実家に帰りたくない言い訳とアドバイス!【これで完璧】

スポンサーリンク

実家に帰りたくないと思っている方に、今回はいくつものパターンで準備してみました。対象は学生と社会人の両方ともです。一番自然に言い訳するにはやはり、これなら流れ的に説明できそうだなというものを選びましょう。特に直近の会話などがあれば、そのつながりから言い訳に持っていくとかなり自然な状況になります。何か言われてもこの前言ったとおりで押し通すことが出来ます。それでは、今回11パターン準備してみましたのでまずは言い訳を探してみましょう。

ずばり教えましょう!

ずばり教えましょう!

実家に帰りたくないときの11個の言い訳

・仕事が忙しい
これはありがちなパターンで、嘘と思われがちではないかと思うかもしれませんが、オールマイティに使える言い訳です。今や、昔のように正月やお盆などはどこもお店がしまっているどころか、バリバリ帰省客相手に商売をしている世の中です。あなたの仕事について熟知していたり、近場ならばちょっと苦しい言い訳になるかもしれませんが、とりあえずは使える言い訳です。ド定番ですが、怪しまれたくないならばまずはこちらでも良いです。

・嫁or旦那or子供が風邪をひくから
あなたの大切なパートナーもしくは、孫が風邪をひくとなれば両親は実家に帰りたくないと思うよりは、大丈夫だろうかとむしろ気づかってくれる言い訳です。特に自分の嫁や旦那などを言い訳の引き合いに出すより、子供が居るならばそれを引き合いに出した方が大切な孫なので、その場は丸く収まります。もしくは、アレルギーがあって治療中で、症状がコントロールできるようになるまではと言い訳しておきましょう。しかし、親が看護師や医療事務などの従事者であれば、あれこれと知識を披露してくるので、嘘にしても言い訳はしっかりと固められるように勉強しておきましょう。

・出張しているから
実家に帰りたくないならば、この言い訳も良いです。こんなシーズンなのに出張かと余計なおせっかいをかかれる場合は、出張が終わればフリーで、帰省ラッシュくらいには仕事は終わるものの、そこから帰省していると疲れているし、色々時間も費用もかかることを伝えておけば、言い訳としては完璧です。仕事に絡めた理由は、実家に帰りたくないときの言い訳などにはぴったりです。序盤でのパターンの具体例として書いてみたので、使えるなと思った方はチャンスです。

・帰省の費用が高いから
遠方に住んでいる方は、帰省の費用が高いことを伝えましょう。しかも帰省シーズンではあるものの、ゆっくりと帰ることも出来ないし、帰ったとしても疲れている。だからこそ、あえてゆっくりできるシーズンに安い費用で会いに行ってゆっくりとしたいということを伝えておきましょう。具体的に何月か、この日はどうかと聞かれたら、そこは仕事があるからちょっと考え直す必要があるので、改めて連絡するとでも言っておけば良いです。仮に両親がお金は出すと言っても、帰省ラッシュの中なので疲れてしまうのも本当は嫌なんだと付け足しておきましょう。

・疲れているから
そもそもの意味で疲れていると言い訳してみるのも良いです。これで帰省までしていると、途中で体調を崩しかねないから、改めてゆっくり出来るときに帰るよと色々な意味を含めて言い訳しておきましょう。体調を崩してまで帰ってきて欲しい親は居ないと思います。もし居るとしたら、もうそれは帰らない言い訳どころか、立派な理由として親に説明してやっても良いくらいです。そこまではレアケースだと思いますが、疲れているというのは非常に役立つものです。何かあったのかと聞かれるかもしれませんが、仕事だったり、個人的な用事が重なりに重なって、とにかく疲れたし帰省の際に話すと言って、話を切り上げてしまいましょう。

・旅行をするから
家族が居る場合に使える言い訳です。やはり、自分の家族を持てば、そこにサービスをするというのは親の務めでもあります。子供の要望でどうしても旅行することになったんだと言えば、あなたの両親からすると孫の言うことであればと渋々ではあるものの、了承してくれると思います。帰省にそもそも費用を使う予定があるくらいならば、旅行をした方が実家に帰りたくない方にとっても何倍も有意義な時間です。

