実家で眠くなる本当の理由を紹介!

スポンサーリンク

実家に帰省したときや、なぜか実家に限って眠くなるという方に向けて本当の理由を紹介してみます。せっかくの帰省なので、親と何か話したり、お出かけしたりという予定のはずが、寝過ごしてしまったというのは筆者だけではないと思います。特に、実家で眠くなるのを防ぎたい方には今から出来る対策も一緒に紹介してみたいと思います。

対策も紹介しております

対策も紹介しております

実家で眠くなる本当の理由とは!?

■過度にリラックスしてしまうから
当たり前のことかもしれませんが、実家だと帰ってきたら、たくさんの食べ物を出してくれたり、親の温かみを感じたりすることが出来ます。それがやはり、今でも身に染み付いているようです。ここに居ればとにかく大丈夫というようなことを脳がインプットしているおかげでもあります。また、それらを感じると人間は眠くなる傾向にあります。ちょっと話が変わりますが、あまり経済的に裕福ではない方を対象に、毎日一定のお金と住処を提供して、一定期間過ごさせると憂鬱な気分が解消するというデータもあるようです。これと同じというわけではありませんが、実家ではある程度のあなたの安全が確保されているので、眠くなってしまうようです。これについては、後に解説する対策方法で眠さをなんとかしたい方は対処してみましょう。

■ご飯をたくさん食べるから
実家に帰ると、歓迎してくれるためにご飯をたくさん食べることもあると思います。そのおかげで太ってしまうという方は毎年続出しております。やはり、ご飯をたくさん食べると血糖値が上昇します。これによって、幸せと人間は感じます。それに加えて、実家の安心感です。これらの要素があって、眠くなるというのは仕方ないことです。しかし、仕方がないというより、それを何とかしたいと思う方は、食べるものに気をつけるだけで眠くなるのを防ぐことが出来ます。これについては、後述していきます。

■ストレスを感じている可能性も否定しきれない
最近ストレスを感じていないでしょうか。ここまでのものでどれにも当てはまらない場合はストレスを感じている可能性があります。そうなると、体にどのような変化が起こるかというと、食欲がなくなったり、体温が下がったりします。ストレスをダイレクトに感じているときは体温が上昇していますが、それらに備えるために体はあらゆる方法を使って、エコモードで運転するようになります。また、さらにエネルギーを最小限にするためにわざと眠くさせるというように脳が命令することもあるようです。

実家で眠くなるのを防ぐ方法

■ダイエットしてみる
実家で眠くなる場合で、特に帰省までにちょっと時間がある方はダイエットを始めてみましょう。特に太る可能性がある方は、このあたりで少し調整するのも良いきっかけです。。なぜ、ダイエットをおすすめしたのかというと、人間は食べるものが制限されてしまうと、眠ることが難しくなります。これは、獲物を探してとにかく体に栄養を与えなければならないという錯覚をさせてやります。もちろん、実家に帰って何かたくさん食べるとそれで眠くなることがありますが、予定をこなす直前までダイエットをしておけば、1日中スムーズに動くことが出来ます。もしくは、食事でも炭水化物の類はかなり制限することで眠くなるのを防ぐことができます。

■ストレスの根本を取り除く
何かストレスがあるのならばまずは、ストレスを取り除くようにしましょう。特に、実家に帰ってもストレスを抱えている状況だと、更に眠くなる可能性があります。もし、無理やり帰っている場合で、経済的にも自立している場合ならば無理やり帰省する必要はありません。また、日常生活でも何か困っていることがあれば、なるべくそれらの解決を後回しにせず、しっかりと向き合うことも大切です。

■無理やりお出かけする約束を取り付ける
特に責任感の強い方限定ですが、無理やりお出かけする約束を、家族と取り付けてみましょう。これで、実家に帰って眠くなるのを防ぐことが出来ます。何が何でも約束を果たすまでという責任感がある方限定です。筆者は何かしら予定があると、あまり眠れないタイプなので、これを帰省した時であればうまく活用しております。それに備えて自分も日常的に準備を始めてみたり、体調を整えたりというような工夫をいつの間にかしております。

■筋トレをする
さて、ここでは眠くなるのであって、すぐに何とかしたい方ならば筋トレをするのも良いです。あまりきつい筋トレではなく、ほんのりきつい程度に抑えておきましょう。神経が刺激されるので、筋トレ直後はしっかりと目が覚めております。寝る前には筋トレをすると睡眠の質が下がるので、これらをうまく活用する手もあります。筆者は日常的に筋トレを楽しんでおりますが、やはり目を覚ますことが出来るので、寝起きでしばらくしたら行ってみて1日を快適に過ごす習慣を身に着けております。

■熱い温泉や風呂に入る
熱い風呂や温泉などに入ることによって、交感神経が刺激されるからです。ぬるめのお風呂に入ってマッタリするのも良いですが、今回は対策という目的なので、頑張って熱いお湯に入ってみましょう。10分程度も入れば、睡眠どころではないような暑さになれます。特に寝起きが良くない方は、わざとこうやって、熱いシャワーやお風呂で目覚めをスッキリさせている方も多いようです。

■睡眠はしっかりと取っておく
当たり前のことかもしれませんが、睡眠は前もってしっかりととっておくようにしましょう。実家に帰って眠くなるのであれば、日常生活のどこかで無理をしている可能性があります。特に睡眠は大事です。時間がない方は、睡眠の質を上げるような努力をしましょう。もしくは、眠れない方でも、横になっているだけである程度は回復するので、まずはこれを心がけてみるようにしましょう。

実家で眠くなるのはとても良いこと

あれこれと説明してきましたが、実家で眠くなるというのはストレスを感じている場合を除けば、とても良いことです。いつまで経っても、両親があなたの味方をしてくれているという証拠でもあります。実際に頼ってはいなくとも、それが日常的な安心感にも繋がりますよね。また、眠さを対策することも必要かもしれませんが、しっかりと休むキッカケになっているので、眠いのであれば素直にその欲求に従うのが良いです。ここでしっかりと体を休めて、次の日や、仕事や学業に備えるのも悪くありません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告