お年玉がもらえない方に大人の事情を教えましょう

スポンサーリンク

毎年のことながら、お年玉をもらえる方も居れば、もらえないという寂しい思いをしている方まで居ます。今回はお年玉がもらえない方、特に小学生、中学生、その親御さん達にどのような考え方をすればいいかということについて2パターンで紹介してみたいと思います。自分に該当している部分を読んでみて下さい。特に学生に伝えるにはちょっと早すぎるかなと思いますが、お年玉に限っては結構大人の事情が入っております。まだ未成年の方にとってはちょっとビックリする事情もあるかもしれません。

複雑な気持ちの方へ

複雑な気持ちの方へ

お年玉がもらえない子供達に現実を教える【子供向け】

お年玉がもらえないという小学生、中学生、高校生などの子供に向けて、まずは書いてみます。他の友達はもらえているのに何で自分のところはもらえないのだろうかと考えている場合は、これはあなたの親と伯父さんや叔母さんが一緒に決めているということもあります。その理由にはいくつかありますが、具体的なことを書いてみると、親戚に子供が居なかった場合には一方的に親戚があなたにばかりあげるという形になってしまって、あなたの親としても受け取るにはちょっと遠慮してしまうのです。そいうことから、お年玉がもらえないというようなことになっています。そうではなく、親戚に子供が居たとしても、お年玉がもらえないとなれば、それはあなたの親と親戚が落とし玉はもったいないからやり取りはなしにしようねと決めています。ちょっとケチくさいなと思いますが、このあたりは自分のお金を稼ぐようになってからそういうことだったんだなと分かることです。大人になってもそれが嫌だったりするのであれば、あなたが未来を変えていきましょう。

また、その他の大人の理由としては、単純にお年玉がもらえないのはお金が無いという方も居ます。大人になればそれなりにお金を持っているように思えますが、実はそうでもありません。これには子供の時に勉強を頑張っていなかった、病気があるなどの理由がありますが、そんなこんなの大人の事情でお年玉がもらえないというようなことになっています。

今は筆者は大人ですが、あなたと同じように子供の時には親戚からお年玉はもらえないというようなことがありました。ちょっとケチだなと思ったり、寂しい思いをしたことがありますが、それはそれで仕方の無いことなのかなと大人になった今は割り切れております。ここからは大人向けの解説記事なので、あなたが子供である場合は読む必要はありませんが、大人の事情を知るという意味でも、あえて読みすすめてみてもいいかもしれません。

お年玉を子供にもらえない方へ【大人向け】

例えば相手の夫婦や両親、義理の両親などから、こちらの子供に対してお年玉がもらえないということもあるかもしれません。そういった場合、どのようにしていけばいいのかというと、相手に子供が居ない場合は単純にそれで納得するしかありません。向こうもあげてばっかりだと、なんとなく損をしているような気分になったりもする方も居ます。ありがとうという気持ちだったり、お礼なので損という考えもおかしいかもしれませんが、実際にそういった考えの方も居ます。それでも納得できないというような場合は、相手にお金を渡して子供にあげるようにと形だけでも渡してもらうような対処法だと、自分の子供もお年玉をもらえないと新年にテンションが落ちなくてすむかもしれません。

また、単純にお年玉のやり取りというのはお金のやり取りです。いくら兄弟でも話し合うのは遠慮してしまうというようなこともあるかと思います。だからこそ、あえてお年玉はあげないし、くれないでいいよというような意思表示をしている場合もあります。相手がそう固く決めているとすれば、恐らくお年玉は今後も、もらえない可能性があります。

このあたりは実際にお金のことを喋るのはちょっと気が引けるなという場合に、あえて行動に移している方もこの世の中少なくはありません。お年玉だけではなく他のパターンに当てはめてみてください。仕方なくそうしている場合もあるわけです。そういった場合に限っては、お年玉をくれないならばあげないというようなスタンスで行っても良いと思います。このあたりはうまく相手の意思も汲み取ってあげることが必要です。

ただ、そうなると自分の子供はお年玉がもらえないと新年から嫌な気分になるかもしれません。そういった場合は、毎年のことながら自分の子供に親があげるもんだという風に家庭の方針を変えていくのも良いです。もしくは、すでにあげているなら多めに渡すなどです。もったいないと思ったとしても、どの道お年玉を自分の子供以外に渡す必要があればやり取りするお金でもあります。

最後に世の中はお年玉をくれないならどうしているのかと気になるかもしれませんが、お年玉をくれないならあげないというようなシンプルに行っている方がやはり世の中に多いようです。相手も必要性を感じていなかったり、何かしら常識が無いポイントもあるので、そういったことをしても粗方は認めてくれるし、大丈夫だと思ってくれるからです。それで怒ったらワガママにも程があると思いますし、シンプルな解決策で筆者も良いと感じております。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告