・大切な人を大切にしたいから
つまるところ、彼氏や彼女、旦那や嫁が居るから、帰省シーズンとは分かっていてもお互いのスケジュールの都合上今年はそうしたいと言い訳してみるのも良いです。自分の子供の大切に思っている人のためならばと、親は真剣になってくれると思います。特に結婚前のカップルの方は、そういった言い訳も可能です。将来的に結婚も前提に考えているということを伝えても良いと思います。すでに夫婦であっても、今年はパートナーをこれまでに大事にできていなかったから、今年1回くらいは許してよと妥協案を申し出てみましょう。

・結婚式に出席するから
あなたの友達や、会社の同僚の結婚式に出席すると本当でも嘘でも良いので、言い訳しておくのも良いです。なるべく親の知らない人や、知らない人であってもそこから友達のつながりでバレてしまうこともあるので、完全に何の縁も無い方にしておきましょう。そういった意味では、会社の同僚や上司などのせいにしておくのも良いです。確認のしようがなかったり、あらゆる方面で辻褄があいます。年末年始は営業していないことが多いので、これくらいのシーズンには使えないかもしれません。

・課題が忙しい
これは学生向けの理由ではありますが、実家に帰りたくないならばこれで押し通すのも良いです。卒業までも危うくなってしまうとまで言っておけば、むしろ応援してくれると思います。持ち帰ってやることは出来ないのかと切り返されるかもしれませんが、そこは学校で行う必要がある課題なのでということで、実家への帰省を突っぱねるようにしてください。特に大学生であれば、研究内容によっては、本当に学校にある設備でしか出来ない場合もあると思います。

・近所が物騒だから
最近近場で空き巣があって、帰省の時期もあってか、特に近所ではそのような物騒な機会が増えてきたから、防犯の意味も含めて今年は自宅の安全も兼ねて見張っておきたいという言い訳もありです。それならばむしろ行こうかと心配されるかもしれませんが、そこは友達も居てくれるので心配しないでと言っておきましょう。

・物分りの悪い上司のせい
この世の中帰省しない人は結構多いです。ただ、あなたは言い訳を考えているくらいなので、親があまり許さないタイプだと思います。そこで、仕事での上司に付き合わなければいけなくなったと言い訳します。あれこれと指図されるかもしれませんが、その場合は職場にも居づらくなる上、そうなったら完全に自宅に戻って四六時中お世話にならなければいけなくなると言い訳しておけば親も了承してくれることでしょう。ただ、その点についてはあとから突っ込まれる可能性があるので、言い訳したことは覚えておきましょう。

実家に帰りたくないならば言い訳するよりぶつかれ!

さて、社会人であり、もう一生実家に帰りたくないし、帰らない覚悟があるならば、あえて自分の思いをぶつけてみましょう。ちょっと疲れるかもしれませんが、ここであえてぶつかっておけば、次から言い訳しなくて済むようになります。もしくは、親も改善できるポイントがあるならば、それなりに改善も出来ます。結果的に、ちょっとした口論やケンカになるかもしれませんが、本音を聞きだすことも出来ます。そこであなたなりに覚悟なり、今後の方針なりたてることが出来るので、実はぶつかってみるというのは良い手段です。実の親だからこそ言わせてもらうけどと、淡々と切り出してみるのも良いです。

また、言うまでもありませんが、あなたの親がそもそもの意味であなたに過去にひどい扱いをしたようなことがあればもう言い訳どころか、連絡する必要もありません。親に色々と自分で選ぶべきところも親に選ばれたので、それに背くことについて罪悪感すら抱くかもしれません。ここまでに書いたことに心当たりがあれば、まずは徹底して無視するようにしましょう。結果的にあなたのためにもなります。せっかく外に出て自由になれたので、それをまずは満喫してリラックスしてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告