バレンタインは義父に渡す?おすすめなものは?

スポンサーリンク

もうちょっとでバレンタインに入りますが、既婚の方は義父へもバレンタインにはチョコレートなどを渡すのかという疑問があると思います。それについてまずは、筆者が行っていることや、実際の世の中の考え方を解説してみたいと思います。これには正解不正解はないので、どのようにすべきなのかはお読みいただいた上で最終的なあなたの判断になります。今回はそれを確たるものにするために、お読みいただければ幸いです。

迷っている方への後押し

迷っている方への後押し

バレンタインは義父に渡すか渡さないか

まずはこれに一番迷ってしまうと思います。バレンタインに義父に渡すかどうかは、多くの場合は家族とのお付き合いの状況から決めている方が多いです。あまり仲良くなければあげないというような感じです。至ってシンプルな解決策でもあります。反対に、バレンタインになれば、普段仲良くしてくれているお礼にと渡す方も居ます。世の中の、義実家との事情を考えてみると、全てが仲が良いというわけでもなく、筆者の家庭もその例外ではありません。そんなことから、誕生日ならばまだしも、バレンタインは義父には渡しておりません。他にも、一回贈るとすれば毎年贈らなければいけなくなったり、好みのものを選ぶのが難しかったり、そもそも渡すのは不自然であるという見方もあります。筆者もこれには概ね同意です。また、旦那に兄弟が居たら、それはそれで気まずくなってしまうので、それらを総合した結果で考えてみるのも良いです。また、それらを考えた上で、義母がやきもちを焼いてしまうこともあるので、ちょっと注意が必要です。

それらの注意点の細かいところを書いていますが、面倒だなと思えば、最後の方まで読み飛ばしてみましょう。

ただ、バレンタインに渡すとすればの話ですが、そのチョコレートは義理の意味合いを含みます。そして、世間ではこれからもよろしくといった意味合いで渡すことがほとんどなので、そういった意味を含めてさらに仲を深めたり、これから仲良くしていきたい方であれば、渡してみるのもOKなのではないかなと思います。また、義理といえど娘からバレンタインをもらうのは憧れている方も居ますので、それに該当しているかどうかなどにもよるかもしれません。こればっかりは、実際に贈ってみたり、旦那に聞いてみないと分からなかったりするので、前もって調査しておきましょう。

バレンタインを義父にあげるならどんなものがいい?

さて、実際にバレンタインに義父に何を渡すのか、実際に世の中どんなものを渡しているのかと疑問になると思いますので、筆者の周りや調べてみた結果、どれくらいの予算を使っていて、どんなものを渡しているのかまとめてみます。まずは予算的なものですが、金額としては300円~3000円くらいと、結構値段の幅は広いです。そして、あげるとしたらどんなものを渡すかというと、これらは様々なので、ざっくりと紹介してみたいと思います。

・おつまみ

定番ではありますが

定番ではありますが

まずは、義父へのバレンタインで甘いものが好物かどうか分からない場合は、おつまみです。これが最も渡されている傾向にあります。おつまみと簡単に言っても、いくつかあるので、実際にどんなものが大好きなのかは前もって旦那を通して調査しておきましょう。ギフトなどを贈る手もあります。個人的におすすめなのが、瓶詰めだと日持ちもしたり、ご飯のお供にしたりすることができるのでおすすめです。

・チョコレート

モロゾフはおすすめですよ!

モロゾフはおすすめですよ!

