バレンタインの先生への渡し方や注意!迷惑なこともある?

スポンサーリンク

バレンタインを先生に贈ろうと思っている方に向けて、そもそも先生にバレンタインを渡していいのかどうかということや、その際迷惑に思うか、注意することはあるか、渡し方などを元教師が書いていきたいと思います。また、あまり考えたくはないことですがちょっとした勘違いが起こってしまうこともあります。バレンタインというものは簡単な用で難しい部分もありますので、これから先生に渡そうと思っている方はしっかりと詠んでみてください。

考えるべき点はたくさんあります

考えるべき点はたくさんあります

バレンタインを先生に渡そうと思うけど迷惑?怒られない?

一番にバレンタインを先生に渡そうとして、怒られないのか、迷惑なのかといった気持ちになると思います。怒られるかどうかについてですが、バレンタインなどを含めて何かしらのチョコレートやプレゼントを贈るというのは感謝だったり、何かしらの好意を伝える気持ちです。それがうれしいと思うので、先生も私物は学校に持ってくるなとは普段言うものの「ありがとう」とバレンタインのプレゼントを受け取ってくれると思います。実際に筆者が臨時ではありますが、先生のようなものをやっており、そのときにバレンタインをもらってうれしかった覚えがあります。

そして、先生へのバレンタインのを渡すのがそもそも迷惑なのかということですが、これは実は人によりけりです。大人の事情もあり、かなりげんなりするようなリアルな事情を書きますが、先生でも今月はお財布がピンチだということもあります。そんなときにバレンタインを貰うとうれしいけど迷惑かなと思われたり、先生がちょっと潔癖症タイプであれば手作りのバレンタインチョコなどは迷惑だったりするかもしれません。ただ、いずれにせよバレンタインは恋愛のありなしどちらの場合でも、好意であることは間違いありませんので、気持ちそのものが先生にとっては迷惑どころかうれしいと思うことがほとんどなのでご安心ください。

バレンタインで先生に手作りするならちょっと待った!市販のがいいぞ!

先生に向けてバレンタインで手作りをしようとちょっと意気込んでいる女の子はこの世の中に多いかもしれません。気持ちとしては先生としてはこれ以上ないありがたさではありますが、そもそも先生が綺麗好きかどうかというところがポイントです。先生だけではなく、世の中にはバレンタインで友達関係の義理チョコだったりすると、手作りは重く感じたり、ちょっと汚いと思う方も居るようです。筆者も実はそれに当てはまるタイプで、たまに手を洗わない人などが居ますが、そういった人を見かけたりそんな方から手作りのものを貰うとなれば、これは衛生面的に大丈夫かなと思ったりします。今回渡す先生がどんな方は筆者は分かりませんが、基本的にそういった面を考えると、手作りというよりは市販のチョコを渡すことをおすすめします。買うとしても、大体多くとも200~500円程度くらいのものにしておきましょう。先生がお返しするときもしやすいからです。

嘘だろ・・・!?バレンタインで先生の勘違いやその他の注意

先ほどのバレンタインは先生に対して手作りにするかどうかということなどを踏まえて、先生の勘違いなどもあるのでそういったことを紹介してみたいと思います。特にあなたに先生に恋愛感情などがないのであれば、手作りにすると本当に稀で0.03%くらいの確率くらいかもしれませんが、この子は自分に対して気があると勘違いする方も居ます。筆者の学校で、よりによって手作りで渡してしまって、先生も恋愛経験が少なくて女の子はそんなつもりじゃなかったのにというような双方得をしないような出来事がありました。先生でも、恋愛経験に関してやり手の方も居れば、まじめすぎるぐらいの学生時代を過ごしてきて、そういったことに変に反応してしまうこともあります。そのあたりだけは注意してください。また、それ以前の話ではありますが、チョコが好きかどうかは前もってチェックしておきましょう。

また、そもそも学校の先生へ本当の意味で好きという感情をバレンタインを通して伝えたいと思うかもしれません。その気持ち自体は先生にとってもうれしいものだとは思いますが、何にせよ学校です。もし、そこで告白してOKでもNGでもですが、生活中変に意識してしまったり、周りに勘付かれやすくなります。それどころか、最悪の場合先生が学校を辞めなければならなくなるので、好きという感情を伝えるにしても、卒業シーズンくらいにしておきましょう。めでたくカップルになっても、卒業後の方がそれなりに自由度も高いです。

バレンタインの先生への渡し方

そんなこんなの注意点を踏まえ、先生へのバレンタインの渡し方を紹介してみたいと思います。

・メッセージをつけて
一番心がこもっているのが、メッセージをつけてです。特に女の子だと長文にして色々と伝えたいと思いますが、先生が男性であるならばむしろ長文であればあるほど理解しにくくなってしまいます。男の筆者が言うのでこのあたりは信じてください。また、重いと感じることもあります。そんなことから、なるべく書きたいことは短文で、1~2行くらいがベストです。長すぎると良くも悪くも一瞬「ドキッ」としてしまうこともあります。何にせよメッセージをつけることは、渡し方の1つとして覚えておきましょう。仮にリサーチ不足でチョコが苦手だったとしても、手紙があればかなりうれしかったりするものです。

・これからもよろしくお願いしますと一言!
バレンタインといえど、まだまだお世話になる期間があると思います。そんな場合はこれからもよろしくお願いしますと一言でいいので伝えておきましょう。バレンタインに先生に渡すのであれば、これがシンプルです。それでいて、大人の渡し方でもあります。総合的に見て、先生が結構うれしい渡し方なのかもしれません。とにかくよろしくの一言でなんとかなります。

・机の上に置く
たまたま先生がバレンタインで欠席していることもあるかもしれません。そんな場合には机の上に置くというようなこで十分です。毎年のことながら、先生にバレンタインを渡す方でどこかではあることなので、覚えておいて損はありません。机の上にメッセージをつけておいておくということがあれば十分です。

・いつもありがとうございます!
これは先生として言われたら一番うれしいことだと思います。「ありがとう」の気持ちを伝えるのが日本におけるバレンタインの主な考え方です。声に出してありがとうと一言でもあれば、先生は単純に教えてよかったと思ったり、心の底から温まれると思います。筆者も一番これがうれしかった覚えがあります。ちょっと贔屓すらしてしまいそうな勢いです。メッセージをつけるにせよ、何にせよ、真剣に教育する先生であれば「ありがとう」の気持ちと言葉があれば十分すぎるくらいです。こちらこそありがとうとなります。

・ハッピーバレンタイン♪
ちょっと軽めな勢いで渡したいのであればハッピーバレンタインといいながら軽く渡すというような渡し方も良いです。あまりかしこまりすぎると、先生によっては重く捉えてしまうこともあるので、ある程度軽い雰囲気を出してくれた方が受け取りやすいです。特別な感情があってもなくてもですが、なるべく受け取りやすい状況をセッティングしてあげるのがマナーです。とにかく受け取りやすければ「先生バレンタインだよ~!」、「おぉ~!ありがとう!」というような軽いノリであれば言葉は問いません。

・お返し楽しみにしてます!
あんまり本気で言い過ぎるとドン引きしてしまうので、普段冗談が言えるキャラクターの方が言うのであれば、ベストです。本当に冗談風に伝えるのが良いです。ただ、ある程度冗談が言えるということは、それなりの仲だと思うので、そんな感じの渡し方も良いのかもしれません。何を書いているのか分からなくなってきましたが、とにかく冗談風にこの言葉が言えるならば渡し方としてはありだと思います。本気すぎる目線で言わないようには気をつけてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告