チョコレートの食べ過ぎで太る本当の原因【知らないと怖い】

スポンサーリンク

チョコレートを食べていると、ふと思うのは食べ過ぎて太るのか太らないのかといった疑問が浮かぶと思います。答えは想像の通り、食べ過ぎで太ります。しかし、なぜ食べ過ぎるのかということを知っておかないと、中には怖い思いをしてしまう方も居ます。そんなことから、今回はチョコレートの知られざる裏側を探っていってみましょう。大げさに書いているように見えますが、食べ過ぎることによって起こる大半の方が知らない事実ばかりを書いております。

知ると知らないでは大違い

知ると知らないでは大違い

チョコレートの食べ過ぎで太るのは依存

説明の前に、まずはこんなに偉そうなことを書くんだからそれなりの信憑性はあるんだろうなと思われる方に、それなりの体作りや経験からも語れるよということで、最近の自分の肉体画像を貼り付けておきます。そういうのも、これらの検索キーワードで調べても、大抵どこぞのおじさんおばちゃんが書いたような記事で、個人的にあんまりではないかと思う検索結果だったからです。だからこそ、せっかくたどり着いて、真剣に呼んで頂く方に向けてまじめな情報を信憑性と共に提供したいと感じました。

筆者の最近の体

筆者の最近の体

さて、チョコレートを食べ過ぎることによって太るのは、カロリーだけでは語りきれないものがあります。もちろん、自分の体や体重や運動量に応じてですが、チョコレートを自分が処理できるカロリー以上に摂取すると太ります。そんな当たり前のことは誰でも知っていると思うので、食べ過ぎによってあなたに何が起こるのかということを書いてみると、見出しの通り依存が起こります。まず、当たり前のように食べている炭水化物ですが、日本人は特にこれに依存している傾向にあります。必須栄養素であり、食べないといけないみたいに学校では教えられますが、はるか昔は米やパンや甘いものなどめったに手に入らず、基本的に肉食でした。そして、糖分を摂ることによって、血糖値が上がりますが、これが上がっている間は楽しい、頭が回るなどの一時的な効果がありますが、これが下がることによって、眠い、お腹減ったなどの原因になります。知らず知らずのうちにこれに依存しており、やめようとしても断ち切ることが出来る方は少ないです。実際にパンやご飯や麺を今すぐやめろといわれても難しいと思います。チョコレートの食べ過ぎの話とかけ離れてしまいましたが、まずはこれらが食べ過ぎて依存を引き起こして太る原因です。

もう1つありまして、チョコレートにはカカオが含まれており、そこには様々な成分が含まれております。一部にはお薬として使える成分も入っております。これらを食べ過ぎるとどうなるかというと、もちろんお察しの通り依存を引き起こします。それによって、これがないと落ち着かない、頭痛がする、イライラするなどの症状を体験する方も居ます。これによって、さらにチョコレートをドンドン食べてしまって、結果的に太る原因となっております。

もう1つのチョコレートの食べ過ぎで太る理由

他にもチョコレートが太る理由はあります。それは油と糖分の組み合わせです。世の中のおいしくて太るものの大半が、油と糖分の組み合わせでおいしく感じます。ケーキやラーメン、カレー、お好み焼きなどはこれらの代表的な組み合わせです。仮にどちらかだけを摂取すれば太りづらいです。それが、チョコレートにはまず脂肪分が含まれており、脂肪は油のことなので、潤滑剤のような働きをします。そして、血糖値を上げる糖分がダイレクトに体内に運ばれて血糖値は急上昇します。その結果、食べ過ぎることによってジャンジャン体に必要以上の成分が送り込まれるので太ることになります。

しかも、これらの組み合わせはカロリーの割りに摂取しやすいです。200kcal、300kcalをチョコレートで摂取しようと思えばかなりたやすいですが、これらがキャベツやこんにゃくとなると恐らくお腹が裂けるのではないだろうかという勢いで食べなければこれらのカロリーを摂取することが不可能です。チョコレートは食べやすく、結果的に食べ過ぎを引き起こして、太るという表現が一番しっくりくるかもしれません。

チョコレートを食べ過ぎないようにするのが太るのを防ぐ

チョコレートが悪者みたいに書いてきましたが、適度に摂取するのであればチョコレートはさほど太る原因にはなりません。ただ、前述のような糖分や薬効成分による依存を引き起こして、食べ過ぎるから注意しておきましょうというお話でした。出来る対策としては、なるべく何かで先に低カロリーのもので、お腹を満たして食べるという方法も良いかなと思います。

憶測ですが、チョコレートを食べる前に卵や肉類を摂取しておくのも空腹時に比べて良いと思います。空腹時に食べると、薬効成分がかなり体に入り込みすぎて、チョコレートが異常においしく感じたりします。ところが、たんぱく質類を摂取しておくことで、吸収を穏やかにしたり、阻害したりするので良いのではないかなと個人的に考えました。現に、牛乳で飲まないでくださいというお薬もあります。他、漂白剤の誤飲などをしてしまった時に速やかに牛乳や生卵を飲むというような対処法もあることから、それだけ成分の吸収を阻害するのではないかなという勝手な憶測です。完全に防げるわけではありませんが、食べ過ぎて依存を引き起こしにくくはなるかもしれません。

そんなこんなで、依存をなるべく引き起こさない食べ方をするようにしてください。

※追記
憶測だけで終わらせるのも何だか責任感がないので、調べてみたところ、ある程度のやり方や考え方は合っている文献を見つけることが出来たので、記述はそのままにしておきます。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告