義理チョコで100円以下のおすすめをピックアップしました【2018】

スポンサーリンク

そろそろ義理チョコを配るバレンタインというシーズンがやってきますが、100円以下のものがないかとお探しの方に、こんなものがおすすめだよというものをジャンジャン紹介してみたいと思います。紹介する一部の義理チョコについてですが、100円以下ではないものも実はあります。理由としては、ばら撒き用をお探しの方であれば、そちらを小分けにした方が100円以下の義理チョコになり、そちらの方が賢いと判断したからです。そんなこんなで気になるチョコレートを見つけてみてください。

ばら巻きにぴったりなものもあります

ばら巻きにぴったりなものもあります

100円以下の義理チョコ特集【2018】

・一目で義理と分かるチョコ

一目でわかります

一目でわかります

こちらは100円以下の義理チョコとしては、案外人気が高いものです。大人数に配るのであれば、ネットで箱買いすると100円以下どころか、市販より安くなることもあるようです。運んでくれたり受け取ったりの手間を考えれば、コンビニやスーパーなどで探した方が早いと思います。すでにパッケージにも義理と書かれているので、もしかすると勘違いされてしまうのではないかという場合にもぴったりです。何よりも元がブラックサンダーでもあり、日本どころか世界中で人気になってきているので、2018年の義理チョコはこれに決定しても良い勢いです。

・うまい棒バレンタインチョコ

うまい棒ファンにはおすすめ

うまい棒ファンにはおすすめ

バレンタインらしく綺麗にパッケージが生まれ変わったうまい棒のバレンタインチョコフレーバーのものですが、こちらも100円以下の義理チョコやばら撒きとしてはかなり便利なものです。1個あたり数十円程度の価格なので、何個か上げることも出来ます。大人にも人気な傾向があり、こういったものの方が受け取りやすいということから、2018年の義理チョコの人気度としてはかなり高めです。中には大ファンも居るくらいなので、うまい棒とあなどらずに渡してみましょう。筆者の職場でもこういったやりとりがありました。何より手軽です。

・ミルクチョコレート

むしろそのまま渡す人も

むしろそのまま渡す人も

こちらは言わずもがなスーパーに並んでいていつでも買えるチョコレートで、もちろん100円以下です。そんなお手軽さだけに、あまり気を使いたくない相手への義理チョコとしてそのまま渡すケースも増えてきているようです。溶かして作ってラッピングというだけでも、それなりの手間がかかってしまいます。労力の割にということで、本命ならまだしも義理に時間を使いたくない方も多いと思います。しかし、義理チョコを渡さないのも味気ないという場合にはこれです。

・チョコケーキ

手作り風を演出

手作り風を演出

100円以下でも個人的におすすめなのが、こちらのチョコケーキです。というより、そのまま出してちょっとラッピングしただけでも気づかれないくらいの義理チョコでした。ラッピング代を含めても100円以下となるので、いろいろな意味でおすすめです。聞かれてもそのままじゃ味気ないから工夫してみたくらいに言っておくと、別に何も言われることもありません。ちょっと手作り風にしたいならば、こちらのチョコケーキを今年はラッピングしてみてはいかがでしょうか。本気でおいしかったと言ってくる方も居るのでちょっと複雑な気分にはなってしまうかもしれません。

・サッカーボールチョコ

GOOOOAL!!

GOOOOAL!!

大人数やばら撒きに配る義理チョコならばこちらのものを購入することで、自分である程度金額を設定することも可能です。仮に職場だったとしても、あえてこの程度のクオリティのものを配るとあんまり鬱陶しいとも思われないのでおすすめです。100円以下どころか、10個程度入れても90円くらいのものです。色々食べていて懐かしい気分にもさせてくれます。もう少し配る人数が多ければ他のものとアソートにしても喜ばれるかもしれません。筆者ももらったことがありますが、懐かしい気分になりました。

・チョコマシュマロ

おててが汚れません

おててが汚れません

案外喜ばれる100円以下の義理チョコがこれです。軽くラッピングしたとしてもコストは100円以下にギリギリ収まります。いろいろな意味で義理チョコです。冗談はさておき、手を汚さずに食べることが出来るというのがこちらのメリットで、手作りにするよりもはるかに安くつくのでおすすめです。味は値段なりになっておりますが、それでもおいしい部類かなと個人的に感じております。特に会社となると、おやつ代わりに食べるとしてもチョコだと手がべたついてしまいますが、こちらの方が手が綺麗なまま食べることが可能です。

・いちごショートチョコ

あたりつきをギャグ要素に

あたりつきをギャグ要素に

ケーキという名前がついているだけでちょっとわくわくしてしまう義理チョコです。もちろんスーパーなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか。見た目の可愛らしさに筆者も何回か買ってみたことがあります。あたりがでたらもう1個と書いてあるので、実際に当たりの方にもう1個配るような冗談をかましてみることで、学生でも大人でもかなり盛り上がります。100円以下の中ではちょっとワクワクするチョコレートかもしれません。フレーバーも値段の割にはちょっと上品な味になっているような気がします。

・メッセージハートチョコレート

目上の人にぴったり

目上の人にぴったり

義理チョコでハートの類は避けたいところですが、唯一の例外としてはこれです。パッケージがあってこそ成り立つもので、100円以下の中では比較的バランスが取れていて優秀なものではないかなと思います。そのまま1つ気軽に取ってもらっても良いと思います。職場であると、普段の上司への感謝の気持ちとして配るのも良いかもしれません。仮にこれでお返しがなかったとしても大丈夫なくらいの値段です。もっと義理な感じを出したいのであれば、「お世話になってます」などのバリエーションもあります。

・パンダチョコ

他の動物もあります

他の動物もあります

パッケージもパンダの形になっており、とても可愛らしい義理チョコです。実際に食べるとしても、手にチョコレートが付着しないように作られているので、綺麗好きな方にとっても安心して受け取れる義理チョコです。1つあたりのコストはもちろん100円以下で、あげる量が決まっている方はこちらのものがおすすめです。味については可もなく不可もなくといった感じです。猫やウサギなどのバリエーションもあるので、好きな動物のものを渡してあげるとさらに喜んでくれるかもしれません。筆者は犬が好きなので、そちらのバージョンが増えたら嬉しいなと思います。

・お札チョコレート

ネタチョコ

ネタチョコ

ちょっとこちらはギャグ要素を持たせたいときにはぴったりの義理チョコです。筆者は今年の給料は期待してますぜということで、経営者に配ったことがあります。もちろん、冗談が伝わらないとどぎついギャグになってしまうので、自分のキャラと相談して渡すようにしてみてください。それはともかく、普通にラッピングして配っても比較的冗談が通じやすい男性ならば笑ってくれることも多いです。微妙なリアルさがたまらないです。

・フルーツチョコレート

安くておいしい

安くておいしい

義理チョコでたとえ100円以下でも味は妥協したくないというのであれば新宿高野のこちらのチョコレートです。食べていてフルーティーな味が癖になる方が多いです。こちらのメリットとしては、ばら撒き用にいくつも買わないで良いのがおすすめなところです。そういうのも、全部同じデザインだと味気ないですが、こちらはフレーバーによって味が違っていたり、100円以下にしては上出来の見た目なので良いなと思います。とにかく安くておいしい要素を義理チョコに求めている方には一番おすすめです。いと判断したからです。そんなこんなで気になるチョコレートを見つけてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告