お花見の遊び道具で子供が喜ぶものを集めてみた!

スポンサーリンク

これからお花見をする方で、子供に何か遊びをするための道具を買ってあげようという方に、花見ではこんなおすすめの遊び道具があるよということを紹介してみたいと思います。ただ、遊びといっても、それぞれの性格や好みなどによるので、なるべくオールマイティに紹介してみます。ちょっと子供の喜ぶポイントが分からないというのであれば、親がこれは直感的に面白そうだなと思ったものを選んでみてください。子供もきっと同じはずで、それを楽しんでくれる傾向にあります。

これは大喜び!

これは大喜び!

お花見の子供の遊び道具はこんなものがおすすめ

・戻ってくるボール

人にぶつかる心配もさほどない

人にぶつかる心配もさほどない

お花見でちょっと混雑したところにいくとなると、遊び道具もちょっと限られてきたりします。普通にボールを投げて遊んでいても、他のグループの方のところに間違って飛んでいったり、遊びをしている間は親も気が気でありません。そこで、このようなひものついた戻ってくるボールがおすすめです。スポーツショップに練習用としておいてあったり、おもちゃ屋にもあるので一度見てみてください。値段もお花見のために準備すると考えたとしても、結構お手ごろ価格だったりします。さらに、無くす心配もほとんどありません。

・ソフトグライダー

懐かしい遊び

懐かしい遊び

特に今の大人の男性の方にとっては、かなり懐かしいものではないでしょうか。花見で遊び道具を買ってあげようと思うのなら、1つあたり100円以下のコストで買えるのでおすすめです。普通の紙飛行機と違って、かなり飛んでいくので大人の方で昔楽しんでいた方は、今もちょっとやってみたいと思うかもしれません。しかも落下したとしても、出来ているのはほとんど発泡スチロールのようなやわらかい素材なので、子供にとってもかなり安心です。使う前には組み立てるようになっているので、そこもまた男の子であれば楽しいポイントかもしれません。

・フライングボール

七色に光るボール

七色に光るボール

ちょっとした遊びをお花見で楽しみたいならば、こちらの球体のリモコンつきのヘリコプターです。色々な光で、子供から大人まで楽しませてくれます。ちょっと気になるのが、プロペラ部分だったり、子供向けに買うのであればぶつかったりするとまずいのではないかと思うかもしれませんが、思った以上に頑丈にできています。それでいて、柔らかいのでお花見で人にちょっとぶつかっても安心です。とはいえ、目などにあたるとさすがに厳しい部分もあるので、大人が管理をしながら、この遊び道具を楽しむようにしてください。

・スケボー

乗りこなせないけど楽しい

乗りこなせないけど楽しい

すでにヘルメットやガードなどがある場合で、お花見もちょっとマイナーなところに行くのであれば、スケボーもおすすめです。どちらかというと、家族同士のふれあいをメインにする場合の遊び道具としておすすめです。最初はうまく乗りこなすことが難しいですが、子供にとってはまさにそこがポイントです。何とかして楽しみたいと思うのが子供心です。また、普段の運動不足解消になったりもするので、お花見で是非とも活用してみましょう。筆者も野外活動センターでお花見をするときに子供とスケボーをして楽しんでおります。まったくうまく乗りこなせませんが、それがまた楽しいです。

・ソリ

最高の遊び道具

最高の遊び道具

お花見のポイントでちょっと長めの草があるところならば、これがおすすめです。子供にとってはこういった遊び道具と使う場所があれば、1日中無限に楽しむことができます。また、場合によってはちょっと長めの砂の坂があるところや、滑り台などにも応用して楽しむことができます。体力も結構使うので、お花見から帰ると子供もぐっすり眠れるかもしれません。

