嫁姑問題の解決法!いざという時は離婚も可能!

スポンサーリンク

嫁姑問題を抱えているお嫁さん、そして解決したい旦那さんに向けて今回は何が原因になっていて、解決法はあるのかということについて書いていきたいと思います。大抵の場合は、旦那に問題があるケースが多いです。また、旦那も悪意がなく嫁姑問題を思った以上に楽観視しているケースがあります。また、嫁サイドも嫁サイドで旦那に伝える方法がへたくそすぎでもあります。総合的な意見で、今回は男性女性どちらの味方でもなく中立的な意見からということで、解決法をお読みください。

解決法はシンプル!

解決法はシンプル!

嫁姑問題の解決法は旦那がまずはしっかりすること

嫁姑問題の解決法はいたって簡単です。まずは、旦那がしっかりすることが必要です。特に同居している状態だと、旦那は嫁姑問題が目の前で起こっていても気づきにくいです。また、旦那が嫁を使って親孝行をしようと考えているケースもあり、行った手柄は旦那が横取りしていることもあります。そうするとどうなるのかというと、嫁には何もしないというレッテルが貼られてしまったり、全般的にダメなお嫁さんであると姑側から認識されるようになります。他にも、旦那が親離れしていないということもあります。自分の親ということもあり、言っていることや考えがすべて正しいかのように聞こえてきますが、そうではない場合もあります。また、何より嫁姑問題はお互い血縁関係のない、親子でもあります。たった数ヶ月や数年暮らしただけで打ち解けることが出来るのも難しい話です。実の親ですら、ちょっとうっとうしいなと思うことがあるかもしれませんが、それが他人となるとストレスは計り知れないものでもあります。

そして、何より嫁姑問題の解決法がなぜ大事なのかと旦那サイドはわかっていないと思います。夫婦というものは、将来的に離婚など考えなければ自分の親より長く過ごします。そして、今後の人生において親より嫁が大事というのは当たり前のことでもあります。それに気づけていないケースというのは意外と多いものです。さらに嫁だけではなく子供が居るならば、早く親離れすることが大切です。これは将来的に旦那サイドの為にもなります。

また、本来頼るべきところはお嫁さんにとっては旦那しか居ません。特に同居をしていたり、実家に帰っていたりするならば嫁は義理の家族と居ようと一人であなたしか仲間も居ない状況です。

しかしながら具体的な解決法が思いつかないのであれば、旦那さんはまずは自分とお嫁さんの間でしっかりと決まりごとを作りましょう。そして、親などにはうちではこうやっていくんだと話したり、こうしていくと行動をもってして見せれば親も安心します。

そして、お嫁さん側である場合に言いたいことですが、恐らく今まで解決法などを探している場合で、かなり不満も爆発しそうな状態だと思います。女性は感情論、男性は理論的に話すのが鉄則です。もちろん、今回のケースは理論的に考えられていないのではないかとツッコミが入ればそれまでですが、その理論的にを守るには、まずはあなたが怒りの感情をぶつけたり、泣き叫んでヒステリックを起こしながら会話してはいけません。旦那サイドは判断に困って、自分の育った家庭が否定されていると感じるからです。ひたすらなぜそうなのかということを、淡々と伝えていく必要があります。男性は感情でしゃべる生き物ではないので、お嫁さんがここは一つ賢くなって、大人しくしゃべる必要があります。そして、理解をしてくれたらそこで今までの怒りや悲しみをぶつけたのでも遅くはありません。

嫁姑問題はこのようにどちらか、もしくは両方がうまく立ち回ってあげる必要があります。旦那も嫁に頼りっきりではなく、嫁も旦那に頼りっきりではなく、お互いに上手に解決していくようにしましょう。それがまずは賢い方法です。

嫁姑問題では姑の気持ちはどうなっている?

嫁姑問題で、義理のお母さんは何を考えているのかまったく分からないと思うかもしれません。しかし、それは当たり前のことでもあります。血の繋がっている自分の親ならば多少は分かるかもしれませんが、今回はこれまで何のつながりもなかった他人でもあります。しかしながら、姑の気持ちも知りたいかもしれないので、ちょっと紹介してみたいと思います。姑の気持ちとしては、自分の家のしきたりを教えたり、息子にとっても嫁にとっても世の中に出してもはずかしないように育て上げようという使命感がある場合もあります。ハッキリ言って余計なお世話でもありますが、親としての責任を感じてどうしていいか分かっていない状況でもあります。

ただ、それならまだ問題は可愛い方で、姑が常に何かしらの事象に不安を抱いていることがあります。元々女性は男性に比べて不安な考えを持ちやすいです。だからこそ、嫁姑問題の原因の1つともなっております。嫁が来て嬉しい反面、家族が離れるので不安になったり、そもそも前述のように不安を持ちやすい人間でもあります。疲れているんだな、可哀想だなというくらいで流すようにしましょう。同居しているのであれば、すぐに別居などを視野に入れつつ行動しましょう。

嫁姑問題で離婚は可能か

嫁姑問題では、離婚が脳裏によぎるお嫁さんも少なくはないです。現に味方が居ない状態でもあります。そんなことから、結論を言うと離婚は可能であります。嫁姑問題そのもので離婚しようと思えば難しいのですが、それを旦那に相談してどうにもならなかったりするのであれば立派な離婚理由として成立することになります。現にこういった事例は過去に何件もあります。

ただ、離婚は考えずに解決法をまずは試すのが一番手っ取り早いです。そして、勢いで離婚してしまったものの、世間の目が冷たくなったり、自分自身の考えがゆがんでしまうこともあります。あなた一人ならばお一人様なんだろうなくらいの認識だと思いますが、子供が居るならば、それを背負わせて生きることになります。それでも立派にやっていける覚悟はあるのならばその覚悟は良いと思います。

繰り返しますが、嫁姑問題の解決法を試した上で後悔の内容に考えを決めてください。一時の感情だったで済む問題でもありません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告