カロナールとアセトアミノフェンの違いをわかりやすく解説!

スポンサーリンク

カロナールを病院で貰おうと思ったところ、アセトアミノフェンが出された、もしくは成分名がそういうものが入っているものとして出されたというケースがあります。それって何がどのように違うのかという疑問があると思いますので、それについてわかりやすく解説してみたいと思います。ちょっと冒頭で結論じみたことを書いてみると、効き方は同じです。さらにわかりやすく知りたい方はチェックしてみてください。

大きな違いは無い!?

大きな違いは無い!?

カロナールとアセトアミノフェンの違いは成分名か商品名

さて、カロナールアセトアミノフェンの違いは製品名か成分名かの違いです。アセトアミノフェンが成分名、カロナールが製品名です。つまるところ、アセトアミノフェンが含まれているお薬の中にはカロナールという商品があるというだけの話です。他にもコカール、アセトアミノフェン錠などというもので販売されています。販売メーカーも違っております。

もっとわかりやすく解説してみると、塩が欲しいと聞かれて、あなたは何を想像するでしょうか。アジシオでしょうか、はかたの塩でしょうか。塩だけでも色々な種類がありますが、それぞれは塩であることに変わりはありません。ここでアセトアミノフェンとカロナールをそれぞれ当てはめてみると、塩という部分はアセトアミノフェン、アジシオやはかたの塩に当てはめるとカロナールということになります。なんとなく分かってきたのではないでしょうか。これが大きな違いであります。

また、アセトアミノフェンが含まれている薬には有名なパブロンなどの風邪薬などがあります。ただ、歯が痛いという場合にはアセトアミノフェンが含まれているパブロンを使用するには余計な成分が含まれているので、この場合は適切ではありません。他にもタイレノール、セデス、ルルなどがあります。

カロナールとアセトアミノフェンの違いは信用度もある?

アセトアミノフェンことカロナールを処方してもらいたい場合、どちらかの商品があなたの手元に渡ると思います。結果的に、効き目は同じなのですが、カロナールはあゆみという製薬会社、アセトアミノフェンの場合は武田、辰巳、高田、日本ジェネリック、丸石、ニプロ。コカールの場合は三和科学というように製薬会社がそれぞれ分かれているのが違いです。その中でもカロナールが一般的に見られるのは、医者にとって信用度が高かったり、製薬会社の営業によってその病院で処方されやすいだけです。医師によっては、この製薬会社は余計な混ぜ物がしているから、選ばないといったような視点を持っていたりもします。または、病院で待っていると、たまにスーツ姿の方が箱や資料などを持ってきているかもしれませんが、あれがまさに製薬会社の人です。新しい製品が出たという説明や、アセトアミノフェンやカロナールをよろしくねといったような挨拶に来ています。そして、病院で処方されやすい薬が決まるといったような、ちょっと黒い話もあります。

カロナールとアセトアミノフェンの違いは含有量にも違いがある?

例えばカロナールの場合は、500mg、300mg、200mgといった違いがあります。アセトアミノフェンでは、300mg、200mgくらいのものです。他には特殊な環境下や人である場合で、大量のアセトアミノフェンが必要とされる場合は使いやすいカロナールが処方されやすかったりもします。例えば体重や体格が違う外国人も日本の病院で診断を受けると多めに出されることがあります。他にも細粒といって、100mg単位で指定できる場合もあります。500mgも飲まないといけない方はあまり多くありませんが、それでも急性疾患で必要だったり、体重が一般の方より多かったりというような場合には状況に応じて使い分けられます。一般の方が飲むのであれば、100mg~300mgくらいまでの処方かもしれません。

色々書いてきたけれど、カロナールとアセトアミノフェンの違いは考えなくとも良い

ここまで色々な情報を書いてきましたが、カロナールだろうが、アセトアミノフェンだろうが処方されてもそれぞれの効き目の違いには大差ありません。特に解熱鎮痛剤では、効き目の速さや効くかどうかなどが求められるため、それぞれのメーカーで大きく違っていることもありません。ただ、これはアセトアミノフェンとカロナールの違いの場合の話です。その他のお薬では、製薬会社によっては、作り方が違っていたりするため、効き目がちょっと違ったり、こっちの方が患者の方では効きやすいといったような差もあるようです。繰り返し書きますが、カロナールとアセトアミノフェンについては、そこまで差があると必然的に人気度が落ちてくるため、違いは成分か会社名くらいのものです。このあたりはプロの医者の視点や、製薬会社の営業事情もありますが、そのあたりによって決まるのであまり気にしないようにしましょう。もしくははっきりと同じ会社でも違いがあるならば、病院や薬局で処方の変更を申し出るようにしてみても良いです。薬剤師でもここまで書いてきたことと同じ説明をするかもしれませんが、それでもハッキリとした違いが体感できるならば、自分はこれがいいというようなことを言ってみるのも良いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告