朝憂鬱なのはなぜ?今すぐ出来る対策も紹介!

スポンサーリンク

朝に憂鬱になるけど、それはなぜなのかと思っているかもしれません。理由がいくつかあるので紹介してみたいと思います。また、その理由を知って、朝の憂鬱をしっかりと吹き飛ばしてみましょう。場合によっては、深刻な状態になっているケースもあるので、あまりにも朝の憂鬱が続いてしまうようであり、これから紹介する対策をとっても難しい場合は最後の方法として、解決方法を紹介しております。

あなたを助けに来ました

あなたを助けに来ました

朝に憂鬱になるのはなぜ?6つの理由がある!

■低血圧だから
実はあなたは元々低血圧かもしれません。念のため、起きたときに血圧を測ってみてください。筆者も実はこのパターンに該当しておりました。理由はダイエットだったり、そもそもの体質だったりする関係か、朝憂鬱になってしまう可能性があります。うつ病なのではないかと思うかもしれませんが、筆者はこれまでの前後関係を考えてみると、そもそも親が低血圧という特徴がありました。同時に頭痛持ちの体質であれば、完璧に低血圧の症状に当てはまっております。

■朝は体温が下がっている
寝て起きて、朝となると憂鬱なのは体温が下がっているせいかもしれません。冷えは万病の元とも言われております。少なからずとも人間は寝ているときに、カロリーの消費量を1割程度抑えています。しかしながら、人によってはこの数値が過剰になっている可能性もあります。なぜかと聞かれると、ここに理由があるのです。そんなものだと割り切るのもよし、これから紹介する対策方法まで読み飛ばしてしまうのもよしです。特に寒いシーズンであるならば、朝はそうなっていてもおかしくは無い状況です。

■不摂生な生活をしている
夜寝て朝起きるという自然なバランスが取れていない場合は、朝起きたときに憂鬱になってしまう可能性が高いです。そういうのも、体を動かす仕事をしている人に比べて、夜型になってしまいやすい看護師やIT系の職業の人は必然的に不摂生になってしまいやすい生活を送っております。これをこじらせてしまうと、最終的にうつ病などの精神疾患になってしまう可能性がありますので要注意です。経験上、仕事でそうなっている自覚があるならば今すぐ辞めるようにしましょう。その後はどうにでもなります。

■食事バランスが悪い
食事バランスが良くないと朝なぜか憂鬱になってしまいます。コンビニやお惣菜ばかりの生活になっていないでしょうか。現代はとても忙しいので、そんな生活をするなと言っているわけではありません。しかしながら、朝の憂鬱を感じているならば、3ヶ月程度は食生活をしっかりとしてみましょう。ダメならば作りおきしてでも帰るようにしましょう。今、憂鬱になっているのは3ヶ月前の食事が原因だったということもあります。人間の体はこの期間を経て、細胞が入れ替わっているので、これくらいを基準にまずは食事の改善を意識してみましょう。

■秋や冬の季節である
季節性のもので、朝に憂鬱になるということもあります。これは、全体的に冷えやすい時期だからでもあります。また、後述しますが、夏と比べて季節的な差があるので、朝に憂鬱になってしまうときの差にストレスを感じて、さらに憂鬱のスパイラルになってしまうということがあります。季節の変わり目ならば、実は誰でも体調不良を少なからず感じております。人間どころか、犬などの動物も実はそれを感じている傾向にあります。これは先ほど紹介した、食事とこれから紹介することを試してもらうことで、改善しやすいです。

■気圧が下がっている
朝憂鬱なのはなぜかと聞かれると、気圧が下がっている可能性があります。具体的に今から気圧を確認してみましょう。1000hpaより下の数値が出ていれば、そうなってしまう可能性があります。そういう気候の変化に敏感になってしまっている可能性もあります。また、外を見てみると、曇りや雨だったりすると低気圧の可能性が高いです。前日と比べて、変動しているケースもあるので、それによって体が必然的にストレスを感じて、憂鬱になっていることもあります。

朝、憂鬱な場合の対処法

■熱い風呂に入る
とにかくほとんどのパターンに対応できるのが、熱い風呂に入ることです。少なくとも憂鬱になっているのは、体が冷えている証拠でもあります。もっと詳しいことを書いてみると、精神疾患をかかえている大半の方の体は、健常な体に比べて、かなり体温が低い傾向にあります。それをしばらく熱いお湯に入ることによって、無理やりにでも神経を刺激させて元気にさせることが出来ます。また、くよくよと考えてしまうかもしれませんが、そんな暇もないくらい熱いお風呂に入ることで、解決することがほとんどです。

■食事バランスをもう一度見直す
食事バランスと単純に言われても分からないと思いますので、これだけを意識してください。たんぱく質をメインに摂取しましょう。私たちの体のほとんどはたんぱく質で構成されています。しかしながら、現代の生活を考えてみると、炭水化物ばかりです。糖分は血糖値の上げ下げを激しくしてしまう作用があり、この変動でストレスを感じやすくなります、このことから、炭水化物を控え、その代わりにたんぱく質を補うことで、脳の回復を促します。この栄養を甘く見ている人が多いです。栄養素というのは案外あなどれません。

■マグネシウムを取る
気圧が関連して、朝に憂鬱になっているのであれば、マグネシウムを摂取しましょう。ごま、厚揚げ、ピーナッツ、大豆、エビ、などに含まれている傾向にあります。ここまで書いたもので、1つでもおいしそうと思うものがあれば、まさにそれが足りていないので、体が欲しています。それでも補うことが難しい場合であれば、市販のサプリメントに頼るというのも悪くない選択です。

ここまで試しても朝になぜか憂鬱な場合

さて、ここまでのことを完璧に試した場合ですが、それでもなぜか朝に憂鬱なんだよという場合は、残念ながらうつ状態もしくは、精神疾患になっている可能性があります。大半の場合はそのような心配をすることが無く、ここまでの対策方法で何とか乗り切ることが出来ますが、それでも筆者も体験しましたが、精神疾患になっている可能性があります。病院に通うか、サプリメントを試すか、食事バランスを見直すかです。精神疾患で病院に通うという選択肢がいずれの場合においても正しいとは限りません。これは経験則から言えるものです。一番はあなたの納得できる方法で治していくのが良いですが、ここまでのことを試してもだめな場合はまずは精神疾患かうつ状態を疑ってください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告