宿題が楽しくなる方法を色々紹介します

スポンサーリンク

宿題といえば、とにかく意味を感じないし面倒だと思っていないでしょうか。実際に将来的に何の役に立つのかと思ってしまうかもしれません。とにかく必要だと感じているかもしれません。そんな宿題ならば、楽しくなる方法でやればいいです。しかし、実際に楽しくなるにはどんな方法があるのか思いつかない方のために、様々なものを書いてみたいと思います。モチベーションを上げたり、楽しくなるような工夫は筆者も行ってきて大人になったのでこれは自分でも試せそうだなと思うものがあればチャレンジしてみてください。

看護師が教えます(大嘘)

看護師が教えます(大嘘)

色々な宿題が楽しくなる方法

・これが出来たらゲームを買ってもらう
宿題が楽しくなる方法の1つとして、親にも勉強しろと言われているならば、今学期は忘れずにまずは宿題をやって勉強するからこんなゲームを買ってほしいと親に提案してみましょう。自分自身も宿題そのものに意味を感じなくとも、ゲームを買ってもらえるということ自体がモチベーションになります。筆者はパソコンが大好きなのと、高校受験前なので、しっかりと宿題や勉強をやる代わりに受かればパソコンを購入してくれとお願いしました。意味を感じなくともかなり楽しくなりました。

・とにかく文房具を揃える
さて、宿題が楽しくなる方法ならばそもそもの話でやる気がなかったりもします。そこで、最新の文房具を揃えてみましょう。シャーペンやボールペンにしてもさまざまなものがあると思います。筆者はこれは父親にも習ったテクニックであり、3000円くらい握らされて、これで勉強に必要な文房具を買い揃えてくることを言われました。今では立派な文房具好きであり、いまだに勉強が必要なシーンではあえて文房具を揃えております。この教科はこのシャーペンを使ってやるぞというような楽しみも生まれてきます。まずは、あなたが文房具店に向かってこれで勉強すると書きやすそうというようなペンなどを発見して、買ってみましょう。意外とあなどれない宿題が楽しくなる方法です。

・これが終わったらゲームが出来ると自分に課題を出す
これは人によっては楽しくなる方法ではないかもしれませんが、自分のやりたいゲームがあれば宿題が終わればやっていいというような自分に自分で宿題を出すスタイルです。これによって面倒でもやらなければいけなくなったりというような、習慣を自分で身につけます。これが出来るようになればあなたも立派な大人です。大人でも資格の勉強をしたり、それに受かるようにと会社から宿題が出ることがありますが、こうやって楽しくなるようにする方法もあります。

・見方を変えた参考書を買ってみる
例えば、世の中に出回っている参考書というのはどれもこれも分かりにくいものばかりです。それならば、自分に分かりやすいものや、楽しくなるような書き方などをしてくれているものを探してみましょう。最近はう○こドリルなど色々なものが出てくるようになりました。今までだとこんなものはありえないという世間一般の認識でしたが、これは見方を変えているからこそ宿題をするような方が楽しく出来るようになっているのです。そんな参考書を見つけるのもちょっと手間がかかるかもしれませんが、見つかればそれだけ勉強も楽しくなります。

・翻訳が必要であれば、ですますでは訳さない
英語の宿題の出題の例として、「This is a pen」という英文を翻訳して下さいという問題が出たとします。大半の方が「これはペンです」と書くかもしれません。ただ、「これはペンやで」と関西弁風に書いても正解です。世の中の誰もが日本はですます調で話しているわけではありません。英語で話すようなところでもそうです。翻訳が必要な英語などの教科は楽しくなる方法として、学校で習ったような書き方にすると面白くないので、色んな方法で書いてみましょう。もちろんあなたがお住まいの場所の方言でも良いです。

・モチベーションが上がる音楽を探す
音楽と宿題はセットで使うと便利です。例えばカフェで流れているような音楽を流してみたり色々な方法で試してみるようにしましょう。そのうち、この音楽だと自分は宿題が楽しくなるというものが見つかってくるので、楽しくなる方法としては絶対に覚えておきましょう。誰もがやっていることですが、宿題そのものが楽しくなる方法を知らない方はここに気づいていないこともあります。まずは自分の好きな音楽と一緒に宿題に入ってみましょう。

・勉強が得意な人と一緒に宿題をする
勉強そのものが得意な人というのは必然的に宿題をするのに、楽しくなる方法で試している方も多いです。そういったことを学ぶためにも、自分より勉強が得意だなという友達が居れば、今日は一緒に宿題をやってみないかと聞いてみましょう。筆者も1ヶ月に2~3回は友達と集まって宿題をしていました。やはり、そこから学んだことは、勉強が得意な人は宿題そのものも楽しくなる方法でやっているということが分かります。あなたも友達のやり方をまねしてみましょう。

・自分に違った刺激を与える
宿題は大体1時間くらいやって休憩というスタイルの方が多いですが、これでは楽しくなるどころか、つまらなくなってしまいます。それであれば、10分ゲームして10分宿題をするというようなちょっと変わった方法で自分に刺激を入れてみることで宿題をやってみます。こうやっていつもと違う方法でやるだけで、宿題は楽しくなります。その証拠に新学期やノートが新しくなるだけでちょっとやる気になるというのは自分に違った刺激が入っているからです。

・出題されたものを別のものに頭の中で置き換えて回答してみる
宿題はどれもこれもありきたりな文章で書かれていたり、たまに難解な文章で書かれていることもあります。特に後者であれば、それだけで宿題のやる気がなくなってしまいます。そこで、文を読んでいるときに別のものに置き換えて読んでみたりしましょう。特にお金がなくとも自分の頭1つで出来る楽しくなる方法です。

・あなたの将来の目標は何?
まだまだ自分なりに納得するものが見つからないのであれば、自分の将来は何になりたいか考えてみましょう。例えばあなたのなりたい職業がYouTuberだったり、パソコンを扱う仕事だったりするかもしれません。そこには英語や数学などの知識は必須です。例えば、画像を作るときにでも大したものではありませんが、専門的になるとちょっとした数学の知識や英語で書かれていることもあるので、それを読んで理解する必要があります。そうじゃなければ使うことは出来ません。そんな感じで、自分の将来にこの教科は何の役に立つのかと考えると、宿題も必然的に楽しくなるのです。

・塾に通う
これは最終手段でもありますが、塾に通うという手もあります。ありきたりなCMで放送されているような塾でも良いですが、中には面白さに重点を置いて説明してくれている先生も居ます。筆者はかなり有名な塾などに通っていたわけではありませんが、色々と成績の伸び悩みを感じて、塾に通うことにしてみました。そこがたまたま自分にとって良かったようで、ありがちな難しい問題も楽しく教えてくれたり、覚え方などを学ぶことが出来ました。そうすることで宿題も簡単に見えてくるのです。そうすると、宿題は楽しくなります。ゲームで言うところのチートを使った状態にも出来ることもあります。内心点を上げるために塾が宿題に協力してくれるところもあるからです。自分にぴったりな塾を探してみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告