帰省で生ゴミはどうする?放置してしまった場合は?

スポンサーリンク

帰省するときに生ゴミをどうするか意外とご存知ではない方のために今回は前もった対策や、既に生ゴミがある場合はどうすべきか、などの対処方法を紹介してみます。特に1日だけの帰省ならともかく、1週間や2週間滞在する方も少なくはありません。臭いや虫などもかなり気になるところですよね。また、既に放置してしまったんだけどという方も必見です。

意外と思いつかない対策

意外と思いつかない対策

帰省するときに生ゴミははどうすべきか?

■生ゴミの出づらい食事に切り替える
特に食生活に本気で気づかっているような方ではない限りは、帰省前になると生ゴミが出づらいような食事に切り替える方法もあります。コンビニだったり、スーパーのものだったりと色々お惣菜も揃っている便利な世の中です。しかしながら、買うときには自分の苦手なものが混じっていないかなどをしっかりチェックしておく必要があります。もし、そこで出たとしたらそれは生ゴミになってしまいます。なるべく簡単に綺麗に食べるようなことが出来るようなものを準備しておきましょう。

■前日、もしくは前々日に出せる地域はそこに生ゴミを
地域によって管理の差があるため、これはあなたにも適しているかどうかは分かりませんが、前日に出せたり前々日に出せる地域であれば、そこに生ゴミを出しても良いです。そうしていいのかどうかすら分からない場合は、夜間に人が捨てているかどうかなどをタイミングを見計らって捨てに行くようにしましょう。何も置いていなければかなり厳しく注意される可能性があります。働いているので仕方ないと考える地域もあれば、カラスがやってきて散らかしてしまうし回収する人に迷惑をかけるからダメだよという地域もあります。それでも強引に帰省するからといって捨てているような地域は監視カメラもある場合もあります。

■ゴミ回収業者に交渉する
あまり注目しないかもしれませんが、ゴミ回収業者というのは世の中にいくつもあります。そこに電話をかけて、一般的なゴミの回収は受け付けているのかと相談してみても良いです。生ゴミ少量くらいだと対応してくれないケースもありますが、大きい会社だと小さい生ゴミであっても、対応してくれる可能性はあります。筆者はいくつか断られたものの、帰省前になると、そこに生ゴミの回収を依頼しております。もし、他にも不要なものがあれば一緒に出すというのも良いです。特に交渉するのが苦手ではない限りは、これが得策です。

■冷凍してしまう
生ゴミそのものは、雑菌が発生したり色々と不衛生ですが、冷凍してしまえば菌の発生を極限まで抑えることが出来ます。しかしながら、冷凍庫に入れてしまうのは筆者としてはちょっと不衛生な感じがするので、あまりおすすめはできません。かなり入れ口を絞ったとしても生ゴミは生ゴミなので、その当たりに抵抗がある方はやはり前述のようなゴミ回収業者を探すのも良いです。

■ゴミの捨てれる会社の友達を探す
もし、交友関係が広ければゴミを会社で出すところが出来る会社もあるので、友達に依頼してみるのも手です。筆者は引越ししてからそんな機会はなくなったものの、帰省前の生ゴミの問題について打ち明けたところ、快くうちの会社で引き取るよと言ってくれました。特に木材や建設会社ならば、焼却炉で一気に処分してそれらを専門の業者に受け渡しするというプロセスがありますので、そこに協力してもらっても良いです。ただ、会社用途なので、会社がそうして良いかどうかもチェックしておく必要もあります。大半の場合はOKなようです。

■埋める
もし、マンションなどではなく一軒家であれば、帰省するときに庭の地面に埋めてしまう手もあります。自然の力というものはかなり凄いもので、土が雑菌と共に分解してくれて、良い栄養にもなってくれます。家庭菜園を行っているのであれば、一石二鳥です。このケースに該当する方は、ちょっと手間は増えてしまうかもしれませんが、日常的にゴミも少なくすることが出来るのでエコでもあります。

■実家で引き取ってもらう
帰省するのであれば、かなり清潔に生ゴミをボックスに入れたり、臭い対策などもした上で、実家に引き取ってもらうという対策をしているケースもあります。これは、気が引けるかもしれませんが、筆者個人的にはありだと思います。どうしても生ゴミを捨てることが出来ないならば、そういった方法が良いです。他人様に迷惑をかけるよりは、帰省先にちょっと迷惑をかけてでもお願いした方がマシなレベルです。

■隣人や友達に捨ててもらう
信頼できる友達や関係がかなり良好な隣人であれば、帰省するときに生ゴミの処分をお願いできないかと頼んでおくのも1つの手です。お礼としてジュースやランチやお菓子くらいは渡しておきたいものですが、その費用を考えると先ほどのゴミ回収業者に交渉してみるのが安くて色々な面であなたも精神的には楽です。何もあなたの地域ではなく、帰省するときに通る地域の業者であれば、そこに寄ってお願いしても良いと思います。

■ゴミ処理機を購入する
ちょっとお財布に余裕がある方は、ゴミ処理できるような機械があるので、それを購入してみるのも1つの方法です。特に旅行などの機会が多いような方であれば、そのようなものを1つは買っておくと長期的にはお得かもしれません。

生ゴミを帰省するときに放置してしまった場合

■虫の類が怖いのであれば業者に頼む
特に女性であれば、帰省した時の生ゴミに虫などが群がっていないだろうかと心配になると思います。ハエがちょっと沸いている程度なので、さほど気にする必要がありませんが、それでもちょっと無理だなと思うのであれば、帰省から帰ってきたときにゴミ回収業者や地元の便利屋などに依頼してゴミの回収を行ってもらうようにしましょう。思っているほどの惨状ではなく、ちょっと気になるのは臭いくらいかなというところです。

■しっかりと消毒できるように洗剤やアルコールなどを準備
自分で処分する方ならば、しっかりと消毒しておく必要があります。消臭スプレーをかけて処分した気分になっている方は、意外と不衛生なので最初は洗剤などで洗う必要があれば、その周囲を洗剤などで洗って、後はアルコールなどでさらに拭いて綺麗にしておきましょう。汚れがひどい場合はこれらの手順を行った後に漂白剤などをかけてさらに消毒です。間違っても生ゴミそのものに漂白剤をかけないようにしてください。ゴミそのものは酸化しており、それに反応してしまって塩素ガスが出てしまう可能性があります。9割以上の確率で出ると思っていただいて問題ありません。

■すぐに捨てることが出来ない場合は外で管理か自治体に
帰省してもすぐにゴミを捨てることが出来ない場合もあります。そんなときは、自宅から一旦外に出してカラスなどの対策をした上で管理しておくか、自治体に頼んでみると引き取ってくれるケースもあります。先ほど紹介した、ゴミ回収の一般企業に回収してもらう方法もあります。いずれかの方法で、帰省するときに生ゴミを放置してしまった場合でも対処することが出来ます。もちろん、その後の消毒などは必要です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告