カロナールは期限切れの場合飲んでも大丈夫か解説します

スポンサーリンク

期限切れかと思われるカロナールを持っている方で、これは飲んでも大丈夫かと思われる方に、カロナールを飲んで良いかどうかについて解説してみたいと思います。そもそも、期限切れになるのはいつまでかといったような疑問もあると思いますので、序盤ではまずはそれについて紹介します。また、判断を誤ってしまうと取り返しのつかないことにもなってしまうので、そちらの面も含めてしっかりとお読みください。

かなり詳しく紹介しております

かなり詳しく紹介しております

そもそものカロナールが期限切れになるまでどのくらいの期間があるの?

カロナールというものは、通常製造されてから3年を過ぎると期限切れになってしまいます。それじゃ、今の病院で処方されたカロナールは1年くらい前だから大丈夫だなというような考えを持つ方も居るかもしれません。しかしながら、それは完全な誤りです。そういうのも、病院で処方されて、薬局に取りにいってというようなお薬の受け取り方、もしくは院内処方もありますが、どちらかで手に入れると思います。その場合、製薬会社から病院の手に渡る期間、そこから在庫として抱えている期間などを考えると、今から3年以内に処方されたかどうかで判断することは難しいです。シートに期限切れかどうか書いているお薬もありますが、カロナールは通常は薬剤師向けに箱に記述されている程度です。そんなこともあってか、今から数年以内に処方されたからといって期限切れかどうか判断するのはやめておくようにしましょう。薬局に聞くことも可能ですが、数日以内ならまだしも、数年以内であればその当時に処方された箱を持っているかどうかは疑問が残るところです。

ただ、可能性としてのお話ではありますが、カロナールというのは色々な病院で幅広く処方されるものであります。特に総合的に見ている病院であれば、1日に1人以上は処方しているのではないでしょうか。製薬会社との繋がりもありますが、それを含めて考えても比較的新しいカロナールがあなたの手にも渡っているのではないかと思います。可能性の話としてなので、期限切れではないという保障をしているわけではありません。

カロナールはカロナールでもシロップタイプと細粒タイプがあります。細粒タイプであれば、期限切れになるまでの期間は通常のカロナールと同じく3年、分包されたものであれば5年です。カロナールのシロップタイプについてですが、これも同じく期限切れになるまでは3年ではありますが、新しくボトルなどに詰め替えたりしているので、空気に触れたりして劣化が早くなっております。さらに、元々のボトルを考えてみると、シロップは茶色の瓶に入っております。これは光をなるべく遮断するためのものですが、個人の手に渡って劣化も早まっているという観点から、期限切れになるまでは処方された日数分だと思っておきましょう。さらに、個人での保管状況によると、衛生面が完璧とは言いづらいので、なおさらそうなります。開封の度に劣化してしまうという難点もあります。

これはあまりないと思いますが、メーカーによってカロナールと同一成分のものがいくつかあります。病院からカロナールと同じ成分ですよと言われている場合でも、製造しているメーカーが異なったりして、使用期限が若干異なる場合もあるので注意してください。

カロナールは期限切れでも飲んでいいか解説してみる

結論から書くと、大半の場合は自己責任で飲んでいただくならば大丈夫です。そもそもカロナールが期限切れだとどうなるのかという話ですが、メーカーがその期限以内に消費しなければ安全性は保障しないよということです。カロナールに限らずの話ですが、期限切れになることで、化学変化を起こし、有害物質に変わってしまうこともあります。そんなことから、色々なお薬に使用期限が設けられております。ただ、カロナールの場合で、使用期限が切れていた物を飲んで直接事故につながったというニュースも見ないので、自己責任の下飲んでもらうのであれば大丈夫です。筆者も、時間がないときは病院で処方されたカロナールですが、期限切れかどうかに関わらず飲んでおります。大半の製薬会社は多少の期間の猶予は見て作っているところもあります。特にカロナールであれば、妊婦にも使用できるくらいの安全性があります。妊婦つながりでのお話ですが、子供がまだお腹に居るような方は、処方されてその日数が過ぎれば期限切れになったと思ってください。さすがに、お腹の子供の安全までは筆者も保障できません。

また、お薬の保管状況によって期限切れかどうかに関わらずのむのはやめておいたほうがいい場合もあります。例えば、湿気が多い環境だったり、光に当たっていると化学変化を起こして効き目が悪くなったりすることもあります。アルミホイルで遮光し、ジップロックなどに入れていれば期限切れになるまでの期間は延びるかもしれませんが、テーブルの上に野ざらし状態であれば、すぐに化学変化を起こしてしまって期限切れかどうかに関わらず、使用しないほうがいい場合もあります。

また、それらによって思わぬ副作用を招いてしまったりということもあります。期限切れのカロナールを飲む場合は、そのあたりを覚悟して飲むようにしてください。

カロナールが期限切れになっても多分大丈夫にする保管の仕方

おっかないことも書きましたが、カロナールの使用期限を少しでも延ばしたいのであれば、次から保管方法を受け取り方を考えましょう。まずは、処方されて薬剤師や事務員に貰うかもしれませんが、期限切れまでどのくらいの期間があるか聞くようにしましょう。そして、自宅に帰ってもう使わないだろうなというタイミングで、アルミホイルに包んで、さらにジップロックに入れて保管するようにしてください。多少は期限切れになるまでの期間は延びるだろうというお話です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告