高校受験に失敗したら人生は終わるのか【体験談付き】

スポンサーリンク

高校受験に失敗したら人生ってどうなるのか、終わるのかと思う人が居るかもしれません。実際に親からそう聞かされたり、学校の先生からもそう言われたかもしれません。間違っていない部分もあります。実際に筆者も高校受験に失敗したので、それからどうなったかという点も踏まえて紹介していきたいと思います。良い部分を見て安心するのではなく、受験生はこれからどんな風に自分が動いていけばいいのかという点も参考にもしてください。また、最後に人生としっかり絡めて書いておりますが、人生の価値観によっては人それぞれです。ただ、あることをきっかけに人生は好転したよというエピソードも混ぜてみました。

絶望的になっている方へ

絶望的になっている方へ

高校受験に失敗すると人生は負け組になるか

結論から書きます。高校受験に失敗したら負け組にはなりません。ただし、それは個人の能力次第にもなります。例えば受験生の方で高校受験をするにあたって、どこの高校を受けて、その後の人生はどのようにすると決めていると思います。その過程がもちろん失敗すると崩れることになるので、人生が終わったかのように見えてしまいます。筆者も実際に、高校受験で失敗しました。しかし、高校そのものの役割を考えてみましょう。中学校よりは上の技術を学ぶことができて、ある程度中学校で基礎的な勉強が出来ている必要があります。そして、より専門的な分野を学ぶことによって、大学や専門学校、就職への道を歩んで行きます。いわば、次なるステップへの通過するポイントにしか過ぎません。もし、高校受験そのものに失敗したとしてもその失敗した先で、受験生がふてくされて色々と人生を諦めてしまうか、なにくそ根性で上に這い上がるかは個人の能力によって変わってきます。高校受験に失敗して、そこで人生を諦めているようではぶっちゃけ明るい未来はありません。

高校受験に失敗したら負け組の人生を歩む人の特徴

何を持って負け組とするかを、最初に説明しておきます。高校受験なり学校生活の全てが終わると、もちろん社会に出て働いて収入を得ます。そこにおいて、収入の格差がついてしまい、生活レベルも低くなってしまいがちな人のことを今回負け組とします。さて、高校受験に失敗してその後の人生を負けとして歩む人の特徴は、やはりその失敗した先で落ちて失敗したことを理由に、高校生活はダラダラと過ごしてしまいます。そして、いざ、就職なり大学受験なり、専門学校なりを迎えたとします。就職についてはもちろん、偏差値の低い高校になってしまっているので、良い高校を卒業している人と比べると、落とされやすくもなります。大学受験は勉強していないので、そのあたりでもやはり落ちてしまいます。専門学校については、ある程度志望動機などがしっかりとしていれば比較的誰でも受かる傾向にあります。しかし、その先ではかなりの努力が必要であるため、そこでもやはりダラダラと過ごしてしまうのです。これから書きますが、筆者は専門学校というパターンを選びました。

高校受験の失敗は人生にとって悪い経験ではない

高校受験は成功か失敗かの2つです。もちろん、それで落ちてしまった人は物凄くつらい思いをすると思います。筆者もその一人でした。人生において勝つことは重要視されていますが、それと同じくらい負けることも重要です。今、世の中に出ている世の中の社長クラスの人はあらゆる失敗を経験して今の道を歩んでおります。成功ばかりしている人より、失敗している人の方がメンタル的にも強く、経験も豊富な傾向にあります。筆者レベルの話に戻ると、やはり高校受験の失敗によって人生がボロボロになったと思ってしまっていましたが、将来的にはパソコンを扱う仕事がしたいと考えておりました。高校受験によって、それなりのプログラミングや、タイピングなどの基本的スキルを身につけることが出来る高校があって、そこへの入学は夢でした。もちろん、失敗しました。しかし、そこで諦めるのではなく、新たにパソコンをバイトをして入手して、そこから専門的な知識を身につけることにしました。そこから、晴れて専門学校に入学することもできました。ただ、そこからも努力は必要で、高校受験をするときのような努力は求められます。ここでするかしないかは個人の自由ですが、筆者は将来的な目標に向かって、ひたすら努力をしました。先ほど書いた、努力をしないタイプの人もいるわけですが、次第に専門学校で出される課題においつけなくなって、いつの間にか退学していた同級生がクラスに2人ほど居ました。そんなこんなの生活をしていると、学生でもあるにも関わらず1つの仕事が舞い込んできました。アルバイトもしなければならないなと思っていた矢先の話です。その内容は、専門学校で習った知識を活かして、サイトで使うプログラム(契約があるので詳しくは書けません)を作ってくれと、依頼が着ました。そのときの作業はたった2~3日程度で完成するものに対して、報酬は10万円程度です。学生にするとかなりおいしい仕事でもあります。ただ、努力して勉強をしていないと難しい内容でもありましたが、なんとか数日で完成させて、納品してその金額を得ることが出来ました。ちょっと努力が認められた感じもしました。もちろん、ここまででダラダラしている方であれば完成させることは難しいです。

