知り合いに会いたくないのは病気かどうか解説してみる!

スポンサーリンク

ここ数日、もしくは数年のところ、知り合いに会いたくないと思っていないでしょうか。LINEなどや電話を使ったやり取りなどは気軽であるものの、実際に知り合いに会うとなればちょっと億劫だなと思ったりすることもあると思います。ひょっとしてそれって病気なのではないかと思う方に向けて今回は実はどうなのかというところについて解説していってみたいと思います。

大半が気にする必要がない

大半が気にする必要がない

知り合いに会いたくないので考えられる病気について

知り合いに会いたくないということで、考えられる病気といえばやはり、うつ病などの精神疾患です。これらの症状としては、不眠であったり、異様な肩こりであったり、人間関係が億劫になってきたり、マイナス思考が消えなかったり、集中力が低下したり、趣味などが楽しめなかったりということの症状があります。しかもこれらがすべて2週間以上続いていたら病気のサインでもあるので、すぐに心療内科なり、精神科なり、メンタルクリニックなりを予約するようにしてください。びっくりするほど危ない空間なのではないかと偏見もあるかもしれませんが、むしろ待合室はジャズなどもかかっており、非常に過ごしやすいように工夫されています。ただ、単に知り合いに会いたくないというだけならば実は病気でも何でもありません。うつ病であれば、家族ですら合いたくなくなってしまいます。

知り合いに会いたくない病気以外のことで考えられること

・テストステロン濃度が高くなった
特に筋肉を動かすようなスポーツをする男性や、ホルモンバランスの変動がある女性などはこれらの一連の出来事によって、一時的にテストステロンの濃度が高まることがあります。これはいわば男性ホルモンの1つのことですが、分泌されることで知り合いに会いたくないといったり、孤独に生きていたいというような願望が現れるようになります。特に最近はイライラしやすかったり、反対に集中力はかなりあるというようなことを体験しているならば、まさにこれの分泌が高い状態になっております。

・年齢により落ち着いた
年齢を重ねたり、結婚などのイベントがあると、一気に知り合いに会いたくないような方が増えてきます。年齢によって、落ち着きが出てきたということもあります。特にこれまでは毎日友達と夜通し遊んでいたりしたのになという方がこのような体験をするとかなりびっくりするかもしれませんが、心配する必要はありません。恐らくあなたの友達もノリで遊びに誘ってきたりするかもしれませんが、真剣に応える必要もありません。

・そもそもの性格によるもの
知り合いに会いたくない病気というよりは、自分が生まれ育ってから持ち合わせている性格などもあります。自分の親などが知り合いに会いたくないと言っていたり、避けていたりするのであれば、あなたも必然的にそうなってもおかしくはありません。生まれ持った性格なので特に気にする必要もありません。ただ、知り合いや友達について付き合いを続けなければどうなるんだろうというような不安な感覚も持ち合わせているかもしれません。そのあたりは筆者も通過したので、どんなものかと後に解説していきます。

・自己中すぎるから
例えば、日常生活で毎日のルーティンを組んでいたりする場合は知り合いであっても邪魔をされたくないという方もいると思います。実は筆者もそうです。知り合いに会いたくないのは、自分の生活の一部が邪魔されたりすることでかなりの不快感があるから、それをうまく見極めてくれる人としか会いたくないというような考えを持ち合わせているのならば、自己中です。これに当てはまったからといって、あなたをバカにしているわけではありません。自己中というよりは、自分の時間がとても大切で、趣味や技術を磨くのに時間を費やしたいタイプなんだと思います。

・疲れている可能性
知り合いに会いたくない場合で、人付き合いはそもそも頻繁に行っていたのであれば、疲れている可能性もあります。また、無理やり人付き合いをしている方で人脈が広い方も居ますが、それもいずれ体力の低下と共にもたなくなってきます。知り合いとの付き合いに疲れているのならば、もう少し自分を持って生きるようにしてみましょう。筆者もそのような時期がありましたが、いずれ限界が来てしまいます。生粋の人好きではない限りは、大半が無理をしているケースなので、最後のまとめを読んでみてください。

・人に気を使いすぎる
こんなことを発言すると相手はこう思うと思ったりするような人に気を使いすぎるタイプの方であれば、知り合いに会いたくないというのはおかしくない傾向です。ある程度の礼儀やマナーなどを重んじる方であると思います。そして、優しい方だと思います。人に気を使いすぎると将来的にあなたが疲れてしまうことにもなります。病気ではありませんが、度が過ぎるとちょっと病気になってしまうこともあります。うつ病予備軍でもありますので、このタイプの方はかなり気をつけるようにしましょう。そして、もう少しゆっくりしてください。

知り合いや友達付き合いで会いたくないときの考え方

とりあえず会いたくないならば会いたくないで良いことです。最終的に知り合いや友達付き合いなどで人間の幅がかなり広い人でも、無理をしていればその生活はいずれ終わりになります。そして、あなたが意識しなくともそれなりの年齢になれば、周りの方が結婚や帰省などで会うことも難しくなります。どんなに人脈が広い方でも、最終的に会ったりする友達は0人というパターンも少なくありません。むしろ、付き合いの幅が狭く深い方の場合が2~3人友達付き合いが長く続いているというケースもあります。最終的にそんなものなので、知り合いに会いたくないから病気だとか、将来的に寂しい人間になると思う必要もありません。人間ある程度生きてくると、このような経験は9割くらいの方が体験することです。残り1割は本当に人と集まってワイワイするようなことが好きな方です。ただ、社会全体を見渡して筆者が見てきた限りはかなり少数派です。最終的には大半の方がこうなってしまうので気にする必要もありません。たまに心許せる知り合いと気乗りしたら会話してみたり、拘留してみたりするという程度で良いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告