実家が落ち着かない理由と対処法

スポンサーリンク

実家に帰ると落ち着かないという方に向けて、今回は落ち着かない理由や対処法を紹介してみたいと思います。大きく分けて、一人暮らしを行ってからという方や、実家で暮らしているけど居心地が悪いというパターンに分けることが出来ると思います。筆者はどちらのパターンも体験しており、自分なりや周りが行っている対処法なども含めてアドバイスしてみたいと思います。まさに居心地が悪い方は、自分の行動を変えるためにも参考にしてみて下さい。中には厳しい意見も書いているので、読む項目によってはちょっと注意です。

落ち着かないのにはきっと理由がある!

落ち着かないのにはきっと理由がある!

一人暮らしの人が実家に帰ると落ち着かない理由

・自由に出来る時間が圧倒的に多いから
実家に帰ってみると落ち着かない理由で、一人暮らしの方はまさにこれに該当しています。実家での暮らしを考えてみると、お風呂の時間に気づかったり、ご飯を食べる時間も合わせなければいけない場合や、仕事から帰ってきても、すでに皆が寝ていて生活習慣そのものが合わなくて、自由に行動できないということもあります。そんな生活に嫌気が差して、一人暮らしをした結果、そちらの方が良いとなるのも当然です。対処法としては、実家に頻繁に帰らなくとも良いと思います。落ち着かないのであれば、親も落ち着いていないはずなので、双方にとって実は得なのです。そして、久々に再開してみると、たまには実家はいいものだなと思ったりもします。

・親が指図してくるから
実家が落ち着かないのは何か指図されていないでしょうか。結婚はまだなのか、今の生活はどうで収入はどうだと一人暮らしの場合かなり聞かれると思います。立派に暮らしているあなたからとっては余計なお世話な話でもあります。人によっては、そんな話題すら避けたいでしょう。こちはどうやってうまく解決すれば良いかというと、親と信頼関係をさらに築いて納得させたり、難しければ、子離れしてもらうことです。そのまま一人暮らしを続けて、精神的にも上手に離れてもらうようにしてみましょう

・完全にお客さん扱い
一人暮らしとなると、実家を巣立った状態でもあります。親としては世間に出て立派に活躍してもらっている今、子育ても一段落です。しかし、あんまり頻繁に帰りすぎていると、親としても心配になったり複雑な気分になったりします。頻繁に帰省することは親孝行ではないので、落ち着かないのであればもう少し帰る頻度を減らしてみるのも良いです。このパターンの方は立派に一人暮らしができているものの、どこかで不安を抱えていたり、親も少しずつ子離れしていることに対して、ちょっと冷たいと思うこともあるようです。あなたを大人として認めてくれている証拠なので、もっともっと精神的にも成長するようにしましょう。

・そもそも両親の仲が悪い
実家が落ち着かない方の中で、両親が不仲である場合もあります。世の中立派に夫婦円満というのも少なくなってきているように見えます。ただ、これはあなたの責任でもなんでもなく、あくまでも両親の関係の問題でもあります。恐らくあなたが口を出したところでどうにもなりません。ひたすら放置しておくのが良いです。一人暮らしをしていて、実家に帰省して落ち着かないというようなモヤモヤな気持ちになるのはナンセンスな行動でもあります。思い切って、帰省しないというのがあなたの最善策です。

・過干渉であるから
親の中には過干渉の方も多いと思います。これは子供の間ならば多少は良いですが、子供が自立するきっかけにもなりません。あなたにとってもそこは心配しなくとも良いと思ったり、そうではなくともなんとなくイライラするというところもあると思います。それは親が子離れできていないからです。そして、あなたも若干親離れが出来ていないものの、昔の生活を思い出して帰省してみるということもあるでしょう。これは、方向的に良くないので、あなたも今よりさらに自立できるように自分を育ててみましょう。

