帰省したときの食事メニューでおすすめなもの【定番】

スポンサーリンク

子供が帰省する方で、食事メニューは何が良いかなと思っている方に向けた定番なものを今回紹介してみたいと思います。中には料理が苦手な方も居るので、とりあえずこれを出しておけば間違いないというものを紹介してみたいと思います。特にあなたの得意なものと子供の好きなものがあっていれば、帰省した時にそれを出すようにしましょう。また、直感的に良いと思ったものであれば、子供もそれが食べたいと思います。実の親子であれば、なぜかそこがかぶったりするので不思議です。それでは、本題のメニューです。

子供はこんなものが喜ぶ!

子供はこんなものが喜ぶ!

帰省した子供はこんな食事メニューに大喜び♪

・てんぷら

心理的には落ち着く!?

心理的には落ち着く!?

意外なことかもしれませんが、帰省した時に子供が喜ぶ食事メニューはてんぷらです。特に若い方であれば、人気メニューの1つでもあります。また、てんぷらといえば和食メニューです。実家に帰るときときなどは安心感を求める瞬間でもあるので、まさにぴったりなものでもあります。ちょっと作るのには時間がかかってしまうかもしれませんが、久々の再会でもてなしたいという気持ちがあるときには是非とも出してみるようにしてください。

・寿司

定番です

定番です

てんぷらに続き、やはり寿司は帰省したときのメニューで定番です。こちらも同様に和食であります。出前でも食べに行っても、ご家庭の味の散らし寿司、色々なスタイルで料理が苦手な方でも対応できる食事です。帰省すると人数によっては食費もかかってしまうので、そのような方はちらし寿司でもOKです。もちろん、経済的に余裕がある場合は、食べに行っても良いです。

・手料理

あなたにしか作れないもの

あなたにしか作れないもの

特にこれは、母親の味を求めている方にとっては食べに行くより嬉しいものです。筆者も帰省すると、食べに行くより母親の手料理を楽しみにしている一人です。料理が得意な方は、これまでに子供に作ってきた定番メニューであったり、喜んだものであるものを振舞うようにしましょう。母親からするとたまったものではないかもしれませんが、元気なうちにしっかりと味わっておきたいなと個人的にも思います。

・オードブル

料理が苦手ならばこれ

料理が苦手ならばこれ

子供の考えによりますが、オードブルも実は帰省した時の定番食事メニューです。手料理よりも、こういったものの方がもてなされている感じもして、程よく揚げ物も混ざっているので、まだまだ若い子供にとっては嬉しい食べ物でもあります。決して母親の料理が嫌というわけではなく、こっちの方がなんとなく気分が盛り上がったりするという方も居ます。母親自身もあまり料理が得意ではない場合にはぴったりでもあります。あまり見ないかもしれませんが、帰省シーズンになれば近場のお店のオードブルはチェックしておきましょう。

・焼肉

息子が大喜び!?

息子が大喜び!?

これは娘より息子が居る方が帰省したときに喜んでくれる食事です。男性ならばやはりたんぱく質が女性よりも必要とされているからこそおいしいという、生物レベルからの考えからも証明されております。自宅でやるケースもあれば、お店に食べに行くケースもあります。特にお店に食べに行った方が後片付けの心配もなく楽なので、おすすめメニューでもあります。焼肉と聞くだけで、やはり大半の方が盛り上がると思います。

・すき焼き

おもてなしメニュー代表

おもてなしメニュー代表

ちょっともてなしの意味をこめて、夫婦で帰省するという場合でメニューに困ったならばこれです。特にもてなしメニューと決まっているわけでもありませんが、何かうれしいことがあったり、お祝いだったり、帰省だったりの定番の食事がすき焼きです。恐らく天皇が食べてわざわざすき焼きを解禁にしたほどなので、すき焼きイコールおいしい食べ物という認識があるのだと思います。実際に食べてもおいしいということには変わりありません。特に好みも分かれないものでもあるので、おすすめです。

・からあげ

そこにあるだけで盛り上がる

そこにあるだけで盛り上がる

これは兄妹なども居て、皆でワイワイとやりたいときの定番メニューです。帰省した時にから揚げが置いてあるとなんとなく盛り上がります。恐らく、帰省だけではなくともオードブルや、花見などで食べるものの定番でもあって、自然と楽しい食事が出来るという構図が練りこまれているからではないかと、勝手に想像しております。あなたの手料理として振舞うのもよし、何かおいしいから揚げ屋などの専門店から仕入れてもよしです。

・カレー

簡単!安い!家庭のおいしい味♪

簡単!安い!家庭のおいしい味♪

思いのほか人気なのがカレーです。帰省した時の専らの食事メニューがこれというご家庭も多いです。これほど家庭によって味に差が出る食べ物も珍しいです。費用的にも安くつき、栄養価もかなり満点で、手軽においしいのでちょっと手抜きもかねてという場合にはカレーをおすすめします。あなたの息子や娘が子供時代に作っていたときのようなカレーの味を出してあげると大喜びです。お母さんのカレーが食べたいという意見は多いです。そして、お母さんが作った、お母さんしか出せない味です。

・味噌汁

実はこれが食べたかった

実はこれが食べたかった

カレー同様に味噌汁も喜ばれます。カレーと味噌汁の両方はあまりおすすめしません。意外に質素で、和を感じるようなものであれば良いと思う方も多いです。子供時代から食べなれた味でもあるので落ち着きます。これは特に息子が喜ぶ傾向にあります。味噌の加減やダシの使い方などは、子供時代から食べていると思うので、懐かしさなどの意味から子供にとっては、質素でもおいしさは倍増です。

・シチュー

愛と食べ物の両方の温かみがあります

愛と食べ物の両方の温かみがあります

世の中の帰省した際の食事メニューではシチューも実は定番です。どちらかというと、和食より洋食が大好きな子供にはぴったりです。大体20代くらいであれば、確実に喜んでくれます。もちろんパンやサラダなどの付け合せなどは必要ですが、とにかくシチューに気合を入れていればあとは買い足したものでも何とかなるようなちょっとした手抜きメニューでもあります。カレーと違って、米を炊く必要もないので簡単に喜んでもらえるという意味では最高のメニューです。

息子が夫婦で帰省する場合はこれに気をつけて

息子は既に嫁が居て、一緒に帰省する場合もあります。そんな時には、お嫁さんの好みなども把握してあげるようにしましょう。また、職業によっては今は様々なので、体型を気にしている場合や職場から指示されているケースもあります。そこまで聞く必要はありませんが、最低限好き嫌いなどは把握して、どれが良いか息子に聞いてもらってリクエストしてもらうようにしましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告