クリスマスなのに生理!伝えるべき?【男性が解説】

スポンサーリンク

クリスマスなのに生理がきてしまった、泊まりもあるのにどうしようかなと迷っている女性の方にどのようにすればいいか男性筆者が紹介してみたいと思います。クリスマスは色々な出来事が重なったり、カップルならではのイベントも盛りだくさんなわけですが、生理のせいでとちょっと微妙な思いをしているかもしれません。そもそも言うべきなのかと迷っているかもしれないので、そのあたりについてしっかりと解説してみたいと思います。

男性はどう思うか、どう伝えたら良いか

男性はどう思うか、どう伝えたら良いか

クリスマスに生理が来たなら真っ先に伝えるべき

まず、クリスマスに生理がきたのであれば、真っ先に大切なパートナーに伝えてあげてください。そういうのも言わないという選択肢をとったとすれば、今日は体調が悪く見えるけど、なぜだろうと心配になったり、あなたも場合によってはメンタルが変動してしまって、イライラしてしまうかもしれません。それによって、せっかくのクリスマスなのに彼氏と喧嘩してしまったということだってありえます。また、生理というのは、男性にとっては体験してみようと思っても無理な領域です。それだけに、クリスマスが生理であるということは察することが難しいかもしれません。そんなことから、出来ればなるべく「今日は生理」と直球に伝える方が良いです。もしくは、女の子の日など、可愛らしい表現にしても良いです。場合によっては、もっとソフトな表現で分かってくれる男性も居ますが、そうではない場合もあります。遠まわしな表現をするよりは「クリスマス生理だよ~」と伝えると男性としても、それなりに何があっても心の準備が出来るので、遠慮なく言えば良いです。それで、不機嫌になったりするのであれば、それはそれでどうかなと思います。そんなことは無いと思いますが、もし、クリスマスに生理だということを伝えてあなたのことに八つ当たりするのであれば、それはそれでそういう人ということが早く分かって良かったと気持ちを切り替えるようにしましょう。筆者もお付き合いをしている時代にクリスマスに生理ということはありましたが、伝えてくれるとそれなりの楽しみ方もあるので、結果的に良かったと思います。

クリスマスは泊まりだけどどういう過ごし方をすればいい?

クリスマスは泊まりになったけど、あいにくの生理でどういう過ごし方をすればいいかと悩んでいるかもしれません。下手すると、クリスマスの予定もちょっと変わったりすると思います。そんな場合、デートプランも任せているのであれば、せっかく彼氏が考えてくれているかもしれませんが、あなたからこのように過ごしたいと提案するようにしてみましょう。直前にそのことを伝えられたり、いざというときに伝えられて、プランが変更になると男性としても「せっかく考えたのにな」というような残念な気持ちになります。伝えるのをやめたとしましょう。相手に少なからずともメンタルの変動が伝わることもあるので、それによって「クリスマスなのになんでイライラしてるの?悪いことしたかな?」と不安になったりもします。そうなってしまわないようにも、こうしたいということを伝えてみましょう。もしくは、デートしたりするのも難しいのであれば、しっかりと状況を伝えると男性も理解してくれるはずです。言うまでもありませんが、あんまり活動的になってしまうと、貧血などの症状もひどくなってしまうため、なるべく泊まりでもゆったりと行動できるようにしましょう。具体的に過ごし方としては、DVDやゲームを楽しんだり、おいしいお茶を飲んでみたり、もっと相手のことを知るためにひたすらしゃべりまくるというようなお泊りプランも中々楽しいです。

もし、どうしても体調が優れないという場合ならば、クリスマスのデートは中止するようにしましょう。特に今の彼と仲良くしたいのであれば、このような状況は毎度のことながらきてしまいます。クリスマスだけではなくとも、今後様々なイベントで起こるかもしれません。なるべく早めに理解してくれた方が今後末永く一緒に居たいのであれば、その一言で済むのであなたも楽です。さらに、伝えるのを怠ると、場合によっては彼とその他のことで喧嘩になりやすくなります。

もし、こちらを見ている男性が居れば、クリスマスに自分の彼女が生理だと知れば、最悪の場合デートが中止になっても広い心で見てあげること、運動量が多くなるような重い荷物を持たせたり、寒い場所を避けてあげるようにしてください。総合的に家でのデートが彼女も、もし体がさらにだるくなったとしても安心できます。症状がひどい方だと、めまいがきたり、吐き気がしていたりということがあります。食事をすることができたとしても、なるべく鉄分が多いような食べ物を食べさせてあげてください。もっと分かりやすく言うと、人によっては症状が異なりますが、風邪のようなだるさプラス、鎮痛剤が必要なほどの痛みを感じることもあります。あなたがそんな時にあれこれしようと言われても何も気力が起きないと思います。クリスマスには彼女が生理の場合は無理を強いないようにしてください。

クリスマスに生理だけどピルは使うべきか、反対された場合は?

クリスマスに生理になった場合ピルの服用を考えるかもしれません。筆者としては、場合によっては使わないほうが良いと考えますが、これはあくまでも個人の意見です。場合によっては、痛みを和らげたりの目的などもあるわけですので、そういった場合には良いと思います。これらを踏まえ、使いたい場合には、そのあたりを一度相談してみましょう。このあたりの知識をしらないがために、一口に副作用だったり、その他のよろしくない行為をすぐに想像して否定してしまう方が居ます。ただ、上手に使えば生活の質も良くなるというのは男性筆者であれど心得ております。

そのあたりについてはしっかりと今の彼氏と相談するようにしてください。既に服用していて、最悪の場合ダメだと反対の意見を言われてもも、あなたが必要だと感じていれば黙っておくのも良いです。体の事情が分からない方であれば、黙って飲んだところで分かるはずもありません。

このあたりを少なくとも調べて分かっている男性であれば、簡単に否定されることは無いので、一度話し合ってみてダメだったらそうするくらいの気持ちで居るようにしましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告