クリスマスに有給を取るのはどう?【みんなの声】

スポンサーリンク

クリスマスに有給を取るのはどうかという疑問が毎年のことながら出てきます。クリスマスというと、家族や大切な彼氏や彼女を大事にしたいので、有給を取るという方も少なくはありません。それについて、世間の常識的に考えてどうなのかということについてみんなの声も含めてみた結果を紹介してみたいと思います。また、筆者個人の意見も後半に書いております。

クリスマスの有給について

クリスマスの有給について

クリスマスに有給を取ることについては賛否両論の声がある

クリスマスで「お休みを下さい」というとどうなのかということについては、実は賛否両論の声があります。まずは賛成の声としては、個人の勝手で有給は好きなときに取れるべきなのでありといった考え方、仕事に影響がなければいいかなというような考え方などがあります。反対の声は、社会人としての自覚が足りていないという言葉や、嫉妬の声があったり様々です。

このような色々な声がありますが、ぶっちゃけこれは職場によって、クリスマスに有給を取るかどうかということについてさらに意見は分かれるのではないかと考えます。

クリスマスに有給を取るのがOKな場合とNGな場合について

結局のところ、あなたの職場がクリスマスに有給を取るのがOKかNGかということについて知りたいと思います。この考え方については案外単純です。それは、クリスマスに忙しいかどうかです。例えばの話、飲食店だったり、おもちゃ屋だったり、ホテルだったり、クリスマスになるとかなり忙しくなる企業というのは結構あります。職場の稼ぎ時でもあるので、この場合はクリスマスに有給を取得するとなると、職場に迷惑がかかるかもしれません。そもそも、1、2人有給をもらうだけで影響が出る職場もどうなんだと思うかもしれませんし、その気持ちも分かります。ただ、今の世の中なので、流れ的に考えればクリスマスに有給は白い目で見られてしまうかもしれません。景気の関係もあってか、色々世知辛い世の中です。

反対にOKな場合は、クリスマスに全く関係ない職業です。例えば、掃除に関連するようなお仕事であれば、むしろクリスマスなどは関係ありません。その前後には需要は高まるかもしれません。そんなこんなで、自分の働いている職場はクリスマスに関連しているかどうかでまずはOKかNGかを大まかに把握しておきましょう。ただ、これも理由次第ではOKとなる場合もあるので、最後にこれを解説してみたいいと思います。その前に筆者の考えも書かせて下さい。

クリスマスで有給を取ることについての個人的見解

クリスマスになると、有給をもらいたいというのであれば、筆者個人的にはもらっていいのではないかと思います。ただし、あまり迷惑をかけない範囲でのお話です。普段サボり気味の方は、クリスマスに有給をもらおうとなると、嫌味の一つくらいは飛ばされるかもしれません。また、そうかといって、クリスマスの有給に対して否定的な意見を飛ばすのもどうかなと筆者は考えます。そういうのも、日本にはあらゆる考えの方が住んでいます。もしかすると、仏教ではなく、キリスト教徒かもしれません。そういった意味で、クリスマスに有給を取っているのかもしれません。それについては、日本で深く聞くことはタブーとされているので、有給に対して注意のつもりで口出しすると、思いもよらぬトラブルになるかもしれません。これについては、恐らく稀なケースだと思いますのであまり参考にならないかもしれませんが。他にもどちらかというと、今の時代は個人の時間が重視される時代でもあります。働きまくってナンボという時代もすでに終わりを迎えております。これらの関係があってか、クリスマスの有給に対して口出しするのも間違っているのではないかなと筆者は考えます。とにかく変に口出ししない方が身のためでもあります。

クリスマスに有給を取る理由

世間的な目はあれど、クリスマスに有給を取る理由は本当ではなくともいいのです。あなたの職場にぴったりなもっともらしい理由を探して、クリスマスをエンジョイしましょう。ちなみに、理由を答えたりするのは任意であり、詳しく聞くことは違法になってしまいますが、そんな法の盾があったとしても、分からずに聞いてくる方は多いので、なるべく理由は準備しておきましょう。

・大切な人に会う
あなたに彼氏なり彼女なりが居るのであって、比較的そのようなことに関して積極的な職場であれば、クリスマスに有給を取る理由として挙げるのは問題ありません。ただし、報告相手が独身だったりすると、嫉妬されてしまう可能性もあるので、それらに該当していればこの理由は避けたほうが良いかもしれません。もちろん、積極的であれば、むしろ応援してくれる職場や上司も結構多いです。

・礼拝に参加するから
これはそれなりの理由なので、特に口出しすることも出来ないかもしれません。ただ、嘘だとバレてしまう可能性もあるので、ある程度知識は持っておきましょう。ただ、突っ込まれたとしても自分のところはこうだと自信を持って言えば大丈夫かもしれません。ちなみに本当のクリスマスをしようと思えば、彼氏彼女や仕事どころじゃないくらい忙しくなってしまうようです。

・家業の手伝い
クリスマスに有給を取るのであれば、あえて同情を誘う方法も良いかもしれません。家業の手伝いといえば、何となく察してくれる経営者も多いです。実際に、クリスマスに関連するようなことをしていれば、このシーズンは猫の手も借りたいくらい忙しくなります。だからこそ、有給をと職場に申請してみましょう。経営者ではなくとも、ある程度の年齢の方ならば世の中はどのように動いているか分かるのでむしろ「頑張って」の声くらいはかけてくれるかもしれません。

・免許再発行のため
免許更新も誕生日が来月くらいの方までであれば大丈夫かなと思います。ただ、そうではない方はクリスマスに有給を取得するとなればこの理由は通用しません。それならば、免許の再発行をすると伝えておきましょう。そうではないと、会社に出勤できなくなってしまうとでも言っておけば、ただ、これだけだと丸1日有給取得しなくても大丈夫でしょといわれる可能性があるので、財布をなくしてしまって、その他のカード類などの停止などの手続きもしなければならないと付け加えておきましょう。

・引越しのため
年末年始に引越しさせるのもさすがに酷だと思いますので、引越しを有給を取るために理由として出してみるのも良いです。ただし、自分の家族が引越しするという理由にしておきましょう。場合によっては、あなたが引越しするとなれば、住所変更の申し出の手続きや、交通費が支給されている場合は再計算されたりと色々なことがあります。そんなことから、あくまでもクリスマスに申請するのであれば、家族のことにしておきましょう。

・結婚式のため
これはありがちな理由で、結構説得力のある理由です。クリスマスにあえてこれを有給の言い訳にしておくと、この時期に結婚したい人も居るからなということで話に辻褄が合うようになります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告