帰省しても友達いないボッチ君にアドバイス

スポンサーリンク

タイトルでムっときた方は申し訳ないです。今回は帰省しても友達いないよという方に対して、今回はいまどきの友達がいる方の現状などを含めてアドバイスしていきたいと思います。恐らくですが、そうだったのかという驚きもあったり、今のままでいいじゃんとも思えるかもしれません。まず、ボッチで寂しい人間なのではないかとか、そのような心配は無用です。その理由について書いていきたいと思います。

安心せよ!

安心せよ!

帰省しても友達いないのは実は大半がそうです

■SNSに帰省して友達と遊んだ投稿を見て、より寂しい気分になるけど・・・?
さて、帰省シーズンになると友達が多い方は、真っ先に自分の友達と再会してワイワイと楽しんでいるような姿をSNSにアップロードしたりして楽しんでいます。それを見た方は、やっぱり自分は友達いないんだと思うかもしれません。しかし、大体の方が若い間皆と楽しむくらいです。大人になっていくに連れて、段々と友達と遊ばなくなってきます。これは、大半の大人が経験することでもあります。さて、その理由はなぜなんだろうというと、簡単なことです。

■帰省しても友達と会うのが嫌になったり面倒になったり
帰省してみてもまずは、落ち着きたかったり、自分の時間を重視する方が増えてくるので、友達と会いたくないと思ったり、遊ぶのも面倒だなと思う方が年齢を重ねるに連れて増えてきます。学生時代ならワイワイと遊んでいたものの、大人になってみればむしろ帰省シーズンくらいはゆっくりしたいと思ったりします。後の仕事などを考えてみるとますますそのような傾向が強くなってきます。ちなみに、検索エンジンでは「帰省 友達 会いたくない」というようなキーワードまで出現してきています。

■やがて結婚して大体の方が友達がいない
さて、ここまでは学生が体験する範囲で、ここからはさらに時間を進めるとこうなるよという例です。ある程度の年齢になれば、結婚する方も増えてきます。そうすると、友達どころではなく、パートナーや子供との時間を大切にするようにします。また、結婚生活では独身時代に比べて、自由もなくなってくるので、余計に友達とスケジュールを合わしづらくなってきます。その結果、誘う友達も減ってきて友達がいないというような状況になります。これは結婚した方であれば、誰もが通る道なので、ご安心ください。独身の方ならばそれをダイレクトに感じて寂しい思いをするかもしれません。筆者もその一人でした。また、女性であれば、県外に嫁いで、帰ってくる機会がめっきり減ったということもあります。

■結局連絡を取る人が1~2人居たら良い方
帰省しても本当にいつまでも連絡を取れる友達というのはかなり重要です。それだけ自分と心が通じ合っているということです。いざというときの相談相手にもなってくれるかもしれません。元々狭くの深い付き合いをしていた友達関係の方がこのケースに当てはまります。しかしながら、連絡を取る友達いないよという方も結構多いです。現状はこんなもので、あれほど友達が多かったあの人も今や連絡を取る友達がいないというケースも多いです。なんとなく遊んでいたりするような方は、確実に連絡が取れなくなります。

■仕事の関係もある
仕事をしていて、ある程度のポジションになった方や、サービス業の方も居ると思います。そういった方だとお盆や正月などの帰省シーズンに関係なく忙しくなったりもします。その結果、帰省しても友達とスケジュール調整がうまくいかなくて自然と疎遠になってしまうというケースもあります。特に大人数で楽しんでいたような方ならば、一人でも欠けると、何だか盛り下がってしまうと思います。追い討ちをかけるように、年々ここまでに書いてきたどれかの理由に該当する方が多く、友達と遊ぶ機会も減るようです。

帰省して友達いないのであれば一人を楽しめ

ここまでの現状を見てそれならば一人が良いと思うかもしれません。それは決して間違っていない考えですし、筆者も賛成です。だからこそ、一人を楽しむ努力が必要です。友達が居ても結局は、ありとあらゆる仕方がない理由で疎遠になっていきます。ちょっと寂しいかもしれませんが、大体の方はこんなものです。そんな寂しい思いをするならば、最初から一人でいいじゃないかとも筆者は思いました。そこからの友達付き合いは、年賀状くらいが関の山です。趣味を見つけてみたり、仕事に没頭してみたり、子育てをエンジョイしたり、大人になればなるほどそういう過ごし方や楽しむことが必要です。さらに年寄りなどになれば、遊ぶ体力もなくなってくるでしょう。友達いないと感じるより、いかに一人でも今を楽しむかが長期的に見ると重要です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告