年越しそばを食べないでも良い理由を紹介します

スポンサーリンク

年越しそばというと、食べるところも食べないところもあります。よく考えてみると、年越しそばを食べないのは実は良くないことではないのかというような気分になってしまうかもしれません。そういった気質は日本人だからこそでもあります。ただ、近年は年越しそばを食べない方も増えてきており世の中にまで色々不安を覚えている方に向けて、年越しそばを食べる理由なども含めて紹介してみたいと思います。

食べないということについて

食べないということについて

年越しそばを食べないでも良い理由は食べる理由!?

よく分からない見出しになりましたが、そもそも年越しそばを食べる理由というのをご存知でしょうか。検索すればいっぱいヒットします。Google先生さすがです。色々なサイトにそれっぽい情報が書かれていて、やっぱり年越しそばを食べないのはありえないのではないかと思ってしまうかもしれません。しかし、それぞれの情報の出所を考えてみると、昔こういう風におじいちゃんおばあちゃんから聞いたというような情報だったり、話がとてもいい加減すぎて、果てには出所の分からない年越しそば情報がネットには流れております。現代の最新の検索エンジンことGoogleやその他のものを使用したとしても、世の中に流れている情報というのはその程度の物なのです。それっぽい日本食の専門書を見たとしても、その程度の情報しか書かれていません。

もっと書いてみると、年越しそばを食べる理由というのは、それくらいいい加減であいまいなものなのです。そういうことから、世の中は実は年越しそばを食べないのは良いのではないかというような考え方が増えてきております。ラーメンだったり、うどんだったり、おせちだったり、大晦日に年越しそばを食べないご家庭というのは結構あります。筆者も食べない年はありました。

もっと書くと、年越しそばには色々ないわれがありますが、これを考えてみると昔からのそば屋さんが年越しそばを売るため、年末年始に稼ぐために流した情報ではないのかなと考えます。ちょっとそれは都市伝説っぽくないか?と思われるかもしれません。よく考えてみましょう。朝ごはんを食べなければならないという情報、バレンタインにはチョコを食べるという情報、クリスマスにはケーキを食べましょうという情報、年越しそばだけではなくそれぞれのシーズンになれば、それぞれのジャンルが盛り上がりますが、実はそれらは企業がある程度の売り上げを出すために作った風習とも言われております。

そして日本人というのは、右へならえの傾向があります。周りがやっているからこそ、自分も何となくやらなければならない、そうするべきであると、年越しそばも同じように考えてしまっております。だからこそ、年越しそばを食べないのって実は悪いことでもなんでもないことなのではないかなと筆者は考えております。これは考えレベルのお話で、明後日の方向に展開しそうにもなってきたので、次に年越しそばを食べないことについてまとめてみたいと思います。

(これだけ散々なことを書いておいて結果的に筆者は食べるという話でまとめます)

年越しそばで縁起を重視するのであれば食べないのはありえないかも

さて、年越しそばを食べないということについてですが、逆に食べる理由を考えてみると、いずれにせよ縁起だったり、願いだったりするものです。結局どんな食べ物にも願いがこめられていれば筆者なりに食べないということはありなのではないかと思います。そういった意味では本当になんでもありです。しかしながら、これは個人的見解に過ぎません。よく、私達日本人は縁起だったりそういうものを重視される人も多いです。特に建築業だったり、商売をしていたりであれば、そうかもしれません。もしくは、やることは本気でやっていて、あとは神というか仏というか釈迦というか、どれかは分かりませんが、そういったものに頼むだけというような場合もあると思います。そういった方だったり、それを本気で考えて暮らしている方であれば、年越しそばを食べないのは良くないことなのではないかなと思います。実際に、何かよくない出来事が起こったとすると、年越しそばを食べなかったからだという思考になってしまうからです。反対に、そのあたりなんて自分の努力次第でどうにでもなるし、考えるだけ無駄だと思っているような方であれば、年越しそばを食べないのは良いのではないかなと思います。

このあたりにおいては、人の考えによって様々な結果が出てきます。筆者はどうしてもそのあたりを気にしてしまうので、年越しそばを食べないというのは今年はやめておこうかなと思います。個人的に願っていたりすることもあったり、それに向かって努力をしているので縁起も良くしたいというような思いがあるからです。繰り返し書きますが、そういったことは自分次第でどうにでもなるというような考え方をお持ちの方であれば、食べないのは良いです。このあたりは人それぞれということで、あなたや家庭の方針に従って、年越しそばを食べるか食べないかは決めてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告