結局のところ高校受験の失敗で人生が成功するかは個人次第

先ほど書いた内容がきっかけで、筆者はあえて就職はせずに個人の道を歩むことにしま頑張ることができる能力が身につくか身につかないかが、人生の成功を左右させる秘訣だと感じております。もちろん、今回の筆者のパターンでも、あらゆる面で努力が求められました。その結果、学生の時にしては数日でアルバイした。最初こそは自信に満ち溢れていましたが、それはそれであなたの想像を絶するほど最初は厳しかったです。しかし、高校受験の失敗か成功かそのものよりも、今となって思うのは、高校受験をするにあたって、トを1ヶ月かけて入手するような金額を手に入れることが出来たり、今や大学や大学院を卒業した方の平均レベルで言うと、上位に余裕で食い込んでいる経済力が身についております。また、人とのお付き合いも大切ですが、個人事業主として動いているため、その仕事の関わりや、異性とのお付き合いも順調で、今や2人の子に恵まれた家庭になりました。

そんな筆者の人生も混ぜながら、後半は解説しましたが、高校受験の失敗によって人生が終わったと思っているならば、そこから少しでも努力してみてください。いくら立派な高校を卒業したって、その後の努力が出来なければ誰でも人生は簡単に転落してしまいます。例え、成功していてその場で有頂天になっていたとしても、努力をしなければ、一気に負け組になるわけです。お金こそが全てというわけではありませんが、あれば良いものではあります。

もし、失敗して、人生そのものについて悩みを持っている高校受験を終えた方や、その親御さんは少しでも努力をすることを忘れないでください。一度でも失敗を体験した人というのは、やはり世の中で生き抜いていく力は凄いです。筆者も、仕事関係上の関わりで世の中の社長クラスの方とお話しする機会がありますが、失敗を体験している方はむしろ多い傾向にあります。

では、なぜ高校受験の失敗は人生に影響すると言われているの?

さて、高校受験の失敗そのものが人生に影響すると未だに言われているのはなぜかということを書いて今回の内容をしめてみたいと思います。基本的に日本人は安定した状況や、皆がやっているからということに対して安心感幸せを覚える傾向があります。満員電車に乗って仕事して、皆同じスーツを着てというような具合です。もちろん、人の幸せについては個人の価値観によります。安定した非常に無難で無難な状況が幸せという方ならば、高校受験の失敗はその幸せに響くかもしれません。そういった考えの人が多いので、人生に影響するよと言われています。

これは個人の価値観なので、正解か不正解かはありません。

しかしながら、人間生きていれば少しでも欲が沸いてきてしまいます。そうすると、何を捨てるかというと無難という状況を捨てることになります。理由はそこに責任が伴ってくるからです。その対価に富が得られます。そして、その過程で成功や失敗はあります。そこで、先ほど説明した努力が必要となってくるわけです。もちろん、無難な人生こそが幸せと思う方は、このリスクは選ばないと思います。

高校受験の失敗と人生の関係について書いてみましたが、ここまで話が飛躍してしまいました。結果的に伝えたいことは、努力をどんなときでも怠らないようにしようということを筆者は伝えたかっただけです。もし、絶望的な気持ちになっていれば、その状況を少しでも解消するために、努力するのみです。そして、それを行っているときに物凄く楽しくなってきて、あなたが強くなり、社会で将来的に立派に活躍していくきっかけになります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告