中学生の女子に筋トレで本当に効果があるものを伝授!

スポンサーリンク

今回は中学生の中でも女子向けに筋トレを紹介してみたいと思います。まず、女子といえば大半の方がスリムになって綺麗なボディになることが目的だと思います。しかしながら、大半の場合が勘違いしていることもあるので、それについての誤解を解きながら本当に効果のある筋トレについて説明していきます。特に今まで他のサイトで効果があまり出なかったという方ならば、今回書く内容をそのまんま筋トレメニューとして組み込むことで、見る見るうちに体が変わっていくことが体感できます。

目指せ!メリハリボディ!

目指せ!メリハリボディ!

中学生女子にありがちな腹筋だけの筋トレはやめよう

さて、今回は腹筋トレーニングも紹介しますが、スリムになりたければ腹筋だけのトレーニングをするのはやめておきましょう。なぜなのかというと、筋トレをするということは、筋肉が大きくなるということでもあります。そうなるとどうでしょうか、筋トレで成果が出せなければ、ウェストだけが何センチも増えてしまうことにもなります。だからといって、腹筋トレーニングをやらないようにと言っているわけではありません。徐々に成果が出てくるに連れて、お腹周りも鍛えておくことによって、その部分の体脂肪も減って、初めて効果を生み出します。また、腹筋だけやったとしても消費カロリーは微々たるものなので、それ”だけ”のトレーニングはやめるようにしてください。

女子中学生に向けた本当に効果のある筋トレメニューとは

1日目:スクワット

こんな感じです

こんな感じです

まずは中学生の女子がやるべき筋トレはスクワットです。画像のように真似して行ってみましょう。足は肩幅に開いて、腰は後ろに突き出して更に上げるというイメージでこの体勢が作れます。10回3セットを目標にやってみましょう。恐らく最初はこの回数すら難しいですので、限界の数が6回ならば、6回3セットで良いです。なぜスクワットをおすすめするのかというと、足には体の半分以上の筋肉が集まっております。そこを鍛えることによって、基礎代謝の大幅な向上が狙えます。また、画像のような体勢で筋トレをすることによって、お腹にも自然に力が入るので、腹筋トレーニングと一緒になります。また、お腹をシェイプアップさせたければ、まずはスクワットだと、フィットネス業界では言われております。

2日目:お休み

3日目:順手懸垂

持ち方に注目

持ち方に注目

女子でも順手懸垂を行うようにしてみましょう。運動場の鉄棒や、公園のブランコなどを握って行います。手のひらは前に向けて、棒を握る感じをイメージしてください。そして、そのまま上体を上げ下ろしします。これは、腕などのトレーニングではなく、背中の筋トレになっております。なぜ女子に背中の筋トレをおすすめしているのかというと、後ろから見たときに背中が発達していることによってスリムに見えるようになります。お腹に向かうに当たって、段々ラインが細くなっていくイメージです。最初は1回も出来ないと思うので、ジャンプして懸垂が完了した状態からジワジワおろすようにしてみましょう。2~3回で大丈夫です。しばらくすれば、これは何回もできるようになります。

4日目:お休み

5日目:腕立て伏せ
腕立て伏せは手を肩幅より広めに開いて、ハの字を書くようにセットして、行ってみましょう。よくこれは腕のトレーニングかと勘違いしてしまう女子中学生が多いですが、これは大胸筋のトレーニングです。なぜ、これをおすすめするのかというとバストアップにかなり役立ちます。冗談でしょと思うならば、腕立て伏せをやった後に、胸囲を測って見ましょう。恐らく数センチ増えているはずです。10回3セットをここでも目標にしますが、限界がその前にきたならば、限界を3セットやってみてください。

6日目:スクワット
初日の要領で行ってください。書き忘れていましたが、女子がスクワットをやることで見込める効果は、脚のむくみが取れたり、冷え性がなくなったり、ヒップラインがかなり綺麗に見えるようになります。男子にもモテモテです。

7日目:お休み

これらを1週間のサイクルとして、3ヶ月続けてみるようにしてみましょう。なぜお休みがあるのかと疑問に思ったかもしれません。毎日やらないといけないのではと思うかもしれませんが、筋トレというのは基本的に筋肉を分解する運動です。お休みしなければ、筋肉もうまく回復してくれません。また、毎日続けたところで、効率的でもない上に、実は体脂肪が増える原因にもなってしまうので要注意です。

中学生の女子がやりがちな勘違いや失敗と食事について

さて、ここまでの女子中学生向けの筋トレメニューなどを見てもらって、ここまでやってしまうと筋肉が付いてマッチョになってしまうのではないかというような勘違いをするかもしれませんが、その心配の必要はありません。女子が本気でマッチョになりたいならば、想像を絶するトレーニングが必要になります。また、肉やプロテインの類はかなり摂取しないといけません。中学生女子ならば毎日700gの鶏肉を食べることを目標にしないといけないくらいです。恐らく難しいでしょう。そんなことから、マッチョになってしまわないのではないかというような心配は必要ありません。

そして、疎かにしてしまいがちなのが食事です。筋トレをせっかく行ったのに食べるものが間違っていれば効果もあまりでません。筋トレ後に卵は1~2個は食べるようにしてください。これで筋肉の回復を促して、筋肉が付くようになります。また、ダイエットも兼ねてということであれば、ジュースやお菓子、パン、米、パスタなどの甘いものなどの炭水化物を控えるようにしましょう。恐らくここまで書いたことを何の疑いもなく行っていただければ、あなたが腰を抜かすほどの効果が体感できます。

また、中学生女子向けとは書いているものの、実は大人の女子でも通用するトレーニングでもあります。ここで一度知識さえ身につけたならば、将来的に太ってしまったときにでも、この方法で簡単にスリム体型にすることができるので実際に筋トレをしてみて覚えておきましょう。また、一回鍛えておけば、マッスルメモリーというものが筋肉にはあり、普通の人が筋トレを開始するのに比べて比較的発達しやすかったり、ダイエットをするにしても効果が出やすくなったりもします。

とりあえず3ヶ月間頑張りましょう

中学生の女子に言いたいことは、とりあえず3ヶ月頑張りましょうということです。なぜその期間頑張ることが必要なのかというと、人間の体質を変えるのに必要な期間だからです。また、細胞が丸々入れ替わるのに必要な期間でもあります。あのプライベートジムでも2~3ヶ月でこの体と書いていますが、知っている人からするとかなり当たり前の話でもあります。とにかく本気で体つきを変えたければこの期間は必須でもあります。

中学生の女子向け!短期間ダイエット♪


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告