正月の雰囲気が嫌いな人は注意しとけ【解決策】

スポンサーリンク

正月の雰囲気は好きでしょうか、嫌いでしょうか。筆者は嫌いどころか、大嫌いです。イライラ、不安、焦り、寂しさ、様々な感情が織り交ざります。でも正月の雰囲気くらいでなぜ自分のメンタルは左右されるのか、これをうまく解決する方法はないのかと考えている方に解決策を紹介してみたいと思います。実はそういった方に限って、肩こりや頭痛なども併発しやすくなっています。これは正月に限らずの話ですが。それでは本題を書いていきます。

見るだけでもうんざりしそうな画像ですよね

見るだけでもうんざりしそうな画像ですよね

正月の雰囲気が嫌いな理由をしっかりと解説します

さて、正月というと、周りが慌しかったり、親戚づきあいだったり、交通においてもどこか皆イライラしてたりします。そんな正月の雰囲気が嫌いなのはなぜだろうかというと、実は軽いうつの症状に入っています。これが慢性的に続けばうつ病になったりもしてしまいます。恐らく正月の雰囲気が嫌いな方は、季節性ではありますが、ちょっとうつ状態に入っているのです。それはさらに何故なのかと理由を書いてみると、正月は気候的に寒かったり気圧が安定していません。だからこそ、寂しさや憂鬱な感情、イライラなどがやってくるのです。特にこの気圧の上下に左右されている人は多く、そこに気づいていない方も多いのです。なんとなく雨の日や梅雨になると憂鬱になりやすい人は要注意です。これは人間誰でも、大なり小なり感じています。たまたまあなたは、正月の雰囲気などに対して敏感である体質です。そんな自分をどのようにしていけばいいのか、詳しく解説してみたいと思います。

正月の雰囲気が嫌いならばこうやって解決しよう

理由などはさておき、正月の雰囲気が嫌いというのであれば、いくつか試してみて欲しいことがあります。それはまず、体をこれでもかというくらい温めることです。その1つとして温泉やお風呂があります。結構熱い湯船に入ってください。これによって、あなたの神経がかなり刺激されます。さらに、ちょっとのぼせるかなというくらいまでは温めてください。これで正月の雰囲気が嫌いという感情を一時的ではありますが解決できたりします。特にあなたが冷え性であったり、肩こりを抱えていたりするのであればこの方法はかなり適切かもしれません。

次に、やるかやらないかはあなた次第で強制しているわけではありません。ただ、筆者はこうやって解決したよということで紹介してみたいと思います。個人的ではありますが、自分は入院レベルの精神疾患を抱えていた過去もあり、ずいぶん長い間苦しんだくらいは精神的に弱いです。話を戻し、正月の雰囲気が嫌いな方で、冷え性などがあるのであれば、筋トレしてみましょう。おすすめする理由としては2つあり、まずは限界近くまで筋トレをすることで、テストステロン(ポジティブな気持ちになれるホルモン)濃度が高くなります。更年期のうつ病などにはテストステロンが充填される治療があるくらいです。これによって、正月の雰囲気が嫌いなどの気持ちがまずは解決しやすくなります。2つ目の理由はこれらを続けることによって、各部位が筋肥大を起こすことになります。それによって、血流が改善し、慢性的な冷えが治りやすいです。冷えは万病の元とも言われているので、本気で正月の雰囲気が嫌いなどの感情を抱えていればやってみることにしてみてください。さらに、マイナス思考の方というのは結構な確率で冷えを感じていたり、肥満体であったりします。もしかすると正月の雰囲気が嫌いなあなたも当てはまっていないでしょうか。

正月の雰囲気が嫌い・・・よく頑張った!

正月の雰囲気が嫌いな理由で説明出来きれなかったというか、長ったらしすぎると読む気も失せるかもしれないので、ここに追加として書いておきます。さて、年末などのシーズンで勉強や仕事というのはかなり忙しくなります。それからの数日の正月のお休みということで、その頑張った反動がきていたりもするのです。この季節に残念ながら人間同士のトラブルというのは世の中増えてきます。夫婦喧嘩、知らない人とのトラブル、色々増えます。もし、去年頑張ったなと少しでも思っていたり、事実が少なからずでもあるのならば、まずはしっかりと休んでください。この休養を疎かにしていると、本格的に筆者のように病んでしまうことにもなりません。そして、これらのことに気づくまで本当に長い時間がかかったのです。病気が完全に治ったというわけではありませんが、それでもここまでに書いてきた理由や解決策を知ることで、あらゆる寂しさや不安などの感情を解決しております。

■実家や親戚づきあいで正月の雰囲気が嫌いな方へ
親戚などの付き合いで正月の雰囲気が嫌いという方も居ると思います。そんな方にはシンプルではあり、大胆な決断ではありますが、本気でそういうようなつながりが嫌いなのであれば、一生付き合わないくらいの気持ちで離れるようにしましょう。実家住まいであったり、帰省しなくてはならないと思っているような方は特にです。万人がしっかりとした家庭で育っているわけでもありません。さらに前述のような場合に該当しているのであれば、なるべく一人暮らしをして帰らない方が懸命です。これまた、筆者も同じように決意をしており、精神的にもずいぶん楽になったものです。たまに正月に実家に帰らないのは親不孝だという見方もありますが、それは幸せな家庭で育ったような方です。こっちの事情なんぞは知った上で言ったり書いているのではありません。だからこそ、あえて筆者がこのような形で正月の雰囲気が嫌いという話から飛躍してはいますが、後押しになればと思い、解説してみました。

正月の雰囲気が嫌いなのも様々な理由、事情などがありますが、自分に当てはまっていることがあればまずは、先ほど筆者が紹介した方法で解決してみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告