実家に帰りたくない理由と解決策

スポンサーリンク

今回は、帰省シーズンネタでも実家に帰りたくない世の中の理由を知りたい方に向けて紹介してみたいと思います。内容的には親にも子供にも向けた内容です。実際に実家に帰りたくないと筆者は思っていて、帰っていないので、心理的にはどんなものか参考にしたい方は是非参考にしてみてください。もしかすると、どこかの家庭が幸せに慣れるキッカケがつかめるかもしれません。親サイドへのアドバイス、子供サイドへの参考になる点もあるかと思いますので、特に自分の気になった項目を読んでみるようにしてください。

理由と解決策をお探しの方へ

理由と解決策をお探しの方へ

こんな理由で実家に帰りたくない

・親が過干渉もしくは無関心すぎるから
実家に帰りたくない方の多くがこのような理由を抱えております。親のどちらか一方が無関心、そして一方が過干渉であるということです。これは子供にとってこれ以上ない最悪の家庭環境でもあります。このような環境で育つと、精神的にふさぎこみガチになったり、世の中にうまく溶け込めないこともあります。まさに筆者がこのようなタイプで、このような家庭で育った方の多くは実家を巣立ったものの帰りたくないというような心理になってしまいます。これは大まかな理由で、もっと具体的に書いてみると、子供に届いた手紙を勝手に親が開封していたり、親の期待が過剰すぎたり、それに応えようとしていたりと、カオスな環境になっております。体験したからこそここまで書けます。そのような状態で巣立った子供の方がお読みであるならば、残念ながら改善する見込みはありません。帰らないという選択肢が正解です。親としても今更変わるということは確実に無理だと思うので、諦めるようにしましょう。

・将来の具体的なプランを聞かれる
親としては子供が、将来的に今の仕事でどうやって生きていて、結婚はどうするのかと実家に帰ってきたら聞きたくなるかもしれません。親の心理としては子供へ対する心配なのですが、子供からすると答えたくなかったり、親の言うとおりにするのが難しかったりです。もし、ここをお読みの親御さんが居れば、とりあえず息子や娘が実家に帰ってきたら暖かく迎え入れるようにしてください。困っていて、頼りになる親であれば、言わずともしっかりと自分が思った通りの結果になります。さらに、信用されていない気分になってしまいます。

・そもそも実家暮らしの時から過ごしにくかった
そもそもの意味で、実家に帰りたくない理由は過ごしづらかったということがあります。上記で挙げた過干渉&無関心の親の下で育ったり、親同士がそもそもケンカばかりだったり、親子の中が悪かったりということがあります。その他、環境的要因だったりすることもあります。

・両親が不仲である
両親が不仲であることは、子供にとってはやはり心地は良くないです。特に毎日毎日、喧嘩をしているような家庭もたまに見かけますが、子供は相当精神的に滅入っています。それで帰ってこいと言っても、帰ったらまたどうせ喧嘩して愚痴の一つでも自分にこぼしてくるんだろうなというような心理になります。もし、ここをお読みの親でそういったことに該当していたら、少しでも居心地が良くなるように配慮してあげましょう。また、子供サイドの方がお読みであれば、居心地の悪い実家に帰る必要はありません。

・精神的にも自立したから
意外と実家に帰りたくない理由は、精神的にも自立できたからだったりもします。これまで愛情をしっかりと受けて育った子供でも、社会に出て一人暮らしをすれば、最初は寂しいと思うものですが、段々それにも慣れてきます。大人になったという証でもあります。これはこれで素晴らしいことです。なんとなく帰りたくないけど、理由が分からないという方はまさにこれに当てはまっているケースが多いです。これは親が悪いというわけではありません。ここをお読みの息子や娘の方であれば、少しでも顔を出すように心がけてみましょう。

・今の暮らしの方が心地良い
実家暮らしより、一人暮らしをした方が単純に何かと楽だったり、気を使わないということもあります。ある程度社会に出て、自分が過ごすお金さえ稼いでいたら残りは何をしようと自由です。帰省すると、子供の時代のようにご飯を食べる時間が限られていたり、生活習慣の違いや、お風呂に入る些細なタイミングまで気を使わないで良いです。理由としてはこんなところです。これはちょっと難しい問題でもあります。特に親が何か子供サイドに対して他によろしくないことを行っていないのであれば、帰省してみましょう。

・帰省しても疎外感があった
これは実はよくある話です。子供が実家を出て、親の生活習慣も変わります。子供中心から、親のセカンドライフに切り替わります。親としてはちょっと楽しい時期であったりもします。しばらくすれば、その生活が当たり前になり、いつもは気合を入れて子供のために作っていた手料理もお惣菜ばっかりになってしまったり、外に出かけてばかりだったりと、帰省した子供はこれらでちょっと寂しい思いをします。こんなことがあってか、実家に帰りたくないという感情が芽生えることもあります。ちょっとした考えの相違ですが、子供が帰ってきたらなるべくこれまで通り1日と言わずとも、1時間でも楽しめるように親子共に快適な環境を作る努力をしましょう。

・汚いから
これまたありがちな実家へ帰りたくない理由です。清潔感への価値観の違いがあれば、帰省もしたくなくなります。事実、筆者が冒頭で挙げた大まかな理由にプラスして、これも理由の1つとしてあります。例えば、洗い物をしていても、お皿にまだ匂いが残っていたり、洗い残しがあったりと気にならない人は気にならないわけですが、気になる人はかなりきになります。筆者もそれがかなり気になっており、余計帰りたくないと思っております。価値観の違いなので、子供も親も悪いとは言いません。ただ、帰省してほしいと思っている親御さんであれば、ちょっとこのあたりは知っておいた方が良いかもしれません。

・ケンカしてしまったから
実家に帰りたくない理由としては安直すぎますが、単純に前回の帰省で父もしくは母と喧嘩してしまったということがあります。特に年単位で接していない方は、今年こそは自分から話かけてみたり、これから帰るよと連絡の一本でも入れてみましょう。最初はお互い気まずいかもしれませんが、これまで仲良く出来ていたならば意地を張らずに仲良く暮らしていく方が精神的にも得です。

・お金がないから
実家に単純に帰りたくないと思う理由はお金がないからということもあります。これは親御さんがちょっと出すか、親の方から向かってみるというのも良いです。実家に帰るのも、遠方であれば結構お金が必要だったりもします。特に配偶者が居て、子供が居るとなればそれだけでも数十万の出費になってしまうこともあります。年齢や、社会経験や収入によっては帰省するのが難しいこともあるので、余裕が出来てからか、最初に述べた解決策が良いです。

・聞きたくもないことを聞かされるから
帰省するなり、特に母親もしくは父親が職場やパートナーの愚痴をこぼすことがあります。これは子供にとって悪影響です。もちろん伝えるべきこともあるので、言うなといっているわけではありません。ただ、子供は何でもいうことを聞く便利な道具ではないので、親サイドの方が見ていれば、これはしっかりと意識するようにしましょう。また、子供としては、この場合の解決策は帰らない方が良いです。特に親が大事ならば、親も成長するきっかけとして、なおさら帰らない方が良いです。

・気を使うから
実家に帰ってみれば、色々気を使う方も多いようです。親としてはそんなことにまで気を使っていたのということもあると思います。子供は思った以上に親を気にしている傾向にあります。ただ、独り立ちすればその必要もなくなるので、結果的にその環境が過ごしやすいと考えるようになります。生活もまるで違うので、余計にそれで気を使うこともあります。この場合の解決策は、お互い譲り合う精神を持つしかありません。親も子供もです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告