母親が掃除しない!病気?それとも解決策はある?

スポンサーリンク

世の中を見渡してみると、母親が掃除しないというところもあります。筆者も色々と母親のことで悩んでおり、結局は解決することが出来たのでその解決策や、実際に病気なのではないかという路線など、色々判断基準などを一緒に紹介してみたいと思います。場合によっては本当に仕方がない場合もあるので、それに当てはまった方は、治療を開始するか、あなたが変わるしかありません。ただ、不安になる必要は無く、解決策がある場合がほとんどです。また、あなたも病気である可能性があるので一緒にチェックしてみましょう。

あなたにぴったりな解決策を提示します

あなたにぴったりな解決策を提示します

母親が掃除しないのは病気か?チェックしてみよう!

まずは、母親が掃除しないのは病気かどうかチェックするためには、いくつか方法があります。母親の掃除に当てはめても普段の生活に当てはめても良いですが、例えば集中力が無かったり、映画などの落ち着くべきシーンで落ち着かなかったり、思ったことでも言うことがためらわれることをすぐに言ってしまったり、買い物でも無駄なものを買ってしまいがちだったりです。運転など、集中すべきところで人以上に注意力が無いなどのことがあれば、ADHDにあたります。

また、異常な収集癖がある方は、強迫性障害の一種になっている可能性もあります。母親の心理としては、これを捨ててしまうと二度とゲットできないというような恐怖すらも覚えてしまいます。そこに掃除しない理由があります。

統合失調症は見た目や言動でもすぐに分かることもあり、例えば掃除しない母親の理由を聞いてみると、物は整理整頓したり、不要であれば捨てるところを溜めるのが正解だと思っているケースもあります。

その他、掃除しないのは精神疾患をメインとした病気の可能性があります。母親本人が生活で行き悩んでいるようであれば、カウンセリングや病院、それもためらうならば普段の母親にもっと目を向けてあげてください。また、ここまでのケースで当てはまったからといって、完全に病気だと落ち込む必要はありません。そういうのも、母親本人が今まで苦労したりして生きていないのであれば、それはそれで幸せなことです。たまに病気でも鈍感な人は病気だと思わずに楽観的に過ごしているケースもあります。本気で悩みがあるのであれば、初めて病院に行く必要があり、無理やり治療を開始する必要はありません。また、落ち込む必要が無いと書いたのは、ここまでで書いた症状が完全に一致していても、実は病気じゃない可能性だってあります。DSM-5という学会で決められた定義を分かりやすく記入してみました。

実際、筆者の母親が精神疾患の症状がひどいときがありましたが、そのときの自分の部屋は汚部屋そのもので、体調の回復と共に部屋は綺麗になりました。辛いと感じていたので、治療を行いましたが、こればかりが正解であるとは限りません。これは実際に何年も何十年も通院している方に聞いてみれば分かることです。簡単に書きましたが、実際に聞くことは難しいと思うので、代わりに筆者が書いてみました。

母親が掃除しないのを何とかする解決策

■母親ともっと仲良くなる
母親と最近は仲良く出来ているでしょうか。特に掃除しないなら自分がやってみようと、良かれと思って意気込んでみるも、母親に怒られてしまったというケースも少なくありません。まずは、あなたと母親が分かり合って、衛生面での価値観も理解してあげるつもりで、信頼を得てみましょう。何だ分かってるじゃないかとなって、自然に掃除などを任せてくれるケースがあります。筆者がまさにそれでした。

■あなたが掃除する
特に何も言われていないならば、あなたが掃除するのも良いです。しかしながら、物は母親の所有物なので捨てるのはやめるようにしましょう。一応まとめておくという形は良いですが、ゴミ出しまでしてしまうと、最悪家を追い出されたり、絶縁レベルのトラブルに発展する可能性もあります。母親が掃除しないならあなたが掃除してしまうというのはシンプルで良い解決策でもあります。そこで何か言われたならば、良かれと思ってやったことで悪意はないということをしっかりと伝えましょう。

■高齢者であれば手伝う
実は最近掃除しない高齢者が増えてきております。体力が昔の人ほど余りまくっているという元気な人はデスクワークが増えてから少ない世の中になりました。高齢者であれば、一緒に手伝うというようなスタンスで行ってみるようにしましょう。また、それらの年齢の方が掃除しないのはそろそろ自由に生きてもいいかなというような考えも持っているから、ちょっとワガママになってしまったり、言いたいことをズバっと言ってしまうケースもあります。

