バーベキューを室内かつ自宅でやるための方法がコチラ!

スポンサーリンク

バーベキューというと、季節柄室内でやりたい方も居ると思います。しかも、室内といっても、自宅でバーベキューをお手軽に楽しみたいという方も多いと思います。しかし、実際にどんなことに気をつけてやれば良いのか、実現可能なのかということについて詳しく書いてみたいと思います。結論から書いてみると、もちろん可能ではありますが、環境によってはしっかりとしておかないと大惨事になることがあります。ケースバイケースということもありますので、1つ1つお読みいただければ幸いです。

安全も考えつつ

安全も考えつつ

自宅の室内でバーベキューをやるための案

■ガスコンロを使う
自宅で煙も何も気にせずお手軽にバーベキューをやりたいのであれば、ガスを使ったバーベキューがおすすめです。これならば、自宅の室内でやるとしても、比較的電源をほとんど使うこともなく、煙なども気にする心配がありません。また、ガスというとちょっと微妙なイメージがあると思いますが、メーカーがしっかり考案している、鉄板のおかげでかなり楽しむことが出来ます。こちらのデメリットは遠赤外線効果もほとんどなく、スモーキーなバーベキュー特有の香りなどがしないため、やるとしてもですが、気分くらいのものになります。しかしながら、安全性を考えたいのであれば換気さえすればバッチリのものではないかなと思います。

■気にせず炭を使う
もし、自宅の室内でバーベキューを楽しみたいならば、まずはすべての部屋の窓を全開にしましょう。これが大前提です。また、DIYなどが得意な方は、ダクトを使う換気扇などを設置してください。それも難しいのであれば、ここで扇風機を活用しましょう。通常、扇風機というのは自分の体に風を当てるものですが、煙が充満しそうな部屋から外に向かって、扇風機をつけまくることで換気扇のような役割を果たさせることが出来ます。自宅の室内でバーベキューをこの方法を用いてやる場合でも、空気の通り道が必要となるので、窓はいくつかあけるように心がけてください。また、なるべく外と違って、使う炭の量を減らすようにもしてください。そうではないと、一酸化炭素中毒になってしまったり、酸欠のようなことになってしまう可能性もあります。筆者も自宅の室内でバーベキューをやったことがありますが、これらのことにはかなり気をつけておりました。最近のような密閉性の良いご家庭ならば、恐らくそうなってしまう確率が高いので、本当に気をつけるようにしてください。

■遠赤外線グリルを活用しよう
いわば無煙バーべキューコンロを自宅で使います。これによって、煙が出てしまうことがおさえるのが出来るほか、バーベキューでおいしいと感じるのに必要な、遠赤外線を使った料理が可能です。しっかりと考えられた構造のものが販売されているので、この遠赤外線というところに着目して購入するようにしてください。そういった意味では、あらゆることにも使えるザイグルの遠赤外線調理ができるものが、価格的にもおすすめです。しかし、これで自宅の室内でバーベキューを楽しむのならば、スモーキーさがちょっと足りないということもあるかもしれません。そんな贅沢なお悩みをさらに抱えているならば、ロータスグリルというものがあるので、そちらを利用します。無縁になるべく近づけるために作られた炭や無煙に近い感じができます。しかしながら、完全に無煙とはいかないので、このあたりを室内のバーベキューで気にするか気にしないかは個人の考えによると思います。筆者は、なるべく部屋を綺麗に保ちたいという考えがあり、部屋で利用するのであればちょっと微妙かなと思っております。

■石を使うバーベキュー!?
石といっても、溶岩石を使います。これを専用のグリルなどを使うことによって、炭とほどんと変わりのないバーベキューを楽しむことが出来ます。申し訳程度に入れているだけでもそれなりの効果を発揮してくれます。たまに焼肉屋など、煙があまり出ないように考えられたところでは、これがかなり活用されております。そのおかげか、かなりおいしく仕上がります。ラバロックなどで調べてみてください。また、プレートそのものが溶岩石だったりすることもあります。これを使うのであれば、自宅の室内でもある程度は安心してバーベキューを楽しめます。ただ、油などが落ちてしまうと煙の発生要因になってしまうので、このあたりは焼くものを考えてみてください。安全性はそれなりにあります。

■煙の少ない炭を使う
最後に紹介したいのが、煙が少ない炭です。結局火起こしの類は必要になり、ものによっては火がつきにくいというデメリットがありますので、室内でバーベキューをやるにしても、ある程度は外で加熱したりできるような環境も準備するべきかなと思います。さらに、これを使うことによって、ちょっと油断してしまいます。そういうのも、煙がほとんど出ていないイコール換気しなくても大丈夫というような、盛大な勘違いをしてしまう方も居ます。ある程度知っている方ならば、とんでもない考え方です。ガスをつかっていても、一酸化炭素中毒になったりすることもありますので、換気だけはしっかりとしておいてください。いずれの方法を使うにしてもですが、やはり安全に自宅の室内でバーベキューを楽しみたいのであれば換気は本当に必須です。

自宅かつ室内でバーベキューをやるならばリスクは考えよう

ここまで紹介した自宅の室内でバーベキューをやる方法ですが、いずれにしても外でやるのとは違って、リスクなどを常に頭の中に設定しておかないといけません。特に子供が居るような環境などは気をつけなければなりません。先ほども書きましたが、どのような手法を使うにしても、一酸化炭素などにはしっかりと気をつけておきましょう。換気をしたりすることがとても重要です。このあたりを考えるのであれば、遠赤外線グリルで紹介したザイグルのものを使うのが適しているかなと思います。安全に楽しくおいしく自宅の室内でバーベキューを楽しんでください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告