義父へのバレンタインは甘い物好きであれば、もちろんチョコレートがいいです。おすすめのメーカーはモロゾフだと、あらゆる値段で販売してくれていて、昔からあるメーカーでもあるので、もしかすると義父も食べ慣れた味かもしれません。また、案外これがいいおつまみになったりすることもあるので、飲むことが大好きな義父であれば、バレンタインらしくチョコレートをプレゼントしてみましょう。

・飲み物

体調の兼ね合いで

体調の兼ね合いで

一番安定しているのはやはり、飲み物系です。自宅でもっぱら飲むことが大好きな義実家であれば、きっと喜んでくれるはずです。この場合、ちょっと予算が高くなるかもしれませんが、安定して喜んでくれるという傾向にあるということが、筆者の調査により分かりました。ただ、この手の飲み物を制限しているのであれば、あえて健康的になれるように野菜ジュースを送ってみたり、栄養ドリンクだといいかもしれません。このあたりは臨機応変に行ってみましょう。

・その他のスイーツ

義母も一緒に

義母も一緒に

義父が本格的に甘いものが大好きなのであれば、バレンタインはチョコレートではなく、和菓子だったり、ケーキだったり色々です。その際、義実家に寄るのであれば、義母も一緒に食べることが出来るようなケーキがおすすめです。前述したように、義父だけに渡すとなると、やきもちを焼かれたり、仲間はずれになっている感じがあるからです。

・コーヒー

ハズレなし!

ハズレなし!

特におつまみも好みではなさそうだし、飲みもしないというのであれば、コーヒーがおすすめです。毎日飲むものであるご家庭も多いので、ハズレになってしまう心配もありません。あまり冒険した味やメーカーを選ばずに、本当に飲みなれたものか、胃の調子がよろしくないような義父であれば、オーガニックのものを選んであげるといったような工夫をしてみましょう。比較的オーガニックであれば、胃に負担が少ないという方も多いです。

・メッセージ

心のこもったメッセージもいいですね

心のこもったメッセージもいいですね

バレンタインにあまり予算が出せないというご家庭もありますので、そんなときにおすすめのバレンタインギフトはメッセージです。業務連絡は山のようにもらっている義父でも、心のこもったメッセージをもらうと、何よりも価値を感じることだと思います。言ってしまえば、ここまでに書いたものなど、義父くらいの年齢になれば、もう食べまくってきたと思います。その上、自分で買うことも出来るはずです。

義父へのバレンタインギフトの渡し方やメッセージ

ある程度の義父へのバレンタインに渡すものが決まったところで、実際の渡し方について悩んでいる方が多いので、それを解説してみたいと思います。絶対に言って欲しいことがあるのですが、普段の感謝の気持ちであることと、義母と一緒にどうぞという言葉は忘れないで下さい。義父「だけ」に渡すというのは、その後のイベントなどを考えても、どの道義母が仲間はずれになってしまう可能性があります。そんな状況に置かれていい気分はしないはずなので、あくまでも義母も一緒にということを添えておきましょう。

結局のところバレンタインに義父にあげるからはあなたの気持ち

結局のところ、色々面倒なことがあると思いますが、バレンタインに義父に渡すかどうかはあなたが、普段義実家に対してどう思っているかです。仲良くしているのであれば、ちょっとしたものをバレンタインに義父にプレゼントするというのは良い選択肢です。実際に、帰省ついでに渡してあげると、仲が良いのであればきっとよろこんでくれるはずです。あなたがどう思っているかということを大切にして、義父へのバレンタインをどうするかは決めてみましょう。

超円満に渡す義父へのバレンタインの裏技

さて、ここまで書いたことは色々考えなければならなく、正直めっちゃめんどくさいです。おまけに、義母からのやきもちや、義父が甘いものが好きかどうかも分からないかもしれません。そんなときにおすすめの裏技があります。それは、あなたに娘が居れば、そこからのバレンタインだということにしておきましょう。これで、義父の顔がデレデレしたとしても、あなたに矛先が向かうこともありません。むしろ、義母もニッコリしてくれることだと思います。筆者は今こそバレンタインは義父に渡していませんが、娘が贈りたいという言葉をきっかけに渡させてみましたが、そのときの喜びようは凄かったです。孫の力は嫁よりも偉大です。どの道喜んでくれるならば、それでOKです。

そこからしばらくして、娘にもちょっと恥かしい感情が芽生えたのか、渡すことはなくなりましたというオチがついております。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告