■必要であれば病院に連れて行く
先ほどの病気のカテゴリのどれかに当てはまった場合は病院に連れて行くのが良いです。しかし、母親が掃除しないことで病院に連れて行くのではなく、その他の個人的な出来事でどうしようもないと思っている場合の話です。必要であれば、近くのメンタルクリニックなり精神科なり心療内科なりで診断を受けてみるようにしましょう。いずれにしても同じです。通うことそのものは恥ずかしいものでもなく、あなたが母親の代わりに受診することも可能です。まずは電話を入れてみたりしてみましょう。筆者も母親の代わりによく行っていたことがありました。

■1つの場所から片付ける
もし、母親があれこれと掃除しないのはまだ考え中だからといって掃除しない場合であれば、1つの難易度の低い場所からあなたが徹底的に掃除してあげても良いです。例えばトイレでも最初は本格的に汚い場合はそれなりに時間がかかるかもしれませんが、そこが綺麗になれば母親の意識が変わる可能性もあります。実は自分の家は掃除すればこんなに綺麗だったんだなと思って、行動を変えるきっかけになってくれることもあります。

■捨てさせないのも重要
あれこれとすでに掃除してくれと頼みまくっている場合は、次は物を捨てなければならないというような極論思考になっている可能性もあります。それで結局その決断がうまく行かずに掃除しないという可能性もあります。捨てさせないことも重要です。実際にそのような掃除方法もあったりします。そのような専門業者も居るくらいなので、そこに頼んでしまうという手もあります。もちろん、捨てるわけではないと前置きしておきましょう。

■回収業者に頼む(同意は必要)
もし、掃除しない母親が病気だったり、高齢者である場合は回収業者に頼んで良いか聞く方法もあります。人によっては掃除したいけど、単に面倒だったり、本気で気力が沸かなかったりすることがあります。そんな方にとっての掃除の難易度は今からフルマラソンに挑むくらいのものになっております。それを代わりにやってくれる人が居るならばと快くOKしてくれる場合もあります。

■自演で苦情を出す
あまりおすすめはできませんが、掃除しない母親で世間体だけは気にしているというような場合には、自分で自分の家の新聞受けなどに誰かから苦情が着たように見せかける手もあります。場合によっては本当にショックを受けてしまう可能性もあるため、おすすめはできません。もしくは、余計に意地になってやらなくなる可能性だってあります。あくまでも最終手段として使うくらいに考えておきましょう。

■病気か頑丈な人だと思って諦める
掃除しない母親の中でも病気の人も居れば、色々一般人より頑丈すぎるという方も居ます。特に頑丈である人は、掃除していなくて不衛生な環境であれど、その場所で出てくる菌に耐性を持っていたり、そもそも病気知らずな人も居るわけです。筆者が見てきた中で、そこに無神経さが加わっていれば単に頑丈すぎる人だと思って諦めるのが手っ取り早いです。母親ではなく父親が汚いので筆者は諦めております。

掃除しない母親に実はやってはいけないことがあります

■掃除しては禁句
母親に向かって、掃除してと言ってしまうのはやめましょう。大半のケースがそういったところで、逆上してしまったり、更に掃除しなくなるケースもあるからです。また、病気の範囲に入っていた場合は、それによって混乱してしまったり、かなりのストレスを受けてしまう可能性もあります。案外言ってしまいがちな言葉ですが、それを言うたびに解決は難しくなると思います。

■物を勝手に捨てない
たまに物を捨ててしまってすっきりという場合もありますが、母親が本気で大事にしているものもあります。それを同意なしで捨ててしまうのはやめましょう。逆パターンで母親が勝手に子供のものを勝手に捨てるというケースもありますが、その子供にしてみるとショックは計り知れないものにもなります。掃除しない理由は、そもそも全部宝物に見えているケースもあります。

■文句をなるべく言わない
掃除しない母親に何かしらイライラしてしまって、文句を言っているのであれば、それはやめておくようにしましょう。先ほどの解決策をお読みならピンときたかもしれませんが、信頼関係を得るまでの時間が長くなってしまうからです。親子だからこそ関係の修復は可能ですが、手っ取り早く解決したいならば、部屋の事情に関する文句などはなるべく言わないようにしておきましょう。そして、少しずつを目標にしてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告