・双眼鏡

山でのお花見とかにも

山でのお花見とかにも

お花見ということで、せっかく自然に触れ合っているので、双眼鏡を使って楽しませてあげましょう。とにかく色々なところや、ちょっと景色のいいところを拡大してみたりしてみるというのは、ちょっと表現しがたい楽しさがあります。お花見だけではなく、色々なシーンで活用できる子供にとっても大人にとってもかなり楽しい遊び道具なので、是非とも買ってみましょう。いうまでもありませんが、太陽を見たりはしないでください。高倍率のものもあるので、かなり見晴らしのいいところにいくのであれば、そういったものを選ぶともっと楽しめるかもしれません。

・バブルインバブル

2回楽しめる方法がある

2回楽しめる方法がある

お花見でかなり手軽に楽しめる遊び道具といえば、やはりシャボン玉です。自動で作れるものだったり、大きなものを作れるものだったり、遊び方なども色々あって子供にとっては色々な楽しみ方ができます。また、グリセリンをまぜることによって、シャボン玉をさらに大きくしたりすることもできるので、お花見で子供が飽きてきたときに、さらにこれを足してやることによって、もっともっと楽しめるかもしれません。作る前に配合などをあらかじめ調べておいたりして、別途液体を作って持っていくようにしましょう。割れないシャボン玉もあるので、子供にとってはかなり良い遊び道具です。

・お絵かきセット

親の元で楽しむことができる

親の元で楽しむことができる

ちょっと予算がある方はお絵かきセットをお花見に持っていってみましょう。桜を描いてもらったり、景色を描いてもらったり、お父さんお母さんなどの似顔絵を描いてもらったりしてみましょう。お花見でこの遊び道具を採用するメリットとしては、人が多かったとしても迷惑にならないことや、親御さんの下でおとなしく楽しんでくれるので、そういったことが求められるシーンにはぴったりです。これだけではなく、大き目の画用紙と色鉛筆のセットでも、良いと思います。このあたりはお財布と相談しながら買ってみてください。

・2IN1 バッティングマシーン

兄弟に

兄弟に

お花見でのびのびと遊びができるようなところであれば、バッティングマシーンもおすすめです。テニスラケットもついていたりするので、子供にとってもストレス解消や運動不足解消になりそうです。ボールそのものも、思ったより硬くはできていないので、安全性についても問題なさそうです。少し注意するポイントとしては、2人以上で遊ぶためのものなので、1人で遊びを楽しむしかない場合は、ちょっと注意しておきましょう。また、筆者の子供時代はわんぱくキッズ過ぎまして、これを買ってもらって人にぶつけていたこともあるので、子供がちょっとやんちゃしやすい方はそういうこともあるので、性格との兼ね合いで購入を決めてください。

・砂場セット

いつでもどこでも楽しめる

いつでもどこでも楽しめる

お花見にいけば、大抵の場合は砂場があるので、特に男の子女の子問わず、こういった遊び道具があると楽しめそうです。ちょっと気をつけておきたいのは、なるべく手を洗うことができるようなポジションでお花見を楽しみましょう。また、アンパンマンとバイキンマンの丸っこいものが、写真の中に見えると思いますが、これで形を作って楽しむことができるようになっております。筆者も同じものを持っておりますが、アンパンマンの顔を地面に作って変な足を生やしたりするだけで、息子は笑い転げてくれるので親子のふれあいにもぴったりです。ただ、お父さんサイドはお調子しすぎてお母さんに叱られないように気をつけましょう。

・パステルスクーター

2輪より安全性が向上

2輪より安全性が向上

お花見で使える遊びができる道具の紹介も最後になりますが、パステルスクーターもあると、子供も楽しめます。これを選ぶポイントとしては、2輪ではなく3輪となっているので、安全性も以前に比べて高くなっております。それにお花見となると、場合によっては子供が休憩しているときに置き場所の確保が難しくなってしまうこともあることから、自立させておくことが可能なこちらのタイプを紹介してみました。価格も昔ほど、ウン万円もしないので、非常に購入しやすい時代になったなと思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告