・自分の居場所がなくなったから
帰省すると自分の部屋があるはずなのに、いざ帰ってみると物置にされていたり、殺風景な雰囲気になってかえって落ち着かないというパターンもあります。ただ、親が出戻りを待ち構えているよりは良いパターンだと思います。ちょっと寂しいかもしれませんが、大人としてさらにステップアップしていく過程に今たたされているということで、うまく乗り越えていくようにしましょう。

・兄や姉もしくは弟や妹との折り合いが悪い
世の中実家に住んでいる兄や姉、弟や妹との関係が良くない場合もあると思います。それが理由となって、実家が落ち着かないというケースもあります。これはもう、有無を言わさず物理的な距離を設定しておくしかありません。それだけしかないのと思われるかもしれませんが、最低でも10年単位で考えておかないと、あなたもちょっと辛い思いをしてしまうかもしれません。

・精神疾患だから
育った家庭の中でも、うつ病や、躁うつ病など、親が精神疾患を患っている場合もあります。しかし、すでに一人暮らしを始めたし、実家は落ち着かないもののなんとかしたいと思うかもしれません。筆者も実はその患者の一人でもあった立場から説明します。なるべく放置しておく必要があります。特に旦那もしくは嫁があなたの両親に居る場合は、あまり気負わずに考えてください。そして、あなたも影響さてしまう可能性が高いです。素質は十分に持っているので、なるべく実家であればしばらくは近寄らないのが良いです。冷たく思えるかもしれませんが、これが双方のためでもあります。

・聞きたくない話を聞かされるから
実家に帰ってみると、聞きたくもない話のオンパレードで落ち着かないパターンもあります。子供としてはもう、うんざりですよね。そんな場合は、話してもあなたの意見は述べず、興味がなさそうに流したり、話す相手を他の人にズラす必要があります。恐らくこれに当てはまったあなたは相当優しい方だと思いますが、それが今回に限っては良くないという傾向になっているかと思います。親もあなたに甘えているので、なるべくしばらくは離れておいた方が良いです。

実家暮らしが実家で落ち着かない理由

・自立心があるから
さて、ここからは実家暮らしの方ですが、落ち着かない理由は、何か自分がやるべきことを感じていたり、そわそわしていたりしているかもしれません。特に親の言われることに対して、ちょっと反発もしたくなったり、行動すらもちょっと嫌気がさしているかもしれません。もし、あなたが社会人で働ける年齢で、落ち着かないのであれば、思い切って外に出てみましょう。あとは一人暮らしに慣れたら本当に色々と楽です。経済的にも余裕が増えて趣味なども楽しめるようになるかもしれません。今の忙しい時代遊ぶことは難しいかもしれませんが、一人暮らし出来るというだけでも思った以上にプラスになります。怖がらずに出てみましょう。

・嫌われているから
中には実家では嫌われている人も居ます。実際に筆者はそのような光景は見たことがあるので、軽くですが紹介してみます。恐らくあなたの親は、あなたに嫌われてでも嫌っているふりをしてみたり、色々と行動が改善できない姿にちょっと苛立ちも覚えているかもしれません。お互いにとってや、親にとっても良くないことでもあるので、実家暮らしの方はちょっと外に出て、もう少しがんばってみるように環境を整えることが重要です。今すぐは難しいかもしれません、ただ、今すぐその準備をすることは可能です。

・大人としてみてくれていないから
いつまでも自分を赤ちゃんかのように扱う親も居ます。親としては、子供は何歳になっても子供です。親子関係という事実も変わりません。ただ、そうされることは子供にとっても迷惑な話でもあります。落ち着かないならばここまで書いたとおり、親を落ち着かせるような行動をとるか、一人立ちしても大丈夫だよということを行動をもってして見せてあげましょう。失敗してもいざというときは温かく迎え入れてくれるのが家族です。子供のように見られるのが心底嫌でイライラしているならば、まずは行動です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告