サプリと頭痛薬の飲み合わせで良いものと悪いもの

スポンサーリンク

ふと自分が飲んでいるサプリや頭痛薬の飲み合わせってどうなのかと疑問に思った方も居ると思います。大半の場合は大丈夫ですが、場合によっては実は悪い飲み合わせも一部あります。今回はサプリでも特定の製品名などを挙げているとお読みの方も疲れていると思うので、それに効果が合致していないかどうかだけをチェックして、こんな飲み合わせは要注意だよということについて書いて行きます。何より、製品名を挙げると色々と問題も出てきます。また、今回の頭痛の対象範囲としては風邪であること、緊張型の頭痛であること、片頭痛であるかのどれかに合致したものを記述しております。

要チェック!

要チェック!

サプリと頭痛薬の飲み合わせで良くないもの

・体脂肪系サプリ
体脂肪を燃焼してくれる系のサプリで、実際にあなたが体温の上昇を感じている場合などは頭痛薬の1つの片頭痛に関するお薬と飲み合わせが悪い場合があります。通常片頭痛などは、血管の拡張などによって痛みを感じやすいので、これらを抑えるために頭痛薬として処方されます。しかしながら、それらと反対のことをサプリによって行っているわけなので、場合によっては片頭痛発作が改善しない場合もあります。また、単に頭痛を感じている場合でもちょっと体を動かすと頭痛がしてしまうというような場合はサプリメントの摂取は控えるようにしましょう。そして、おさまれば改めてサプリを摂取しても良いです。

・果物系が含まれるサプリ
果物形のサプリの中で特にグレープフルーツに関する成分が含まれていることがあります。これによって一部血中濃度を上昇させすぎてしまう効果が確認されております。このことから、あなたに副作用が出てくる可能性も高くなってきます。言い換えると早く効かせたければ飲めば良いですが、その分効果も早く消えてしまうのでおすすめはできません。また、肝臓などの代謝できる肝臓を傷めてしまう可能性も非常に高くなります。もし、果物に関する特殊な成分が含まれているサプリであれば、頭痛薬との飲み合わせには注意しましょう。

・カルシウム系のサプリ
飲み合わせそのものに問題があるわけではありませんが、頭痛薬と併用する場合は過剰になっている場合は頭痛を引き起こす可能性があります。現代人は色々なものから実はカルシウムが摂取できているので、運動をしているなどの特別な事情がないのであればそもそもは必要な場合は少ないです。もちろん食生活にもよりますが、摂取のしすぎは頭痛を頻繁に誘発してしまう可能性があるので気をつけるようにしましょう。もちろん、日常の栄養素をしっかりと管理しているのであれば、余計なお世話かもしれませんが、知識の一つとして覚えておきましょう。

・プロテイン(たんぱく質)を含むサプリ
プロテインやBCAAなどのサプリを飲んでいる方は、特に片頭痛の頭痛薬と一緒に飲んでいると効き目が悪くなる可能性があります。これはたんぱく質などによって、吸収を遅らせてしまう作用があるからです。特に頭痛薬でも何でもありませんが、漂白剤を誤飲してしまった場合は、卵や牛乳などを飲むようにすべきと書いてあります。これは、吸収をたんぱく質によって阻害させてしまうためのもので、頭痛薬にも同じことが言えます。製薬会社も公開している情報なので、特にしっかりと効いてほしいというような場合は間をあけて飲むようにしてください。また、大抵のサプリにはたんぱく質は微量ながらもふくまれていますので、大量摂取するという以外ではさほど気にする必要はありません。

・ポリフェノール含有系サプリ
最近のサプリではポリフェノールが含まれているものもあります。これは片頭痛を起こす成分としても有名であり、継続的に飲んでいる方は飲み合わせに注意するようにしましょう。特に頓服などに頼る必要がある場合は、この場合では血管の拡張状態になっていることが予想されます。ポリフェノールが含まれるサプリを一緒に摂取してしまうと、頭痛薬の効きが悪い状態になってしまうことが予想されます。

・精神安定系のサプリ
頭痛薬の中でも、精神を落ち着けるための作用があるものもあったりします。それと精神安定系のサプリなどを飲むと、セロトニン症候群を引き起こしてしまう可能性もあるので飲みあわせには要注意です。セイヨウオトギリソウ、セントジョーンズワート、GABA系、5-HTPなどであれば、頭痛薬と相互作用を引き起こしてしまう可能性があり、副作用も出てしまいやすくなります。筆者も飲み合わせなどでよろしくはないと添付文書に記述しているにもかかわらず、お構いなしに飲んだことがありますが、結果的に副作用が出てしまいました。

片頭痛はなぜ起こる?

サプリと頭痛薬の飲み合わせは最終的に医師や薬剤師に確認を

最終的には頭痛薬との飲み合わせが悪いかどうかは医師や薬剤師に確認する必要があります。可能であれば、現物を病院か薬剤師に見せてこれらの飲み合わせは大丈夫かと確認するようにしましょう。しかしながら、専門知識を有していない可能性もあるので、飲んでいいとも飲んではいけないともハッキリとしない回答が返ってきたりする可能性もありますのでそのあたりは要注意です。たまに知らない薬剤師や医師がこれは飲んでいいよと言って、製薬会社の説明ではダメだと書いてあることもあります。

反対にダメだと言われているのに飲んでも大丈夫なケースもあります。このあたりは頭痛薬やサプリも個人差があるからです。

余計なお世話かもしれませんが、サプリの立ち位置を考えた場合、足りないものを補うためにあります。サプリメントとは日本語に直すと補足という意味もあります。このことから、サプリも万能なものばかりではないよということもちょっと勉強しておきましょう。もちろん、人によってメンタル面で有利だったりするので、この限りではありません。どうせなら効くものや効率的に摂取しようという意味でお伝えしました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。サプリと頭痛薬の飲み合わせでは、一部説明しきれてない部分もあります。筆者も把握できているサプリなどは上記サプリくらいのものなので、他に気になるものがあれば前述の通り医者や薬剤師に聞くようにしてください。これってどうなのと思うものがあれば、コメントなども頂ければ返信や加筆の類を行います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告