高校受験で落ちた場合の道【これで完璧】

スポンサーリンク

高校受験で落ちたという方に向けて、今後はどんな道を選んでいけば良いのかということについてアドバイスしてみたいと思います。次の道を考えるというのは非常にポジティブな内容で良いことです。落ちた場合は思った以上に色々な道があるということに今回お気づきいただけるかもしれません。色々話が飛んでいると思うかもしれませんが、全部落ちた場合の話として、体験したり聞いたりした範囲で全力でアドバイスしていきます。今回は6パターンあるので、自分の好きな道を選ぶようにしてください。それぞれのデメリットやメリットなども書いております。

道はかなり多い!?

道はかなり多い!?

高校受験で落ちた場合はこんな方法がある

■通信制や単位制の高校に通う
探してみれば、地元でもそもそもの志望校でも通信制や単位制の高校などもあります。落ちた場合はこんな方法もあります。場合によっては4年間通わなければいけない場合もありますが、授業内容そのものについてはかなり楽なものであったり、その間に学費などはバイトしながら稼ぐことも出来ます。色々な教育方法があり、分野も色々なものを学べるようになっております。服装についても比較的自由に選ぶことが出来て、むしろそっちの方が良い場合もあります。その後については専門学校や大学などを選ぶような方法もあり、高校受験で落ちた場合もそんな選択があります。実際に通っていて卒業して、大学や専門学校で再会するといったようなケースもあったり、意外と普通なことなんだなということも実感できます。自分にとって合った方法を選ぶようにしましょう。楽な方法で行きたいならば、通信制だったりもします。デメリットがあるのではないかと思うかもしれませんが、進学において選考で聞かれることはあっても、それが悪影響になることもありません。強いて言えば、進学するときに年齢の差を感じてしまうこともありますが、大学や専門学校に通うとしてもそれは高校受験で落ちた場合以外でも、それなりに年齢の高い人が社会を一旦離脱して、学生として再スタートするということもあるので、その点ではあまり気になりません。

■そのまま就職する
高校受験で落ちた場合では、そのまま就職してしまうという選択もありです。理由についてはその就職先に突っ込まれるかもしれませんが、しっかりと説明出来ればその点は問題ありません。むしろ、高校だろうが大学だろうが卒業してもやはり、就職した先で勉強する必要があるところもあります。早い段階で仕事を覚えて、社会に溶け込めるようになるというのは素晴らしいことです。そのための前準備が高校や大学でもありますが、卒業したからといってみんな仕事が出来る人間なわけではありません。最終的に仕事にたどり着くので、就職という手も悪くはありません。

■二次募集をしている学校を探す
実は二次募集している学校もいくつかあります。それなりに多いというわけではありませんが、普通に作文や筆記試験、面接などもあって、通常の高校と変わりないような生活が出来ます。そんな高校は各都道府県のホームページが公開しているので、その学校はどんな学校かということを調べてみて入学するようにしましょう。高校受験で落ちたといっても、こんな方法もあるのでちょっとは気楽です。デメリットがあるかと思いきや、そのあたりも通常の高校を卒業したのと変わりなく、その他後の進学先などでは扱ってくれます。たまにその経歴について突っ込まれることがありますが、正直に高校受験で落ちたというのではなく、家計を助けるためにあえてこの道を選択するしかなかったというような回答をしておけば分かるはずもありません。むしろ真面目な人だなという印象すら受けます。

■アルバイトする
いわばフリーターになるわけですが、その後の未来設計が出来ているのならばとりあえずはアルバイトしてそのための資金を稼いでも良いです。ある程度は気楽に稼げるので、その間に自分のやりたいことが見つかったり、新たな目標が出来るかもしれません。そういうときに、勉強そのものにやっと身が入るようになるので、高校受験で落ちた場合はとりあえずは家計を助けるためにアルバイトだけしてみて、そこから自分の目標を再設定するのも良いです。ただ、これは相当の覚悟がないと難しい道になることだけは覚えておきましょう。

■海外に行く
海外で改めて留学などしてみるという選択もあります。高校に落ちた場合ならば、こういったものも悪くはありません。実際に筆者が行ったわけではありませんが、前述のようなアルバイトをしながらお金をためて、実際にこのような方法を選んだ人が居ましたが、それなりに今は社会で活躍しております。高校受験で落ちた場合で、あなたが海外でこんなことをしてみたい、海外の文化を学びたいというのであればそういう方法もあります。むしろ、そっちの方がグローバルな社会なので、経験として重宝されそうです。

■むしろ個人で事業を始めてみる
これは一か八かでもありますが、個人で事業を始めてみる方法もあります。特に高校受験には落ちたけど、確たる社会で発揮できるスキルを持っているというのであれば、さっさとそれを活かして個人事業を始めてみるのも良いです。結果的にこの世の中は資本がものをいう世界で、学歴社会ではありません。ネットの言葉などに惑わされず、今後どうやって生きる資金を手に入れていくかということを考えましょう。ただし、これが出来る方は高校受験に落ちた場合でもほんの一握りかもしれません。

高校受験に落ちた場合の考え方

色々とショックをうけたりしているかもしれませんが、まずはそれから立ち直るようにしてください。落ちた場合は、これまで書いたように色々な道があります。落ちたという事実より、それを認めて前に進もうとする努力が何よりも必要です。そして、失敗した人は、成功ばかり知っている人に比べて生きる力はかなり強い傾向にあります。そして、あなたはまさに強くなっている最中でもあります。これから色々な未来があると思いますが、それに向かってどんなことをすればいいかと考えましょう。そうすれば目標も決まって、勉強なり仕事なりに身が入ります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告