バーベキューで竹串が燃えるときの裏技

スポンサーリンク

バーベキューをするときに、焼き鳥なり、その他の食べ物なりを作ることもあると思います。そんなときに活躍してくれるのが、竹串です。しかし、使っているは意に反して、燃えてしまいます。そんなときにどうやって、対処していけばいいのかということを書いてみたいと思います。バーベキューでの竹串が燃えない方法は様々であり、自分がこれならばできそうだというようなものをお試しください。

ここにヒントが

ここにヒントが

バーベキューで竹串が燃えるのを防ぐ裏技

・火に竹串は近づけない
当たり前だと思うかもしれませんが、案外できていないことです。バーベキューで真ん中に竹串にささった肉類をおいてしまうと、どうしても火力の問題で焼けすぎてしまうことがあります。また、端っこに置くことで逆に焼けなくなるのではないかと心配になるかもしれませんが、じっくり焼くことでうまみもしっかりと増します。いきなり高火力でやってしまうと、パサパサになってしまったり苦い思いをすることがあるので、バーベキューで対策できるものが何もない場合はこの方法で試してみてください。

・アルミホイルを敷くか巻く
敷くのはあまり炭の香りがつかないのでおすすめしませんが、アルミホイルを竹串が燃えるときに敷いてやってみるのもおすすめです。時間があれば、竹串の出てしまっている部分を巻いてみるというような方法でうまくいきます。また、これらの方法が面倒な方であれば、竹串が出てしまう部分の真下に、アルミホイルをおきましょう。うまくいかない場合もあるので、この中では巻くのが一番手っ取り早いかなと思います。

・竹串を水につける
一番お手軽で簡単な方法です。バーベキューで焼き鳥などをつくるまでの時間があるのならば、一度竹串を水につけこんでおきます。これで、竹串が燃えるのを防ぐことが可能です。そもそも水分の含まれた木などは燃えにくい傾向にあります。だからこそ、こうやって自然に近い状態に戻してあげると良いです。一番お手軽でもあって、確実さもあります。それでいて、竹串が燃えるどころか、焦げてしまう可能性も低くなります。バーベキューなので、ワイルドにいきたいところですが、見た目も大事なのも分かります。

・鉄久を設置しよう
これは焼き鳥屋さんが絶対に使っているものです。バーベキューだけではなく、竹串が燃えないように、串の先と持ち手を橋のようにして支えています。そして、火から遠ざけたりすることもこれで可能になるので、これをバーベキューで応用すると燃えるのを防ぐことが可能です。先ほど紹介したアルミホイルなどで、余分に持ってきている方は、それを丸めて棒状のものを2つ作ることで、簡単にこれを実現することができます。温度によっては溶け出したりしてしまう可能性もあるので、取り急ぎの場合などにしましょう。

・ステンレスの串に切り替えよう
ステンレス製の串もあるので、これをバーベキューで活用しましょう。竹串にこだわらなくてもいいかなと思います。ただ、これを使うことによって、やはり見た目的なおいしさや、お手軽感があるのも否めません。しかも、ステンレスの串を使うと、かなり熱くなってしまうこともあります。このあたりが気にならなかったり、後からマッタリ食べるような本来のバーベキュースタイルで楽しむような方ならば、繰り返し使えてエコというメリットもあるので、検討してみる価値はあるかなと思っております。

・弱火にする
大抵の方のバーベキューを見ていると、火がガンガン上がっているような状態で食べています。人の食べ方を指摘するつもりはありませんが、バーベキューで竹串が燃えるのを防ぎたいというような目的があるならば、まずは弱火で楽しむようにしてください。火ではなく、遠赤外線で焼くことによってうまみが増します。時間がある方で半信半疑の方こそ、これで試してみましょう。使う炭も今までの半分くらいに心がけて、じっくりとやってみましょう。これで驚くほどにおいしく食べることができるはずです。

・ロングサイズのものを買う
竹串というと、サイズは色々あるので、細かいことは考えたくないという方であれば、なるべくロングサイズの竹串を応用して、何が何でも火から遠ざけるというような裏技というより、荒業になりますが、これもおすすめです。一度に大量に食べることができるので、男のバーベキューをしたい方で、竹串を燃えるのをどうにかしたい方にぴったりです。また、その際いつもより鶏肉を小さめに切ってみることで、すばやく楽しむことができるのでおすすめです。腹ペコなので、待ち時間がたまらないという方ならば、この方法がおすすめです。

・別口で七輪などを手に入れるのもおすすめ
バーベキューをするならば、荷物は増えてしまうかもしれませんが、七輪を活用するのもおすすめです。竹串が燃えるのを防ぐことができるほか、遠赤外線効果も高いです。そして、使う炭の量もかなりエコになります。完全に別口で準備したとしても、ホームセンターで買えば1000円代で購入することが可能です。意外と七輪というのは安く売られている傾向にあります。ものによっては、長方形サイズのものもあります。他にも、インスタントコンロなんてものも500円くらいで購入できるので、それをもったいない方は活用するのもいいです。

・串台なんてものもあります
あまりバーベキューに詳しくない方は、ご存知ではないかもしれませんが、串を置くための台があります。価格的にも、お手軽であるのでそれを使ってみましょう。裏返したりするときもかなり楽だったり、強制的に火から遠ざけてくれる上、熱を逃すこともありません。最近はホームセンターも似たものをシーズンになると、負けじと出しているので、ネットとホームセンターを比べて見て、購入を検討してみましょう。そして、考えておかないといけないのが、串の長さです。決まっているものだと、自由自在にできなかったり、サイズが大きすぎたり小さすぎたりなどあるので、自由に長さを変更できるものがおすすめです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告