中学生になると臭い!科学の面から抑えてみよう!

スポンサーリンク

中学生本人だったり、そんな子供を持つ親御さんの悩みは臭いという悩みです。実際にこれくらいの年齢になると体臭がかなり気になってくる年頃でもあります。実際に衣類を洗濯する親はこのくらいの年齢になるとこんなに臭うのかとビックリするケースも多いようです。そんな親御さんや中学生に向けて今回は臭いを抑える魔法を紹介したいと思います。また、特に高額なものを今回紹介するわけでもなく、スーパーや薬局などで手に入るものをまずはお試しください。もしかすると、一般家庭にもあるかもしれません。

そろそろ臭う方に

そろそろ臭う方に

ミョウバンとクエン酸で中学生のイヤな臭いはほとんど消える

・ミョウバンについて
中学生の臭いという悩みを持つ方で、特に腋の辺りが臭いならばミョウバンを使ってみましょう。これは食品に使われるものでもあり、スーパーでも販売されております。体臭を消すにはかなり簡単で、ミョウバンは少し大きい粒なので、それらを粉々にして、臭いを感じるタイミングで塗りこみます。それだけでもあっという間に体臭を消すことが可能です。また、その他のスプレーなどの類を使うかもしれませんが、返って臭いを悪化させてしまうケースもあります。中学生の頃、特に体臭がきつくなってきたような子がスプレーを四六時中ふりまいていましたが、周りにも迷惑な上、逆高価な場合もあります。また、アバウトでも良いですが、大体の目安として250mlくらいのコップに大さじ半分くらいのものを入れて、携帯してスプレーにしてしまうのも良いです。特に今回の場合は、腋の周りに雑菌が発生している状態なのですが、除菌することが出来ます。頭皮の臭い対策にも使うことが出来ます。

・クエン酸について
恐らく中学生になって、特に男の子であれば肉が大好きになってくるかもしれません。ご家庭によっては、炭水化物よりたんぱく質類を中心に食べているところも増えてきました。そんなことを意識しなくとも、高たんぱくな食事は世の中に溢れています。中学生になるとホルモンバランスも徐々に変わってきて、大人に近づいてくるので臭いと感じることもあります。そこで、クエン酸水を作ってみましょう。今回は塗るのではなく、飲むのです。例えばレモンティーに追加してみたり、いつも飲んでいる炭酸飲料に追加してみたりしましょう。500mlくらいのペットボトルに3g程度で良いです。これをしばらく飲み続けてもらいます。すぐに効果があるわけではありませんが、気が付いたら臭いのが大丈夫になっていたということもあります。

お財布に余裕があれば、逆性石鹸とエタノールを中学生からの臭い対策に

お財布に少し余裕があれば、逆性石鹸とエタノールを購入するようにしてください。通常逆性石鹸は、洗濯などに使える柔軟剤として入っております。無香料タイプが良い方は、この機会に手に入れてください。オスバンSという商品名で販売されております。これとエタノールを混ぜておきます。例えば、中学生だとまだ服の臭いが残っていて、消臭したいときや、体育の後にそのままバッグに入れて自宅に帰って、臭いという思いをしたくないのであればこれらを事前に振りかけておくと消臭することができます。また、足の臭いや靴の臭いなどに使うことも出来て一石二鳥です。お財布に余裕はないけど、試してみたいという方は、とりあえず逆性石鹸だけ買って振りかけてみるのも良いです。筆者はこれを愛用しており、様々なシーンで使うことが出来ます。例えば、中学生の話題と少しそれてしまいますが、手先を石鹸で洗った後に、逆性石鹸でさらに綺麗にすると言うこともできます。通常ここまで必要な機会は少ないですが、手先の衛生面も保ちたい方はおすすめです。他にも、ペットの尿で汚れてしまった場合は、綺麗にふき取って消毒して、仕上げにスプレーしたりということや、実際に温泉などで採用されているケースもあります。

中学生の独特の臭いを洗濯で消すならば漂白剤

とにかく中学生の洗濯物に悩む親ならば、今回は漂白剤を使ったりする頻度を増やして衣類を洗濯してあげましょう。特に下着の類であれば、白系のものを着用するように学校に命じられているので特に心配は要りません。また、学ランなどは頻繁にクリーニングに出すことは難しいので、先ほどの逆性石鹸のスプレーをふりかけたりして対処します。特に夏などの季節であれば、クーラーが効いているところは少なかったり、シーズンになれば体育祭などで動き回るかもしれません。体操服もしっかりと洗う必要がありますが、時間がない方はささっと漂白剤を混ぜて洗濯するようにしてください。

中学生の子供に臭いと伝えるべきか

ここからは親御さんが読むコンテンツですが、中学生の子供に臭いと伝えるべきか悩んでいる方にお伝えします。特に色々お多感な時期なので、言うべきか迷うかもしれませんが、ズバっと言ってしまうのも親の愛ではないかなと思います。そして、子供もそれなりに気づかうようになります。親が指摘しないと学校で周りから嫌われてしまうケースもあり、本人も自覚していない可能性があります。親子だからこそ言うべきなのです。ただ、女の子であれば、もう少し清潔にしなさいとやんわり言ってあげるのも良いです。最終的に自分の子供にハッキリ言っていいかはメンタル次第ですが、臭いと言ってしまうのを筆者はおすすめします。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告