実家に帰省すると体調が悪くなる3つの理由と解決策

スポンサーリンク

実家に帰省するときに決まって体調が悪くなるという方に向けて、今回は理由が分からない方も居るためにそれらを解説してみたいと思います。また、ストレス要因はもちろんのこと、そうではないケースもあります。今回は3つのパターンでどれかに大半の方が当てはまるので、自分に心当たりがあるところは特に真剣にチェックしてみてください。

解決策をお探しの方に!

解決策をお探しの方に!

実家に帰省するときに限って体調が悪くなる3つの理由

■リラックスのしすぎ
これは、意外なことかもしれませんがリラックスのしすぎというケースもあります。ストレス要因に心当たりがない方で、頭痛や肩こり、吐き気、微熱などが感じられる方はこれです。もっと突っ込んだ話をすると片頭痛だったりすることもあります。これらは、いつも以上のリラックス状態になって、体が温まってきます。これによって、血管もかなり拡張されるので、結果的に頭痛などの体調不良が見られることがあります。判断方法としては、座ったままでも立ったままでも良いので、まずは下を向いてください。そして、NOの意思表示サインをするような感じで首を右や左に振ってみてください。これで、特に頭の痛みが増してきたら片頭痛になります。

■うつ状態もしくは自律神経失調症
さて、先ほどの解説とは反対にストレス要因で、帰省すると体調が悪くなるという場合もあります。特に義実家などに帰るのが嫌だなと思っているような方は、ほとんどのケースでこれです。肩こり、頭痛、発熱、吐き気、めまい、風邪っぽいなどの症状が出てきます。人間というのは思った以上にストレスに弱いです。特に、このような状態に心当たりがある方は免疫力が弱くなったり、寒さを感じたりすることも多くなります。今の状態くらいで済んでいるならばまだマシな方です。本格的に状態から病気に変わってしまう前に何かしらの解決策が必要になります。特にこれらの症状は女性に多く見られます。

■衛生面の違いによるもの
特に実家に帰ったときに体調が悪くなる理由でここまでの説明に心当たりがない場合は衛生環境の違いによって引き起こされることがあります。綺麗好きかそうではないかの違いです。さて、特に綺麗好きの方というのは実家に帰って汚いところを目の当たりにするとそれだけでも嫌な思いをするかもしれません。あなたの体調にもう少し目を向けた話をすると、綺麗好きの方は汚いところに過ごしている方に比べて免疫力などが弱い傾向にあります。もしくは、最近特に汚いのが苦手になった方は、そのあたりに要注意です。だからこそ、体の本能が清潔にしなければと反応して自分の身の回りを整頓したりします。筆者もこのパターンだったので、悪いことではないよということを付け加えておきます。

実家に帰ると体調が悪くなる場合の解決策

■病院でとんぷくをもらう
こちらは、理由のところで説明した片頭痛に該当する場合です。病院で片頭痛のとんぷくをもらうようにしましょう。判断方法は先ほどのケースで書いたので、まだ読んでいない方はそちらを参考にしてください。治療については、予防薬を使うことになるかもしれませんが、実家に限ってという場合ならばそこまで真剣に治療する必要もありません。何せ筆者が片頭痛の治療を行っていて、予防薬を飲み続けていましたが数年経っても解決する気配などはありませんでした。とんぷくのみに切り替えるとむしろ発作は減ったくらいです。また、筆者は専門家ではないため、責任を持った発言は出来ませんが、そちらの方が薬を飲む量も少なくて肝臓にも良いと思います。とりあえずは病院に行ってみないと説明がつかないので、行ってみることをおすすめします。

■ストレス要因である場合
先ほどのうつ状態や自律神経について説明したケースに当てはまっているならば、まずは何よりも口頭での解決が必要です。それでもダメならばメンタルクリニックやカウンセリングなどに向かう必要がありますが、経験上カウンセラーに話しても同じことを30分かけて言われるだけです。さて、実家に帰りたくないという気持ちが少しでもある場合で、まずは旦那や嫁の実家に帰りたくない場合ですが、まずはパートナーと向き合ってしっかりと話し合う必要があります。特に毎年の恒例となりつつある方は、帰りたくないとでも発言すると何故から始まり、ケンカに発展することも少なくはありません。そこで、怒る理由は育ちを否定された気分に相手はなってしまうからです。一緒に解決するために協力してくれないかというスタンスでまずは落ち着いた会話をしましょう。感情論でしゃべるのは後半だけにしておいて、まずは順序だてて話が出来るようにしてください。ここまでは夫婦向けでしたが、もちろん独身の方で一人暮らしの方も居ると思います。そのような方の解決策ですが、実家に帰ると明らかに体調が悪くなるならば、帰らないのが一番の解決策です。恐らく、こう書かれても素直に従うことが出来ないのがこのような方の特徴です。もう少しそれについて詳しく説明したので、気になる方は理由も含めてそれをチェックしてみてください。特に一人暮らしの方でストレスに当てはまっている方は、かなり難しい問題に直面しております。大人になるための通過点だと思ってください。

自分の実家への帰省がストレスな場合にやるべきこと

■衛生面が当てはまった場合
さて、実家に帰ると体調が悪くなる場合で衛生面のところが気になった方は、自分が過ごす範囲や気になる範囲を掃除しましょう。帰省するなり掃除を始めてしまうと、相手も良い思いをしないので、一定のタイミングを見計らって掃除するようにしましょう。例えば長期の滞在になるなら翌日掃除してみたり、お手伝いするよという感じで行くと相手も悪い気分はしません。根底としては汚いのが嫌なんだという感じですが。軽く筆者のエピソードを述べてみると、実家に帰ると体調が悪くなる一人でもありました。特に旦那の実家に帰るときですが、自分がこれまで過ごしてきた環境とは違って食器やトイレの衛生状態が違います。特に食器は乗せるところは洗えているものの、コップの底が汚かったり、裏面まで洗っていなかったりということは当たり前でした。それだけでもう、体調が悪くなります。特に水周りがしっかりしていないので、こうなっても仕方ないのかもしれません。それはそれで仕方ないと割り切って、掃除するようにしてみると、長期の滞在も少しは楽になりました。ただ、そもそも汚いので、汚れる速度も物凄いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告