ホワイトデーにもらってうれしいもの特集【2018】

スポンサーリンク

カレンダーを見てみればもうホワイトデーの時期になったということで、今回はホワイトデーに大半の女性がもらってうれしいと思ってくれるものを紹介してみたいと思います。特に女性の好みついては男性が理解できない分野もありますので、そのようなところは特に重点的に書いていきたいと思います。また、相手によってもらってうれしいものは異なるので、そのあたりはセットで解説をしておりますので、なるべく流し見をせずにじっくりと見てください。

これはうれしい!

これはうれしい!

ホワイトデーにもらってうれしいお返し2018年版

・ハンドクリーム

家事をする方にも

家事をする方にも

特に中学生以上の方であれば、そろそろ手先に何らかのケアが必要ということで、ハンドクリームにこわだっている方を見かけます。男性より家事をしたり、デスクワークで紙を頻繁に使わなければならなかったりということで、重宝している方も居れば、アロマ感覚で使っている方も居ます。このあたりは、相手が手先を気にしているようであれば、ホワイトデーのお返しにしてみてください。こういった気遣いというのもセットでホワイトデーに女性がもらってうれしいものだったりします。前面には出さないので、普段からの会話から察することが必要です。

・ブランド系のお返し

妻や彼女に

妻や彼女に

ある程度の年齢になれば、ブランド系に興味が出てくる方も居ます。そんなことで、ホワイトデーのお返しにはゴディバだったりブルガリだったりのお返しやアクセサリーなどと様々です。ただ、これは言うまでもなくお返しする人は妻か、彼女くらいのレベルの方にしておいてください。義理で渡したのに、お返しがブランド系すぎると、もらってうれしいどころか、もらって恐縮に変わってしまいます。加えて何か告白されるのではないかというような勘違いもさせてしまって、混乱してしまうこともあるので注意しておきましょう。

・食事

お付き合いしている以上の関係にも

お付き合いしている以上の関係にも

相手があなたに好意を抱いていたり、妻や彼女からバレンタインをもらったという場合ならば、ホワイトデーのお返しは物ではありませんが、もらってうれしいお返しとなります。もっと具体的なことを書いてみると、妻としては今晩の夕食や片づけをしなくてラッキーという思いだったり、まだまだ初々しいカップルなどであればお互い知りたいということで、両者がどの道得するホワイトデーのお返しです。スイーツに何万円も使うのであれば、自分も含めてそれに同じ金額を使った方がいくらかおいしい楽しいお返しができます。

・マカロン

マカロンって生き物があるらしい

マカロンって生き物があるらしい

特にこれは若い女性というより女子へのホワイトデーにもらってうれしいお返しなのですが、マカロンも結構人気だったりします。カラフルなものだったり、物によってはちょっと珍しい味だったりします。また、インスタを好んで使っているような方ならばインスタ映えするかどうかというのも重要視されるので、ホワイトデーにお返しするような方がそのようなタイプであれば、過去に解説したものもセットで読んでみてください。

・チョコレート

定番が嬉しい

定番が嬉しい

これは王道すぎるお返しかもしれませんが、まさにそんなお返しをホワイトデーに求めている方も多いです。そんな王道なお返しが、実は多くの女子に好まれております。さらにその中の定番とすれば、ゴディバやモロゾフあたりがどの年齢の方にも手軽に買えるような値段設定にしてくれております。もうちょっと良さそうなグレードのものをお返ししたいのであれば、ピエールマルコリーニ、バニラビーンズあたりのメーカーをチョイスしてみましょう。筆者的にはバニラビーンズが本気でおすすめしたいメーカーです。

・コスメ

コスメは結構喜ばれます

コスメは結構喜ばれます

あなたもご存知のとおり、女性は美容については男性で言うところの車くらいは熱心です。もちろん男女共にこれは例外はありますが、こだわっていたり、美容関係のものが好きであれば、ホワイトデーにコスメ系のお返ししてみましょう。コスメの類がもらってうれしいと分かったところで、どんなものがコスメでどんなものをお返しして、どんな視点で探せばいいのかということまでは男性の方には分かりづらいと思います。そういうことで、過去におすすめのコスメを紹介してみた記事がありますので、そちらを参考にしてみてください。

・入浴剤

女子がいい匂いがするのが決定的証拠

女子がいい匂いがするのが決定的証拠

ホワイトデーのお返しで大半の女性がもらってうれしいものが入浴剤です。言うまでもなく大半の女性は長風呂が大好きだったり、そこにリラックスを求めていたりします。また、美容のひとつとして入浴剤にはこだわっている方も居ます。いまいちピンとこないかもしれませんが、基本的におじさん思考で見てみれば、良い匂いがする女子がが多いと考えるとここまでの発言に現実味はあると思います。なんとなく分かってきたら、定番どころのLUSHやアユーラなどの入浴剤をホワイトデーのお返しにしてみましょう。

・文房具

学生やデスクワーカーに

学生やデスクワーカーに

こちらは中学生から大学生くらいまでの方、社会人ならばデスクワークをしている方が限定になりますが、ホワイトデーのお返しには文房具が思いのほか好まれます。スイーツ系のお返しはもちろん嬉しい方が多いのですが、全員が全員好みではなかったり、ダイエット中だったりする可能性もあります。そんなことから、文房具がもらってうれしいものだったりします。また、受験生であればこの手のお返しは大半の場合は喜んでくれるのでおすすめです。

・ヘアゴム

若い女子ならではのおしゃれ

若い女子ならではのおしゃれ

これは中学生あたりまでのお話ではありますが、ホワイトデーのお返しにヘアゴムも、もらってうれしいものです。特にそれくらいの年齢の方というのが、髪の毛を綺麗にして遊んだり、その年齢の最大のおしゃれだったりもします。もし、今回ホワイトデーのお返しをする相手の方がそれくらいの年齢だとしたら、これを選んでみてください。また、金額的にも結構安く収まるものが結構多いので、相手の好みに合わせて選んであげましょう。ネットショップで見ると、案外おしゃれなものが転がりまくっております。たまに使わない主義の方も居るので、そのあたりは相手を普段からちょっとだけでも観察してみるようにしてみて下さい。

・ケーキ

本命の学生か社会人に

本命の学生か社会人に

ホワイトデーのお返しに確実にもらってうれしいものといえば、ケーキです。学生の方であれば、学校で1日中保管しておかないといけないという点を考えると、本命や彼女で家に招く機会があったりする場合にお返しするようにしましょう。もしくは職場などであれば、冷蔵庫で保管しておいて、食後やデザートタイムくらいにホワイトデーのお返しですがと良いタイミングで出すと、気の利くイケメンという認識に変わるかもしれません。ちょっと冗談が過ぎましたが、ケーキがそういった場合のホワイトデーにもらってうれしいものというのには間違いありません。

・返事(本命の方)

しっかりYESかNOかだけはしておきましょう

しっかりYESかNOかだけはしておきましょう

本命でチョコをもらった方はこれを忘れていないでしょうか。もしくは恥ずかしいと思いすぎて引っ込み思案になってないでしょうか。気持ちなどは筆者も告白をしたことがあるだけに、かなり分かっているつもりです。もし、本命でもらっているのであって、好きという感情があるならばしっかりとこの返事というお返しは忘れないようにしてください。反対に告白しなくてしばらくの後悔になってしまったという方も居ます。最後の最後で余計なお世話なことを書いたかもしれませんが、曖昧にはしないようにしてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告