バレンタインにもらえない息子を見たとき親はどうすればいいか

スポンサーリンク

もうバレンタインのシーズンになりました。毎年一定の親御さんが抱える悩みといえば、バレンタインにもらえない息子を見たときです。息子がもらえない姿を見ていると、学校ではあんまり女の子に人気がないのかなと感じたり、自分までもちょっと気が滅入ってきてどうしようと思っているかもしれません。自分はまだしも、息子にはどうやって対応すればいいのかと悩んでいるかもしれませんので、そのあたりについて紹介してみたいと思います。ある程度子育てを終えた母サイドからのアドバイスとしてお読みください。まずは、リラックスしたような気持ちで読んでみてください。

まずあなたがポジティブになる!?

まずあなたがポジティブになる!?

バレンタインにチョコをもらえない息子をみてあたふたしない

まず、大前提のお話ではありますが、バレンタインにもらえない息子を見て、親までも不安になったり、戸惑っていてはいけません。特にあなたがお父さんではなくお母さんの立場であればなおさらそうなのです。筆者の体験談も交えてお話しますと、筆者は女ではあり、お母さん立場ではあるのですが、やはりお母さんの影響というのはものすごくデカいです。男の子にせよ女の子にせよ、大半はお母さんの考えで育つことになります。そして、何かにおびえたり不安になったりするタイミングまでもやはりお母さんそっくりになってしまうのです。話をバレンタインに戻しますが、バレンタインでもらえない息子を見たあなたが何らかのネガティブな感情を持ったとすれば、息子はそれに対して罪悪感すら持ち始めます。「バレンタインにもらえないのはいけないことなんだ」とすら錯覚してしまうかもしれません。なので、親のあなたがまずは、しっかりとドーンと構えてあげましょう。他の質問サイトでも似たようなコンテンツなどが出揃っていますが、大半は親がネガティブすぎる思考です。息子は男の子なので、もっと男の子らしい心を母親が持たせてあげると良いかもしれません。子育てに正解はないので、これはあくまでも一例です。

バレンタインでもらえない息子は女の子ウケしていない?

バレンタインで息子がチョコをもらえないと、女の子に人気ないのかなと思ったり、実は友達あんまりいないのではと思うかもしれませんが、そうでもありません。特に小学生や中学生程度であれば、どちらかというとノリで渡す友チョコあたりの意味合いが大きいです。あなたが女性ならば、自分が小学生のときどんなことをしていたかな、周囲の女の子はどんなことをしていたかなと思い出してみてください。この子が本命だから私はバレンタインにと渡す方はさほどいないことに気づけたのではないでしょうか。仮にこれが高校生となってもですが、大半は義理チョコでもらえない割合は実に半分以上です。なので、あなたの息子がバレンタインにもらえないのは特別なことでもなんでもなく、ありえる話です。そして、大学生くらいの年齢になるとですが、大半はこのチョコの受けたわしに飽きてきており、むしろうんざりしている方も居ます。特にお読みのあなたが会社にお勤めであれば、義理チョコにそろそろうんざりしているのではないでしょうか。話が飛躍してしまいましたが、バレンタインになってもチョコがもらえない息子は別におかしい話ではないということをまずはお伝えしたいです。

バレンタインにもらえるかな、もらえないと落ち込んでいる息子への対処法

バレンタインにもらえるかなと不安そうにしている息子を質問されればどうすればいいのかと悩んでいるのであれば、解決策はかなり簡単です。冒頭で書いたようになるべくポジティブな回答をしてあげましょう。そう言われたって、どうすればいいのかと思うのであれば、「気にするな」くらいのあなたなりのニュアンスで伝えたらいいのではないのかなと思います。これは聞かれた場合のみで良いです。たまに聞かれてもないのにアドバイスしてしまう方がいますが、これまた多感な息子の心を傷つけてしまうので注意しておきましょう。

バレンタイン当日になるとあなたまでソワソワしてしまうかもしれませんし、してしまっても当日息子にもらえたのかもらえないのかと聞かないようにしましょう。子供にもプライドがあるので、それを傷つけてしまうことになります。そして、小学校4年生以下くらいならば、バレンタインにお母さんからもと渡すかもしれませんが、それ以上になって渡すというのはやめておきましょう。理由としてはそろそろ反抗期を迎えるシーズンです。親からの自立の第一歩を息子なりに頑張っています。そういったとき、親からバレンタインのチョコレートを渡されるとうっとうしいというよりは、ちょっと複雑な気持ちになるのです。哀れまれているといいますか。

なので、ある程度の年齢になったならばバレンタインにもらえない息子を見ても放置しておきましょう。親は「あ~。バレンタイン?そういやそんなシーズンだねぇ」くらいにしておきましょう。あれこれと特にお母さんサイドが口出ししてしまうと、子供の成長を邪魔してしまうことにもなります。しかも細かいことばかり考えるかもしれません。ある程度親なしでも考える力というのは必要です。息子が40歳にもなってお母さんなしでは生きれないなんてなっては困りものです。

ところどころ話が飛躍してしまいましたが、とにかくバレンタインにもらえない息子の気持ちが何より大切です。このあたりは一度、あなたがお母さんであれば旦那や実の父にバレンタインのときにどんな気持ちになるかと相談してみたりしましょう。息子の心というのは思った以上に繊細です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告