食欲不振になる方法【悪用厳禁】

スポンサーリンク

今回、大半の方がダイエットを理由に食欲不振になる方法を探しているので紹介してみたいと思います。ちなみに今回の内容は批判するわけでもなく、淡々と方法論を書いていくのみです。止まらない食欲を抑えるための知識として活用してみてください。そして、ちょっとした意識の変え方次第で、今後のダイエットはうまく成功していきます。あなたは今真剣に悩んでいると思いますので、まずは方法だけを書いて、後にこんな賢い方法があるよという流れの記事になっております。筆者も体験したことであるので、その先輩として教えてみたいと思います。

さようなら食欲!

さようなら食欲!

食欲不振になる6つの方法

■そのまま食欲を我慢する
特に何もせず楽に食欲不振になる方法を探しているならば、そのまま食欲を我慢することです。今はあなたの体が元に戻ろうと頑張って、食欲を限りなく出すことで、生命を維持しようとしています。しかし、そのまま我慢することで食欲というのは一定の波があるので、自然と食世不振になっていきます。今食べているものを1~2週間後にカロリーを減らして様子見してみるといったような方法で簡単に食欲というのは減っていきます。元に戻しても、体重が増えることもありません。これは修行中の僧侶が昔やっていた方法でもあります。

■サプリメントを飲む
サプリメントの中にも食欲を抑えるものがあります。具体的なものは今回紹介できませんが、食欲系のサプリであれば大半は効果があったりするものです。これは漢方由来の成分から来ていたり、自然由来の成分を利用しており、簡単に食欲不振になる方法としてダイエッターが活用している傾向にあります。ちょっとした副作用として体がだるくなってしまったり、動悸が出てしまうようにということから、具体的なものは紹介しません。それよりももっと賢い方法があるからです。そんなものもあるよという豆知識として覚えておいて下さい。

■ストレスを解消する
食欲不振になるというより、今の異常と思っている食欲は何が原因で起こっているか考えてみましょう。季節性のものであったり、場合によってはストレスになっている可能性もあります。これを上手に解消することで実は食欲不振とまではいかないものの、正常なラインまで食欲をコントロールすることができます。ストレスが増えるということは体の体温が上昇するということを意味します。体の体温が上昇するということは、カロリーの消費を意味し、お腹が減ることになります。いかに、ストレスと食欲不振が関わっているかがお分かりになれたかと思います。

■食欲以外の欲をうまく満たす
人間というのは欲のバランスがうまく保たれて生きております。1つの欲が満たせなくなれば、1つの欲を強くします。食欲があるならば、別の欲を解消することによって必然的に食欲不振になることができます。例えば、ずっと眠っていたいなという欲があるならば、それを上手に解消してやることで、食欲とのバランスがうまく保て、必然的に食欲がなくなります。

■カフェイン系の飲料を飲みまくる
これこそ悪用厳禁ですが、一時的という意味でカフェインを摂取することで食欲不振になることができます。胃腸に負担がかかるので、空きっ腹にコーヒーなどを入れてやると、ちょっと空腹を満たすことが出来るというわけです。しかしながら、いくらカフェインに強くても依存してしまったり、筆者も食欲を抑えるためにこれを繰り返していると、逆流性食道炎になってしまいましたので、やりすぎは厳禁です。一時的な対策として、知っておくようにしてください。

■筋トレをする
既に筋トレをしているかもしれませんが、ゆるい筋トレではなく本気の筋トレをします。これによって、筋肉の分解が行われ、一時的ではありますが、食欲不振になります。実はこれによって血糖値が少し上昇しているので、運動後というのはお腹が空きません。たとえ、しんどい状態でも筋トレをすることをおすすめします。また、これを繰り返すことでオーバートレーニング症候群になってしまうこともあります。これは気分が落ち込んだり、食欲不振になる方法としては有効ですが、しんどすぎるのでおすすめはしません。

食欲不振になる方法より賢い方法があります

さて、あなたは異常な食欲に悩まされているかもしれません。ダイエットをしていたりするのに、さらにそれを感じて、負のスパイラルに陥っているかもしれません。食欲不振になる方法を過去に筆者は求めて、これ以上減らすことが出来ないまで体重を減らすことが出来ました。その結果どのような体型になったか軽く紹介してみると、痩せたにもかかわらず、おなかぽっこりの体型です。いわば恵まれない国の子のようになってしまいました。今はしっかりと食事をしていますが、理由としては、これ以上削りきることができないので、お腹にあえて志望を蓄えるように体がプログラムされて、飢餓状態に耐えられるような体に必然的になってしまいました。理想の体型を目指しているのにこれはあんまりな結果です。

さて、ダイエットを目的としている場合、まずは糖質制限から始めてみましょう。2週間は食欲との勝負になります。しかしながら、たった2週間です。これを超えると、体はケトン体回路に変わります。糖分をメインエネルギーとしていたのを、脂肪分をメインに消費するようにエネルギーの使用を変更してくれます。これによって、減らすことの出来なかった体重の壁を突破することができ、食欲も感じないようになります。単なる糖質制限ですが、あまりお腹が減らないので、そういった意味で食欲不振になる方法としては効率的です。だからこそ、このダイエット方法が騒がれております。

また、いきなりではありますが、食欲不振になる方法を探すより、今からそれをリセットしてやり直してみましょう。ダイエット前に大食いをする人が居ますが、実はアレは理にかなっていることです。具体的にチートデイという方法を取り入れます。ここから更に説明しているとかなり長くなるので、過去にまとめてみたものを貼り付けます。糖質制限を2週間やってみたならば、あえてチートデイを取り入れるようにしましょう。

チートデイのやり方【CHECK!!】


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告