年越しは喧嘩になりやすいので要注意!仲直りの方法は?

スポンサーリンク

そろそろ年越しのイベントを迎えそうですが、このシーズンというのはかなり喧嘩になりやすいのです。クリスマス、大晦日、元旦など、この時期にカップルや夫婦、さらには友達までと喧嘩してしまうこともあります。色々な理由がありますが、実際にどうやって仲直りをすればいいのか、年越しやそのあたりの私達に起こっているメンタルの変動に着目していきましょう。特にこれらは大半の方に当てはまることなので、毎年そうなっている方は予防策のためというためにも読んでみて下さい。

あなたがやるべきこと

あなたがやるべきこと

年越しに喧嘩になりやすい理由について

やっとこさきた年越しに喧嘩になりやすいというのは夫婦やカップル、友達関係などでよくあることですが、なぜそうなりやすいのかというと、実は誰しもちょっと憂鬱な精神になっています。憂鬱なんだから落ち込むんじゃないのと思うかもしれませんが、厳密にはイライラなども含まれております。年越しのシーズンまでに起こった出来事を考えてみると、仕事や育児などで多忙だったり、受験生であれば合格に向かってなど、学生社会人問わずかなり頑張っているシーズンです。それだけにメンタルもちょっと神経質になっております。さらには、年越しというとかなり寒いのですが、このとき人間の体に起こることはマイナス思考になりやすい状況になっています。極論というか、これは事実なのですが、精神疾患の方に着目すれば年中体が冷え切っている場合が多いです。そんなこんなの関係があってか、世の中の夫婦やカップルは年越しなどの冬のイベントに大喧嘩になってしまうわけです。

年越しでの喧嘩というのは案外小さなことで起こってしまう

中には許しがたい内容もありますが、あなたの喧嘩の原因を考えてみましょう。恐らく旦那との育児でのトラブル、ちょっとしたプレゼント交換でのトラブル、価値観の違いなど様々です。これが小さなことかと聞かれると、実はそうなのです。大半はよく見てみると、小さなことが原因で喧嘩になってしまっています。そうなるまでに至った過程や我慢などがもちろんあるのも筆者なりには理解しているつもりです。しかしながら、まずはこうやって自分の喧嘩の原因を知るというのは重要です。

別に年越しに喧嘩は悪いことではない

年末年始の年越しで、喧嘩になってしまうことはあるかもしれません。ただ、これは場合によっては悪いことではありません。そういうのも、喧嘩することでお互いの本音が見えたり、しっかりとた意見の交換の場にもなります。裏を返せばこれまで、あなたも相手もトラブルの原因に向き合っていなかったということにもなります。起こってしまったものは仕方ありませんが、もし、次の年越しも喧嘩をしたくないと心の底で思うのならば、今回の喧嘩は意味のある喧嘩にしましょう。そういうのも、特に夫婦やカップル関係において、喧嘩をしていても「ごめん」くらいで済ませていることが多いです。問題の根本というのには向き合っていません。とにかく目の前で起こったトラブルを解決したいならば、しっかりと向き合って話すようにしましょう。特に喧嘩なので、感情論などになってしまうかもしれません。それは後でいい話なのです。まずは、目の前で起こったトラブルなどに対し、どうやって向き合っていくのか、お互いに譲れない内容がある場合は、どこでお互い妥協できるかなどのポイントを探って行く必要があります。それができないうちは子供の喧嘩です。

年越しの喧嘩でどうやって仲直りするか

まずは「ごめん」の一言からかけるようにしましょう。当たり前と思うかもしれませんが、これが一番シンプルです。そして、大人の解決方法です。ただ、あなたなりの意見もあって年越しに喧嘩になっているのだと思います。なので、まずは「ごめん」の内容から始まり、でも自分はここだけは譲れないけど、どうしたらいいのかというような建設的な意見交換をしあうようにしましょう。もし、それ以上のトラブルになりそうであれば、喫茶店などで話してみてもいいかもしれません。そういうのも、第三者の目線があるので、あなたも相手も感情的になるのは難しい状況です。だからこそ、建設的な意見交換が出来ます。特にこれは男女の関係においてですが、女性が長時間クドクドと話しかけた挙句、結果的に理解していないというような発言をしてしまうパターンがあります。男性は最初は女性の意見に耳を傾けるものの、結局何が言いたいか分からずにさらに喧嘩になってしまうことがあります。だからこそ、まずは手短に「ごめん。だけど私は○○の点はゆずれない、どうしたらいいか」というようなニュアンスで話しかければいいと思います。それ以上は構造上、長時間男性が話を聞くというのは難しいのです。たまに下手に出ればいいのではないかという、解決策も見かけますが、それでは前に向いて話が進みません。だからこそ、こういった方法が必要なのです。

そこから、お互いで打開策を練って、乗り越えてからこその初めての仲直りです。そうではないと、また同じことの繰り返しになってしまいます。これらのことを守って、来年の年越しなどで喧嘩にならないように解決してみてはいかがでしょうか。

もちろん、これまでに書いた内容であなたが明らかに悪いという状況なのであれば「ごめん」の一言で済む話です。これが早いか遅いかだけの話であり、いつまでもイライラや憂鬱の気分を引きずる必要なんてありません。

まずはあなたが大人になり、相手に歩み寄り、喧嘩をしないような対策を練るために仲直りしてみましょう。

最後に子供が居る方に向けて、これだけは書いておこうかなと思います。特にあなたと相手だけの関係であれば、別にここまでの内容が納得できなければそのままでもいいと思います。それはあなたの意見です。しかしながら、子供が居る場合というのは親の喧嘩を見て、物凄く憂鬱になるのです。筆者が実際そういった家庭で育ちました。ぶっちゃけそれが原因で、警察のお世話になるほど少年時代は筆者の精神は荒れていました。まずは、子供のためと思って、早めに仲直りを心がけてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告