたのお父さんも父の日であることから理解できるはずです。ちょっとした肩もみをしてもらうだけでも、それなりにお金がかかってしまいますし、保険がきくお店で肩こりや腰痛を解消してもらってもそれなりのお値段です。

・お父さんの趣味は何?
まず、父の日のプレゼントを決めるにあたって色々なことを考える必要があります。迷う以前に、お父さんの趣味というのは何でしょうか。例えば、釣りだったりプラモデルだったり、温泉めぐりだったり色々とあります。また、あなたも共通の趣味があるかもしれません。そういったところからその趣味ならではのマニアックな理解などがあったりすると思います。そこから、迷う場合は父の日のプレゼントを決めてやるというのもありです。父親ではありますが、筆者の父はこれを書いている今も健在であり、体を鍛えるのが趣味なので、BCAAやシトルリンといったような感じで渡してみると、かなり喜んでいました。

・気づかってあげる視点から見てみよう
あなたのお父さんは今何に悩んでいるでしょうか。それなりの年代になれば、健康的な悩みを気にしだすはずです。迷う時には、最近塩分を気にしているな、飲みすぎを気にしているなというような視点などから見てみると、必然的に迷う暇もなく父のプレゼントが出てくるはずです。そして、この手のプレゼントが一番、子供からの愛情が伝わりやすいなと思います。年齢を重ねるごとに、欲しいものは経済状況が安定してきて、手に入りやすくもなってきますが、愛情はお金を出しても買うことが出来ません。そういった些細なところに男性でも気になるのです。

・トレンドや人気傾向なんて考えるな
世の中に父の日に人気なプレゼントだったり、ランキングだったりが各サイトで公開されております。しかしながら、それらはどれもあなたのお父さんにとってイマイチな感じがしなかったでしょうか。大半の男性はよほどのブランド指向ではない限りは、世の中の人気やトレンドになんてとらわれません。そんな方がいないというわけではありませんが、このあたりから選んでしまうと父の日のプレゼントに失敗してしまう可能性もあるので、迷う場合にでも特定の状況を除いて、真剣に受け取らないようにしてください。

・実用的な選び方をしよう
父の日のプレゼントに迷うならば、お父さんが普段使っている物に着目しましょう。グラスだったり、ペンだったり、お仕事に関する道具だったり、何かしらの生活をしているので見つかるはずです。そこに迷う場合のヒントが隠されております。これは世の中のお父さんにとって様々な傾向があるので、普段これがあると便利だろうなというものや、これは新しい方がいいだろうなというものをプレゼントしてみてください。長年使うもので財布だったりは、味を求めて使い古している場合もあるので、前持った調査もしておきましょう。

・ファッション系がほしいと「言っていた」ならプレゼントしてみよう
父の日のプレゼントで、ファッション系のものが色々なサイトで取り上げられます。しかし、世の中のお父さんというのは、年齢が進むにつれて、服やアクセサリーなどに興味がなくなりやすい傾向にあります。もちろん、おしゃれな方はご年配であってもおしゃれです。若いころと違って、生きることで頑張っていて子育てに精一杯ということもあります。筆者もまさにそのタイプで、そんなことからファッションにはこだわらなくなりました。もし、迷うとしても、ほしいとは言っていない限りはプレゼントは別のものにするようにしましょう。

・孫関連もよし
ここまで書いても迷う方はまだまだ居ると思います。そこで、父の日のプレゼントで孫と頻繁に遊んでいたり、楽しげにしているならば、孫関連のお揃いグッズや、写真などをプレゼントしてみましょう。本当に孫のことが好きであれば、かなり喜んでくれます。また、さらに迷う要因を作ってしまうかもしれませんが、たまに孫に興味関心のないお父さんも世の中に居ます。そういった場合には、微妙なプレゼントになってしまう可能性があるので、そのあたりは注意しておきましょう。特に最近は40代~50代の方がそんな感じです。

・それでも迷うならお風呂グッズ
上記の筆者の余計な発言によってさらに迷うならば、お風呂グッズを父の日にプレゼントしてみましょう。特に体調に問題がない限りは、毎日お風呂に入ったりします。そこで、シャンプーだったり、ボディタオルだったり、入浴剤だったり色々プレゼントできるものがあります。そして、思いのほか男性はお風呂が大好きな傾向にありますので、普段の疲れを癒してもらうべく父の日に思いつくものをプレゼントしてみてください。アースの温素というのは、本当に温泉っぽくて良い香りがするのでおすすめです。

・とりあえず気持ちか言葉があればいい
色々と書いてきましたが結局、迷うことがあっても、これだけは忘れないでほしいということで書いておきます。まず、世の中のお父さんは、本当にほしいものがあれば大抵はちょっとおこづかいを貯めたり、日常でちょっと節約してみればほしいものは手に入ります。しかし、どれだけそれらを頑張っても手に入らないのは、あなたの感謝の気持ちや言葉です。こればっかりは子供が自発的に言ったり、態度を示さない限りはありません。そんなことから、いつもありがとうというような言葉だったり、それが難しければ肩もみなどをしてあげるなどの些細なことで良いのです。それが本来の父の日でもあります。とにかく何かプレゼントしておけというのが毎年であれば、本来の心も伝わっているかどうかも分かりません。筆者は男なので、自分の父親に向かって「ありがとう」なんて言うのは恥ずかしかったりしますので、とにかく毎年のことながらプレゼントをしたり、ちょっとしたマッサージも会話がてらのオマケにしたりします。あなたが男性で、難しいならばこういうプレゼントも迷うときに導入してみるのも良いです。本当にこれが一番伝えたかったことです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告